茅ヶ崎花火大会2017!屋台や穴場はサザンビーチ以外にもある!

この記事は4分で読めます

「茅ヶ崎の花火大会に行きたいから詳しい情報が知りたい!」と思っていませんか?

夏の代名詞でもあるサザンゆかりの土地で行われる「サザンビーチちがさき花火大会」。

花火大会だけでもウキウキするのにビーチで花火を見られるなんて最高じゃないですか?

今回は茅ヶ崎花火大会の屋台情報や穴場スポットまでご紹介しますので、夏のイベントの参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

2017年の茅ヶ崎花火大会

茅ヶ崎花火大会 2017 屋台 穴場

それでは茅ヶ崎花火大会の基本情報をチェックしていきましょう。

サザンビーチちがさき花火大会

■日程:2017年8月5日(土)
■時間:19:30~20:20 
■悪天候の場合:8月6日(日)に順延
■会場:サザンビーチちがさき
■打上げ数:約3,000発
■人出:約8万人

19:30~20:20の約50分間に約3,000発の花火が打上げられます。

ちょっと物足りないような気がするかもしれませんが、サザンビーチの砂浜から見る花火は格別!

海岸沿いで行われるため水中花火と大玉のスターマインの競演も見ることができます。

●スターマイン
●水中花火(通称:水中くじゃく)
●4・5・6・7号玉の連続打ち上げ花火
●7号玉の単発打ち上げ花火

花火のメイン会場はサザンビーチのため、レジャーシートを持っていくと服も汚れず場所取りできます。

特に浴衣で行こうと思っている方は必須ですよ!

茅ヶ崎花火大会の打上げ場所

下の地図の★の部分から花火が打上げられます。

花火の打上げ場所は海上からなんですね。

メイン会場はサザンビーチちがさきですが茅ヶ崎海岸からならどこでも見ることができます。

街中で行われる花火はどうしてもビルや外灯の光りが影響してしまいますが、海上から打上げられるため目線の先にビルなどの明かりがなく真っ暗なので、花火が綺麗に見られるんですよ。

過去に行った方の口コミには、

「打上げ場所と会場が近いから花火が頭上に打ち上がり迫力満点」

「サザンビーチの砂浜で寝ながら花火!最高!」

こんなコメントがありました。

サザンゆかりのビーチで夏を満喫できるなんて贅沢ですね。

茅ヶ崎花火大会へのアクセス方法

茅ヶ崎花火大会

花火大会当日はサザン通りのサザンビーチ交差点~中海岸二丁目交差点の間、交通規制が行われます。

交通規制の時間帯は20:00~21:30頃まで。

特設の駐車場は用意されませんので、余程の理由がない限り公共交通機関で来場することをおすすめします。

茅ヶ崎駅南口から会場までの区間は有料の臨時バスが運行します。

会場までは茅ヶ崎駅から歩いて20分程度なので、散策しながらビーチに向かってもいいですね。

茅ヶ崎花火大会へのアクセス方法

電車:JR茅ヶ崎駅より徒歩20分
バス:神奈川中央交通臨時バスでJR茅ヶ崎駅よりで10分

屋台の出る場所は?

花火大会のもう一つのお楽しみといえば屋台ですよね!

茅ヶ崎花火大会でも屋台や露店も出店されます。

口コミによると屋台の数は他の花火大会に比べるとちょっと少な目なんだとか。

屋台が出店する場所は、メイン会場であるサザンビーチ周辺とヘッドランド周辺。

下の地図の【赤印】がサザンビーチ【青印】がヘッドランドです。

屋台+ビーチ+花火なんて最高ですね!


屋台は高いのでお酒はコンビニで調達する方も多いですよね。

調べてみるとサザンビーチの近くにあるコンビニは「セブンイレブン茅ヶ崎サザンビーチ店」くらいしかありません。

特にお酒に関しては売り切れる可能性もあるので、安く済ませたい方は茅ヶ崎駅周辺で購入してから会場入りするといいと思います。

茅ヶ崎花火大会に有料席はある?

茅ヶ崎花火大会では有料席が販売されています。

「当日は場所取りをしたくない」「ゆっくり花火を楽しみたい」方はこちらもおすすめです。

先着順なので希望する方はお早めに。

ちなみに2016年までは1席2,000円だったので今年は500円値上がりしていますね。

●販売開始:2017年5月15日(月)9:00~
●値段:1席あたり2,500円
●席数:先着順で380席
●購入方法:チケ探・茅ヶ崎市観光案内所・茅ヶ崎市観光協会事務所

スポンサードリンク

茅ヶ崎花火大会の穴場情報

有料席はゆったり見られますが、できれば無料で綺麗に花火が見られる場所が知りたいですよね。

この花火大会は海上から打上げられるため、基本的には茅ヶ崎海岸沿いからなら花火を見ることができます。

穴場を探さずとも、広範囲で花火が楽しめるのは嬉しいですね。

それでは中でもおすすめの場所を紹介するので参考にしてみてください。

ヘッドランド

穴場スポット・ヘッドランド

■アクセス:JR茅ヶ崎駅より徒歩25分
■到着目安の時刻:17:00頃
■打上げ場所からの直線距離:約1.5Km

ヘッドランドは人口岬で海に突き出た地形になっているので、花火を見るには絶好のスポットです。

毎年、屋台も出店しているのでお祭り気分も楽しめますし、何よりトイレが近くにあるのが嬉しいですよね。

ただし穴場と紹介していますが、好条件が揃っているため夕方5時頃には場所取りをしておくといいと思います。

菱沼海岸周辺

穴場スポット・菱沼海岸周辺

■アクセス:JR茅ヶ崎駅より徒歩30分
■打上げ場所からの直線距離:約2.5km

菱沼海岸はヘッドランドよりもさらに東側に位置しています。

会場からは少し離れているため大迫力というワケにはいきませんが、混雑に巻き込まれずゆったりと花火を見たい方にはおすすめの場所。

周辺には屋台やコンビニもありませんので、祭り気分を楽しみたいなら茅ヶ崎駅で食料やお酒を買い込んでから向かうといいと思いますよ。

比較的空いているので打上げ時刻のちょっと前でも場所取りが可能な穴場的スポットです。

波音を感じながら静かに花火を楽しむのもいいですね。

辻堂海浜公園

穴場スポット・辻堂海浜公園

■アクセス:JR辻堂駅より徒歩25分
■打上げ場所からの直線距離:約4.5km

これまで紹介したヘッドランドや菱沼海岸からさらに東に行ったところにあるのが辻堂海浜公園です。

花火の打上げ場所からは少し離れていているため大迫力の花火を楽しむことは出来ませんが、広い芝生の上でくつろぎながら花火を見るには絶好の場所。

最寄駅も辻堂駅なので茅ヶ崎駅ほどの混雑は回避することができます。

テラスモール湘南でウィンドウショッピングを楽しんだ後に辻堂海浜公園に向かい貸切状態で花火を楽しむのもアリですね。

公園のすぐ近くにはセブンイレブンもあるのでココで買出しをしてのんびり花火観賞!

メイン会場からは4.5km程度も離れているため水中花火などは見ることは出来ませんが「とにかく混雑を回避したい!」という方にはおすすめの場所です。

駐車場も併設されていて、西駐車場と東駐車場を合計すると800台程度も駐車可能なのも嬉しいですね。

子供連れだから車で行きたいし混んでるのはNGという方は辻堂海浜公園がおすすめですよ。

茅ヶ崎花火大会のまとめ

ここまで茅ヶ崎花火大会についてまとめてきました。

花火会場周辺の地形が直線的で広範囲で花火が見られるため、この花火大会自体が穴場なのかもしれません。

海岸沿いでは花火が見ることができ、少し離れれば混雑を回避することができますよ。

それでは茅ヶ崎花火大会の楽しむポイントをギュッとまとめておきます。

茅ヶ崎花火大会のポイント

●レジャーシートを持参すること
●最寄駅はJR茅ヶ崎駅
●会場へは徒歩20分
●屋台の場所はサザンビーチちがさき・ヘッドランド
●屋台はちょっと少な目
●有料席は1席2,500円で先着順

【穴場スポット】
●ヘッドランド
アクセス:茅ヶ崎駅より徒歩25分
●菱沼海岸周辺
アクセス:茅ヶ崎駅より徒歩30分
●辻堂海浜公園
アクセス:辻堂駅より徒歩25分
●メイン会場から離れれば場所は確保できる

サザンゆかりの場所で花火を見て夏を満喫できる茅ヶ崎花火大会。

立地上、建物の陰に隠れて花火が見られないなんてことはありませんし、何といっても海上から打上げられる花火は真っ暗な夜空に映えてとてもキレイに見ることができます。

屋台やワイワイした雰囲気の中で花火観賞をしたいならメイン会場であるサザンビーチかヘッドランド、混雑を回避するなら菱沼海岸か辻堂海浜公園がおすすめですよ。

サンセットからの花火も素敵なので夕方から場所取りするのもあまり苦にならないかもしれません。

茅ヶ崎花火大会で夏を思いっきり満喫してくださいね。

以上、「茅ヶ崎花火大会2017の屋台や穴場情報!混雑を回避する方法は?」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 黒 財布 風水
  2. 浴衣デート 持ち物
  3. 苅田山笠 2016
  4. 浴衣デート 持ち物
  5. 亀崎潮干祭り 2017
  6. 七夕 東京 イベント
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー