でちこんか2016の日程と意味は?キジ鍋や屋台グルメがいっぱい!

この記事は2分で読めます

全国には珍しいネーミングのお祭りが様々ありますが、愛媛県で行われるこのお祭りも変わった名前なんですよ。

その名も「でちこんか」。

可愛らしいネーミングで、すぐに覚えられますね。

今回はでちこんか2016の日程と意味、キジ鍋や屋台グルメについて紹介します。

スポンサードリンク

でちこんかの意味は?

「でちこんか」は愛媛県南予地方の鬼北町最大のイベントです。

鬼北町の人口は約1万人にもかかわらず「でちこんか」には約3万人もの人出で賑わい、町の一大イベントとして知られるようになりました。

祭りの名前である「でちこんか」の由来が気になりますよね。

何度も言いたくなってくるフレーズなんですが、この地方の方言で「出てきませんか」という意味があります。

祭りのネーミングが方言だと、柔らかい感じがして親しみが持てますね。

スポンサードリンク

2016年の日程と基本情報

「でちこんか」は毎年10月上旬に行われていて、今年は10月8日・9日に開催が決定しています。

10月8日の前夜祭では県内外から太鼓団体が集まり、力強い和太鼓の演奏で祭りがスタート!

でちこんか2016
■日程
10月8日(土)・9日(日)

■会場
北宇和郡鬼北町
奈良川河川敷(鬼北町役場裏)

■お問合わせ
先鬼北町生涯教育課
0895-45-1111

■駐車場
奈良川河川敷・アルコール工場跡地
約1000台

台数に限りがあるので、主催者側は公共交通機関の利用をオススメしています。

無料キジ鍋や屋台グルメを楽しむ!

鬼北町の特産品の1つにキジがあります。

普段の食生活ではあまり親しみがない「きじ肉」なんですが、人間の体に必要なアミノ酸が18種類も含まれている健康的な食材で、噛めば噛むほど旨みが出てくるのが特徴なんだとか。

古来より食べられていて幅広い年齢層に好まれていましたが、環境の変化によって生息数が減少。

そこで鬼北町では自然に近い環境で飼育し、この地域の特産品に。

2日目には鬼北町のきじを使ったジャンボきじ鍋が約2500食分無料で振る舞われ、毎年行列ができるほどの人気ぶりとなっています。

でちこんか 2016

2015年に行った方は30分程度並んだそうですよ。

ジャンボきじ鍋にはキジ肉の他に、根菜がたっぷりと入っていて食べごたえ十分!

並んででも食べたい鬼北町の名物グルメですね。

さらに2日目には県内外から約100店舗のブースが出店して、各地のグルメを楽しむことができます。

過去にはかつお飯や鯛めし、栗饅頭やジャンボ焼き鳥・どぶろくなどが販売されていて、人気ブースには近寄ることも難しいくらいだったようです。

年々知名度も規模も上がってきているので、今年はさらに多くの人出になるかもしれませんね。

イベント盛り沢山!

グルメ以外にも子供も大人も楽しめるイベントが盛り沢山!

わんぱく広場ではエアートランポリンやダーツゲームがあるので、家族連れはこちらがオススメです。

特設ステージではアーティストによるライブや地元の方によるダンスパフォーマンスも行われ、1日いても楽しむことができるお祭りです。

川辺で行われる「でちこんか」で秋のひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか?

以上、「でちこんか2016の日程と意味は?キジ鍋や屋台グルメがいっぱい!」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 神奈川県 花火大会
  2. 亀崎潮干祭り 2017
  3. 二戸まつり 2017
  4. 亀崎潮干祭り 2017
  5. 二戸まつり 2017
  6. 松島かき祭り 2017
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー