日立風流物2017、日程や見どころ!ユネスコ登録で大注目!

この記事は3分で読めます

日本には古くから行われている歴史あるお祭りが数多くありますが、茨城県日立市で行われている日立風流物をご存知ですか?

春の桜の季節に行われるこのお祭りは、「大きな山車と山車の上で行われるからくり人形のお芝居がすごい!」と毎年多くの方が訪れています。

しかも平成21年にはユネスコにも登録されて、さらなる注目を浴びている日立風流物。

今回は日本だけでなく世界も注目している日立風流物の開催日程や見どころについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

日立風流物がユネスコに登録され大注目!

日立風流物は高さ15mで重さ5トン、左右に開く5段の屋形の山車の上で、からくり人形の芝居が行われる迫力あるお祭り。

すでに祭りの中で登場する山車は国の有形民族文化財として、見事な芝居を見せてくれる操り人形の操作が国指定重要無形民俗文化財として指定を受けていました。

■日立風流物

有形民族文化財と重要無形民俗文化財の両方の指定を受けることはかなり珍しいことなのですが、平成21年にはさらにユネスコの無形文化遺産にも登録!

ユネスコの登録で、日立風流物は日本国内だけでなく世界でも注目を受けることとなりました。

日立風流物の開催日程

日立風流物の開催日程は、例祭が行われる5月3日に行われてきました。

しかし1988年からは、日立さくらまつりの開催に合わせて4月の第1もしくは第2の土曜及び日曜に行われています。

2017年の日程については以下の通りです。

2017年日立風流物

■日程:4月8日(土)・9日(日)
■実演時間:4月8日(土)13:00、16:00、19:00(予定)     
      4月9日(日)13:00、15:00(予定)
■会場:茨城県日立市の平和通り
■問合せ先:0294-51-3972日立市観光物産協会

日立風流物の実演時間は例年土曜日に3回、日曜日に2回行われているので、この時間に合わせて会場に到着していたいですね。

日立さくらまつりが4月1日(土)~16日(日)まで行われているので、早めに祭り会場に行って歩きながらお花見をするのもおすすめです。

日立風流物の見どころはココ!

あまりの雄大さにびっくり!

■2014 日立風流物

日立風流物の見どころとして、まずご紹介したいのは高さ15mで重さ5トンという大きな山車です。

山車に作られた舞台はなんと5層!

からくりのお芝居が始まる時間になりますと、上段から下段に向けて一つ一つ左右に開いて舞台が登場します。

あまりの雄大さに見る人は圧倒!

舞台は表館と裏山の2つが用意されており、表が終わると山車が180度回転して裏山に変わり、観客からは大歓声が上がります。

見事な人形の動きに感動!

5層になった舞台では、1段に3体から4体ずつのからくり人形が登場してお芝居が始まります。

色鮮やかな衣装で現れたからくり人形の動きの激しいこと!

からくりの見ものは、人形が180度回転して服装がぱっと替わる「早返り」です。

からくりを動かしているのは約35人、2、3人で一体の人形を動かすんだとか。

人形の動きを見ているうちに、お芝居に引き込まれますよ。

スポンサードリンク

日立風流物へのアクセス

日立風流物が行われるのは、茨城県日立市の平和通りです。

【電車の場合】
JR常磐線 日立駅下車徒歩10分
     
【車の場合】
常磐自動車道 日立中央インターから10分

日立風流物を見ようと県内外から多くの方がいらっしゃいますし、日立ロードレースが行われるので祭り会場の平和通りは例年交通規制がされています。

車で来られる場合はかなり混雑が予想されまので、渋滞に巻き込まれたくないという方は電車での来場をおすすめします。

【駐車場】

車でいらっしゃる方は、平和通りまで歩いて10分ほどのところにかねみ公園の駐車場があります。

収容台数は約500台です。

それ以外にも臨時駐車場が用意されていますので、日立市観光物産協会公式ホームページで駐車場の場所などを事前にお調べください。

ユネスコにも登録された重要文化財は必見!

日立風流物  2017

日立風流物は、実際に自分の目で見なければ、どれほど素晴らしいかわかりません。

人混みの中で見ることになりそうですが、それでも舞台の素晴らしさ、そして人形の動きの見事さには圧倒させられます。

さすがユネスコに登録されただけある!と感動すること間違いなしです。

日立風流物が行われるときは桜も一番美しいときですから、お花見とお祭りを一緒に楽しめます。

開催日時をホームページでチェックして、2017年はぜひ重要文化財に指定されたすばらしい日立風流物を見に行きましょう。

以上、「日立風流物2017、日程や見どころ!ユネスコ登録で大注目!」について紹介しました。
【関連情報】
⇒小田原北條五代祭り2017、芸能人ゲストや交通規制は?神輿は大迫力!
⇒浜松祭りはうるさいくらい盛り上がる!歴史や屋台の引き廻しとは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 秩父花火大会 2016
  2. 明治神宮 菖蒲
  3. 羽子板市 2016
  4. 橋本七夕まつり 2016
  5. 恵方巻き 願い事
  6. 那覇ハーリー 会場 2017
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

2003年1月
    5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プライバシーポリシー