皇居乾通りの紅葉、2016年の一般公開は?皇居東御苑はパワースポット

この記事は2分で読めます

天皇陛下の80歳の卒寿を記念して2014年から始まった皇居・乾通りの一般公開。

春の桜の季節と秋の紅葉の時期に行われており、2015年12月には5日間で20万人をも超える人で賑わいました。

今回は2016年皇居乾通りの紅葉の一般公開についてや、皇居東御苑のパワースポットについて紹介します。

スポンサードリンク

2016年皇居乾通りの紅葉・一般公開の有無は?

2015年の秋には12月5日~12月9日までの5日間のみ一般公開され、初日には開門前に2500人が並んだため30分早く開門するほどの人気に。

毎日約4万人、5日間合計で20万人を超える人が訪れ、普段は立ち入ることのできない場所での紅葉狩りを楽しみました。

坂下門から乾門までの約750mの沿道には、モミジ類59本やサクラ、マツなどが植えられていて秋の風情を楽しむことができます。

重厚感のある建物と紅葉のコラボレーションが見事ですね。

2016年秋の一般公開の日程はいつからなんだろうと思って調べてみました。

が・・・

2016年秋と2017年春は乾通りの樹木の植替え作業をする為、一般公開はされません!

今年こそは行きたいと思っていたのに残念です。

次のチャンスは2017年秋となっているので、楽しみにして待ちましょう。

スポンサードリンク

皇居東御苑はパワースポット

残念ながら2016年秋の一般公開は行われないのですが、皇居はとっても広い敷地なので他にも紅葉狩りができるスポットがあるんです。

おすすめは皇居東御苑。

こちらは江戸城の本丸や二の丸跡を庭園として整備したため風水・方位学を計算つくされていますし、富士山からのエネルギーの吹き出し口である「龍穴」の上に位置していると言われているので、都内での有数のパワースポットなんだとか。

のんびりと二の丸庭園の池に映る紅葉を見ているだけでも、パワーがもらえそうな気がしますね。

二の丸庭園の北側にある諏訪の茶屋付近にはモミジが真っ赤に色付いています。

皇居東御苑は無料で楽しめるスポットなので、気軽に訪れることができますね。

皇居東御苑の基本情報

■休園日
月曜日と金曜日・12月28日~1月3日
なお天皇誕生日以外の祝日は開園します。

■公開時間
3月1日~4月14日 9:00~4:30
4月15日~8月31日 9:00~17:00
9月1日~10月31日 9:00~16:30
11月1日~2月末日 9:00~16:00

■住所
東京都千代田区千代田1-1

■アクセス
東京メトロ各線・大手町駅より徒歩5分

まとめ

植木の植替え作業に伴い2016年秋の一般公開はされないため、次のチャンスは2017年秋の予定となっています。

きっとしっかりと手入れされた木々の紅葉を楽しむことができるんでしょうね。

皇居周辺は自然が多いのでのんびり散歩したりするだけでも、紅葉狩りをすることができます。

アクセスもいいのでふらっと秋を楽しんではいかかでしょうか?

以上、「皇居乾通りの紅葉、2016年の一般公開は?皇居東御苑はパワースポット」について紹介しました。

【関連情報】
⇒世田谷ボロ市2016&2017の日程と穴場時間は?代官餅がおすすめ!

⇒自衛隊音楽まつり2016チケットの倍率と応募方法のまとめ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 般若寺 コスモス
  2. 北野天満宮 おみくじ 順番
  3. 北野天満宮 おみくじ 順番
  4. 宮島 紅葉
  5. モネの池 周辺
  6. 大覚寺 観月の夕べ2016
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

2002年1月
    5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031