皇居乾通りの桜、2017年の一般公開はある?穴場スポットはココ!

この記事は3分で読めます

春の季節は東京に桜の美しい公園はいくつもあって、お花見を楽しむことができます。

皇居の周りには桜の美しいところがいくつかあり、観光に訪れる方が多いですが、その中でも普段は見ることができない美しい桜並木を眺めることが出来る人気の場所が皇居乾通りです。

皇居乾通りは桜の通り抜けが美しいことで有名で、毎年たくさんの方が楽しみにしていますよね。

2017年は桜並木の下を通り抜けることが出来るのでしょうか?

今回は皇居乾通りの桜について、そして皇居周辺のお花見の穴場スポットをご紹介します。

スポンサードリンク

皇居乾通りの桜、一般公開とは

皇居乾通りは、桜の開花に合わせて一般公開が行われていて、桜の通り抜けを楽しむことができます。

普段は閉ざされていて入ることができない皇居乾通り。

一般公開の時期は、皇居坂下門から入って750m歩いて乾門から出るコースと、東御苑に抜けるコースを散策してお花見することができますよ。

入門は午前10時から午後3時まで受け付けており、乾門から出る場合は午後4時、東御苑から出る方は午後4時30分までとなっています。

2017年、桜の通り抜けはある?

皇居乾通り 桜 2017

2016年の皇居乾通りの桜の通り抜けは、桜の開花時期に合わせて3月25日から4月3日まで行われました。

皇居というなかなか一般人が入れない場所が公開されるとあって、門の前は大行列ができるほど。

2016年に桜の通り抜けができなかった方は、リベンジで2017年こそと思いますよね。

しかし残念ながら2017年の春は乾通りの樹木の入れ替えが行われるため、一般公開はありません。

桜の通り抜けがしたい方は2018年以降を期待しましょう。

次のチャンスは2017年の紅葉

皇居乾通り 桜 2017

2017年は桜の通り抜けはできませんが、2017年は皇居乾通りの秋の一般公開で紅葉を鑑賞することができます。

2016年の紅葉の時期は、2017年の桜と同じく乾通りの樹木の入れ替えのため行われませんでした。

しかし2017年の秋は例年通り一般公開が予定されています。

現在はまだ日程が出ていませんが、2015年はちょうど紅葉が見頃を迎える12月5日から12月9日の5日間、一般公開が行われました。

2017年もおそらく5日間ぐらいの公開となりそうです。

たった5日間の一般公開ですので、気がついたら予定を過ぎてしまうかもしれませんからお見逃しなく。

桜の通り抜けはできなかったので、2017年は平年よりも秋の一般公開に多くの方が訪れそうですよね。

秋の一般公開も入り口は坂下門、そして退出は乾門か東御苑です。

坂下門の前で何時間も入門を待つことになる可能性も高いですが、普段は見られない紅葉も桜に負けずに見事。

2017年は秋の一般公開を狙いましょう。

スポンサードリンク

皇居東御苑は桜の穴場スポット

桜の通り抜けができないから皇居のお花見には2017年は行けないと諦めるのは早いです。

皇居東御苑は桜が美しく、しかもそれほど混雑がありませんので、桜の穴場スポットなんですよ。

広い空間の中でのんびりとお花見を楽しむことができます。

皇居乾通り 桜 2017 

皇居東御苑にはソメイヨシノだけでなくサトザクラや江戸ヒガン、山桜といういろいろな種類の桜、約280本が見られます。

スポーツが禁止、そして飲酒禁止の場所のため、シートを敷いてみんなで飲み会を楽しむということはできないのですが、お酒は飲まなくてもお花見を楽しみたいという方にはおすすめ。

小さな子供を連れていると、いくら桜がきれいな場所でも行くことが難しいですよね。

けれど、皇居東御苑ならば、お酒が禁止ですから酔っ払って騒ぐ人もいませんし、混雑もしていませんから子どもたちも大喜びです。

しかも入園は無料。

お子さん連れで、そしてお友達どうしやカップルで、騒がしくない場所でまったりお花見を楽しみたい方は、皇居東御苑はおすすめです。

皇居の桜は2017年を楽しみに!

皇居乾通りの桜は2017年は樹木の入れ替えで一般公開が行われないため、残念ながら桜の通り抜けはできません。

宮内庁では毎年好評なため樹木の入れ替えが終われば、春と秋の年2回は一般公開を予定しています。

桜の通り抜けがしたいという方はもう1年待って2018年の皇居乾通りの一般公開を楽しみにしていてください。

樹木の植替え工事で「カンヒザクラ」「ヨウコウ」「ミドリザクラ」「コシノヒガン」「ジンダイアケボノ」など桜の品種が増えました。

13種類から31種類の品種を見ることができますし、桜の本数もこれまでの82本から106本に増えたそうですよ。

皇居乾通りを一度是非訪れてみたいという方は、次の一般公開が行われる秋を待ちましょう。

そして2017年の皇居の桜を見たいという方は、桜を見ながらまったりした時間を過ごすことが出来る皇居東御苑を訪れてくださいね。

お酒を飲みながらのお花見も楽しいですが、お酒無しでのんびり桜を見ながら時を過ごすのも、また雰囲気が違って良いものですよ。

以上、「皇居乾通りの桜、2017年の一般公開はある?穴場スポットはココ!」について紹介しました。

【関連情報】⇒千鳥ヶ淵の桜2017、開花状況とボートの待ち時間はどのくらい?ライトアップ情報も!⇒隅田公園のお花見、場所取りや混雑状況はどのくらい?
⇒代々木公園の花見2017、場所取りのルールや混雑状況は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 三浦海岸駅 河津桜 2018
  2. ベージュ 財布 風水
  3. 熊野の藤 2017 開花状況
  4. 熊野の藤 2017 開花状況
  5. 根津神社 つつじ祭り
  6. 室生寺 シャクナゲ
    • ぶっち
    • 2017年 3月21日

    こんにちは。今日、東京の桜開花宣言が出て、折しも、明日から東京へ行くので、皇居の桜 どーかな、と思ってネットで情報集めようとしてました。で、観られないということがわかり、残念でした。
    ありがとうございました。

      • こん
      • 2017年 3月22日

      ぶっち様、初めまして。
      コメントありがとうございます。
      残念ですが皇居の乾通りの桜は今年は見ることは出来ません…
      植替え工事が終わった2018年には桜の品種も増えるそうなので、来年に期待したいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー