八事山興正寺の紅葉2016、ライトアップや見頃は?マルシェや縁日も!

この記事は3分で読めます

名古屋市昭和区にある八事山興正寺は貞享5年(1688)創建され、尾張徳川家の祈願所としても有名で300年以上もの歴史があります。

毎月行われるマルシェや縁日で賑わいを見せていますが、紅葉のスポットとしても有名な場所。

都会の中にありながらも、美しい自然や文化財がありゆったりと散策するにはピッタリのスポットです。

今回は、八事山興正寺の紅葉2016年ライトアップや見頃、マルシェや縁日について紹介します。

スポンサードリンク

紅葉の見頃や時期は?

八事山興正寺の紅葉は、11月中旬から12月上旬にかけて見ごろを迎えます。

ちなみに昨年は紅葉が全国的に遅れていたので、12月中旬が見頃となっていました。

紅葉は自然現象ですので、こまめに情報をチェックしてお出掛けの計画を練った方がいいですね。

興正寺の境内の中には10のお堂が点在しており、この時期には周辺の木々が色とりどりに紅葉。

歴史ある建造物を巡りながら、境内の中で紅葉狩りする方も多いですよ。

また総門を入った右側には2014年に完成した「憩いの自然広場」があり、カモなどの動物を見ることができますよ。

特に見て頂きたいのが、国の重要文化財に指定された五重塔と紅葉のコラボレーションです。

1808年に建立された東海地方唯一の木造の五重塔で、30メートルもの高さ!

興正寺の象徴ともいえる建造物は必見ですよ。

2016年ライトアップや見頃と時間

八事山興正寺では、紅葉の見頃の時期にライトアップも行われています。

ライトアップの時期は紅葉の見頃に合わせて開催されていて、例年11月中旬から12月上旬となっています。

時間は日没から21:00までですし、地下鉄の駅からも近いので気軽に出掛けることができますね。

お寺がライトアップされると昼とは全く違った艶やかな雰囲気になるので、デートにもいいかもしれません。

今のところ2016年のライトアップ期間は未定となっているので、興正寺の公式ホームページにてご確認をお願いします。
⇒興正寺ホームページ

また同時に「紅葉まつり」も行われていて、ミニSL機関車や移動動物園そして境内には屋台も出店するので子供から大人まで楽しむことができますよ。

スポンサードリンク

マルシェや縁日も!

興正寺では毎月5日と13日に縁日が開催されています。

最近ではメディアにも取り上げられているので、平日でも5000人、休日に当たる日は1万人もの人出で賑わいをみせています。

さらに毎月21日にはマルシェが開催します。(時間10:00~15:00)

新鮮な農産物やオーガニックなパン屋スイーツ、キッチンカーや手作り手芸品などのブースが出店。

ペット関連のお店も多いので、ワンちゃん連れのお客さんも多くなっています。

紅葉の時期ですと2016年は11月13日(日)、12月5日(月)、12月13日(火)が縁日。

11月21日(月)がマルシェの日程となっていますので、紅葉を楽しみながら縁日やマルシェでブラブラ買い物するのもいいかもしれませんね。

アクセス方法と基本情報

電車の場合

地下鉄鶴舞線・名城線「八事駅」下車、1番出口より徒歩3分。

地下鉄の出口より歩いてすぐの場所にあるので、アクセス抜群です。

駐車場

八事山興正寺には参拝者用の駐車場があります。

■駐車台数
223台
■駐車料金
平日:8:00-22:00(60分200円)
土日祝:8:00-22:00(60分 300円)
最大料金:入庫後24時間700円(1回限り)

興正寺の基本情報

■参拝時間
9:00~18:00
■ライトアップ時間
日没~21:00
■住所
名古屋市昭和区八事本町78番地
■問合せ先
0120-8510-78

八事山興正寺の口コミ

八事山興正寺の口コミを集めてみました。

秋空+モミジ+五重塔のコラボレーションは最高ですね。

ライトアップも素敵!

以上、「八事山興正寺の紅葉2016、ライトアップや見頃は?マルシェや縁日も!」について紹介しました。
↓名古屋市内・近郊の紅葉スポットをまとめました!
⇒名古屋市内・近郊のおすすめ紅葉スポット5選!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宮島 紅葉
  2. 名古屋城 紅葉
  3. 宮島 紅葉
  4. 宮島 紅葉
  5. 宮島 紅葉
  6. 宮島 紅葉
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

2003年1月
    5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031