前厄は厄払いが必要?行く時期と服装、金額はいくら?

この記事は3分で読めます

前厄・本厄・後厄と3年続く厄年。

前厄の年齢になると「これから3年続くのか~」とちょっと憂鬱になる方もいらっしゃいますよね。

ここで疑問なんですが、前厄でも厄払いをするべきなのでしょうか?

人生に数回しか訪れない厄年なので、よくわからない方も多いはず。

そこで今回は前厄でも厄払いが必要か、行く時期・服装・金額についてまとめました。

スポンサードリンク

女性の前厄の年齢

女性の厄年は4回あり、19歳・33歳・37歳・61歳が本厄です。

1度目は前厄18歳・本厄19歳・後厄20歳

2度目は前厄32歳・本厄33歳・後厄34歳

3度目は前厄36歳・本厄37歳・後厄38歳

4度目は前厄60歳・本厄61歳・後厄62歳

女性の場合は30代の間に2回も厄年があり、結婚や出産のタイミングと重なる方も多くなっています。

ただ厄年の出産は縁起が悪いという訳ではなく、むしろ縁起がいいと言われています。

地域によっては出産することで「厄落とし」になると言われていているほどなので、不安を感じることはありませんよ。

男性の前厄の年齢

男性の厄年は3回あり、25歳・42歳・61歳が本厄となっています。

1度目は前厄24歳・本厄25歳・後厄26歳

2度目は前厄41歳・本厄42歳・後厄43歳

3度目は前厄60歳・本厄61歳・後厄62歳

厄年は男女ともに満年齢ではなく数え年の年齢になります。

数え年とは母親のお腹の中にいる期間も年齢を数えており生まれた時点は0歳ではなく1歳とし、お正月の1月1日を迎えるたびに1歳ずつ年をとるという考え方です。

一般的には厄年は数え年ですが地域や宗派によって考え方が違う場合がありますので、神社やお寺の厄年表を参考にすると確実かと思います。

前厄でも厄払いが必要?

前厄 厄払い 時期

同級生の友達や同僚と話をしていると、「厄払いをしてきた」とか「厄年に病気になった」なんて話が出ますよね。

前厄と後厄を含めると3年間ある厄年はいつ厄払いに行けばいいのでしょうか?

皆さんの話を聞いてみると、前厄・本厄・後厄の3年連続で厄払いを行う方もいらっしゃいますし、本厄だけ厄払いを行う方もいらっしゃいました。

これは個人や家庭の考え方によって大きく違ってくるようです。

神社の方に直接聞いてみると「3年間毎年厄除けをした方がいいに越したことはありませんが、ご本人の気持ち次第で本厄だけでもいいですよ」と回答いただくことができました。

神職の方に丁寧にご祈祷を受けるとより厄年であることを自覚でき気持ちを引きしめて過ごすことができると言った意見もありました。

本厄だけ厄払いをする方が一番多いそうですが厄払い自体を受けたことがないと言う人もいたので、前厄に限らず厄払いを受ける受けないは個人の考え方によると言えそうです。

また災難が起こるとされている厄年は「神様から『役』を授かる年」とも考えられています。

体調の変わり目であったり人生の中でも節目となる年にあたるので、前厄であっても気を引き締めて生活する必要がありますね。

スポンサードリンク

厄払いに行く時期はいつ?

初詣に行くと、大きく厄年表が掲げられていますよね。

それを見るといつ厄払いに行くのがベストなのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

厄除けのタイミングは初詣と一緒に行うのがベストですが、特に決まりはなくいつ行ってもいいとされています。

年の初めから厄年が始まるため、初詣と一緒に行う方が多いようですよ。

ただ初詣は人が多く時間がかかるのが難点。

比較的規模の大きい神社やお寺の場合、予約は必要なく随時受付されていますので都合のいい日に改めて出向いた方がいいかもしれません。

金額はいくら?

前厄 厄払い 必要

厄除けの金額はいくらくらいなのでしょうか?

人生の中でも数回しかないことなので相場が分からない方も多いかと思います。

厄除けの初穂料は一般的に5,000~10,000円とされていて、大きな神社やお寺では設定金額が設けられています。

「初穂料が高い方がほどいいの?」と思われがちですがこれは気持ちの問題。

頂くお札の大きさが値段によって変わるだけでご祈祷の内容は同じなので、お札をお祀りするスペースがあるかどうかで考えてもいいですね。

服装に注意しよう

厄払いに行く際には私服でもフォーマルな服装でもどちらでもいいですが、失礼のないように華美な服装や露出が多いスタイルは避けるのが一般的です。

以前私がお正月に厄払いした際は、私服が8割でフォーマルな服装の方が2割程度と意外と私服の方が多かったですよ。

服装の例を挙げてみます。

【男性の場合】
・黒か紺のスーツ
・白いワイシャツ
・地味なネクタイ
・華美ではない私服

【女性の場合】
・黒や紺のフォーマルスーツ
・ワンピース
・襟付きの洋服

拝殿の中に上がり畳の上で座るところもありますので、スカートの場合はなるべく丈の長いものを選びましょう。

また靴を脱ぐためブーツは避けてローヒールがベストです。

意外と気を付けたいのが靴下!

靴を脱ぎ会場に入る際に靴下が汚れていたり穴が開いていると恥ずかしい思いをするので、出掛ける前にチェックするのをおすすめします。

まとめ

前厄に関わらず厄年に厄払いをするのかは、個人の自由や気持ち次第によることが分かりました。

厄払いを受ける方も略式でお参りするだけの方も、なにかを祈るのではなく「謹んで生活しますので見守っていてください」と誓うことが大切とされています。

体力的にも精神的にも変化が起こる次期なので、謹んで生活するといいですね。

厄年の疑問!こちらもどうぞ!
⇒厄除けのお札の置き場所や方角は決まってる?返却方法も紹介!
⇒厄払いをしたらお礼参りも忘れずに!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 玄関マット 意味 風水
  2. カラス 縁起
  3. 厄除け お札 置き場所
  4. 鹿島神宮 初詣 混雑
  5. 蛇 縁起
  6. ベージュ 財布 風水
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー