みなみの桜と菜の花まつり2017、開花状況と見頃情報!ライトアップも!

この記事は3分で読めます

静岡県の南伊豆町では2月から3月にかけて「みなみの桜と菜の花まつり」が開催されます。

「みなみの桜」とは早咲きの河津桜の一種なのでこの時期に桜を楽しむことができるんですよ。

桜が咲くともうすぐ春。

早咲きの桜を眺めながら一足早い春を感じとってみてはいかがでしょうか?

今回はみなみの桜と菜の花まつりについてや2017年の開花状況や見頃そしてライトアップについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

みなみの桜と菜の花まつりへのアクセス

それでは早速、みなみの桜と菜の花まつりへのアクセス方法について紹介します。

みなみの桜と菜の花まつり

■住所
静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1
道の駅下賀茂温泉湯の花

■問合せ先
0558-62-0141

【車の場合】

●東京方面から
東名高速自動車道・厚木I.Cより小田原厚木道路⇒西湘バイパス⇒国道135号で弓ヶ浜へ

●名古屋・大阪方面から

東名自動車道路・沼津I.Cより国道136号踊り子ラインを通り、国道135号で弓ヶ浜へ

駐車場はあるの?

会場周辺にはいくつか有料駐車場があり、昨年の祭り期間中は普通自動車は500円、バイクは200円となっていました。

ただ見頃の時期や土日は混雑して満車の場合もあり、特に満開の時期には平日でも駐車場待ちの行列ができて渋滞することもあります。

下田駅前の駐車場に停めてそこからバスで行くという方法ですと、車で直接行って渋滞に巻き込まれるのを避けることができます。

下田駅前から会場へは定期観光バスが運行していて約30分で到着。

毎日運行されていますが予約制となっているので、南伊豆東海バス 0558-22-2511にお問合せ下さい。

値段は『みなみの桜フリー乗車券 1,000円』となっています。

限られた観光時間を無駄にしないためにも、渋滞に巻き込まれるのは嫌なので事前準備をしっかりとするといいですね。

スポンサードリンク

入場料はいくら?

みなとの桜と菜の花まつりの入場料は無料となっています。

しかも2月19日(日)・26日(日)は『伊勢海老みそ汁デー』で南伊豆町特産の伊勢海老のみそ汁が無料サービスされます。

下賀茂商店街「ミロー」駐車場にて、各日11:00~・13:00~の2回行われ合計で400食が用意されるとのこと。

海の街ならではのイベントでこれは嬉しいですね!

みなみの桜と菜の花まつりの見頃時期や2017開花状況

みなみの桜と菜の花まつり見頃
みなみの桜と菜の花まつりは、毎年2月中旬から3月中旬にかけて行われていて、2017年は2月10日(金)~3月10日(金)までと開催が決定しています。

南伊豆町の青野川沿いの両岸4.2kmには、約800本の河津桜の桜並木が続き「青野川1000本桜」とも言われています。

みなみの桜と菜の花まつり 開花情報

前原橋から宮前橋の区間は早咲きの河津桜、宮前橋から弓ヶ浜大橋の区間はソメイヨシノが植えられているので長い間桜を楽しむことができます。

また南伊豆町・日野には広さ約3haの菜の花畑が広がっていて、河津桜と菜の花の見頃が重なる時期にはピンクと黄色の花々のコラボレーションを楽しむことができるので県内外から多くの観光客が訪れます。

様子がわかる動画をぜひ見てみてください。

■みなみの桜と菜の花まつり

見頃の時期は例年2月中旬から下旬頃となっていて、2016年は2月14日に見頃を迎えていました。

さらに遡って見頃の時期をチェックしてみると、

●2015年の見頃は2月23日
●2014年の見頃は2月25日
●2013年の見頃は3月1日

暖冬の影響でしょうか?

年々見頃が早まってきているのが分かりますね。

その年の天候や気温によって開花時期は大きく影響するので、情報を随時チェックしてからお出掛けするのをおすすめします。

会場近くにある民宿「青木さざえ店」では2012年より毎年桜と菜の花の開花情報を写真付きで詳しくアップしているので、こちらを参考にするといいかと思います。

⇒みなみの桜と菜の花まつり 開花情報

ただ毎日更新されているわけではないので、遠方から行かれる場合や詳しい開花情報や見頃が知りたい場合は電話にてお問合わせください。

お問合せ先

0558-62-0141
みなみの桜と菜の花まつり実行委員会・南伊豆町観光協会

昼間も素敵な光景なのですが、夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気に!

期間中、毎日18:00~21:00は桜のライトアップが行われるので、昼とはまた違った景色を楽しんてみてくださいね。

2月12日(日)には3haにわたって咲き誇る菜の花の中で結婚式が行われたり、2月26日(日)には軽トラ市が開催され南伊豆の名産品が販売されます。

まつり期間中の日曜日は特にイベントが多く開催されているので、この日に合わせて行くとさらに楽しめそうです。

まだまだ肌寒い季節ですが、ピンクに染まる河津桜と一面黄色に広がる菜の花のコラボレーションが一度に見られるみなみの桜と菜の花まつりに出掛けてみてはいかがでしょうか?

以上、「みなみの桜と菜の花まつり2017、開花状況と見頃情報!」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 関のボロ市 2016
  2. 築地本願寺盆踊り 2016
  3. 苅田山笠 2016
  4. 自衛隊音楽まつり 2016
  5. 潮来祇園祭 2016
  6. 神楽坂 ほおずき市 2016
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

2003年1月
    5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031