韮崎花火大会2017の駐車場情報や穴場スポットは?

この記事は2分で読めます

山梨県韮崎市と言えば、ノーベル賞を受賞した大村智博士の出身地でもあります。

一躍、韮崎市が有名になりましたよね。

大村博士が私財を投じて建設した韮崎大村美術館や温泉が全国的に知られ、観光客も訪れるようになったそうですよ。

そんな韮崎市で夏に行われるのが「にらさき花火大会」です。

今回は、2017年の韮崎花火大会の日程や見どころ、そして穴場スポットについて調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

韮崎花火大会とは?

韮崎花火大会 2017
韮崎花火大会の正式名称は、「武田の里・にらさき花火大会・武田陣没将士供養会」。

韮崎は武田家発祥の地そして終焉の地であることから、その将士の精霊を供養するお祭りとして伝わってきました。

提灯行列による大松明への点火、盆踊りが行われ、祭りのラストには花火大会が開催。

一般の方が参加できる灯篭流しもあり、武田家ゆかりの土地で歴史に思いをはせることができますよ。

にらさき花火大会の日程

にらさき花火大会は毎年お盆の時期に行われ、今年は8月16日に開催されます。

悪天候の場合は、天気予報と開催の有無を確認してお出かけくださいね。

にらさき花火大会

■日程:8月16日(水)
■時間20:00~20:45予定
(祭りは18:00~)
■会場:釜無川河川公園
■雨天の場合:小雨決行・中止の場合は翌日に順延
■例年の打上げ数:6,600発
■例年の人出:4万人
■問合せ先
武田の里まつり実行委員会
0551-22-1991

臨時無料駐車場が韮崎市営総合運動場と韮崎中央公園に用意され、約1500台ほど駐車可能です。

会場付近は混雑するため、韮崎市営総合運動場と韮崎中央公園からは無料シャトルバス運行予定です。

韮崎花火大会の見どころ

メロディー花火とスターマイン!

この祭りのフィナーレを飾るのは何と言っても約6600発の花火です。

音楽に合わせてスターマインが次々と打ちあがる演出もあり、感動すること間違いなし!

豪華な演出で毎年観客を楽しませてくれます。

温泉もおすすめ

ノーベル賞を受賞された大村博士は韮崎市出身で2000年には名誉市民になられていて、私財を投じて建設した韮崎大村美術館を丸ごと市に寄贈された方。

美術品だけでも5億円、建設費は2億円を超えているそうです。

「人の役に立つことをしなさい」という祖母の教えに影響されて、故郷に恩返しの気持ちで寄贈されました。

またこの美術館の敷地内には白山温泉があり、こちらは大村博士がオーナーを務めています。

白山温泉は日帰り入浴可能なので、花火大会の前にゆっくり温泉に入るのもいいですね。

韮崎花火大会 2017

武田乃郷 白山温泉

■営業時間:10:00~21:00
■定休日:水曜日
■利用料金
大人(中学生以上) 600円
子供(3歳以上) 400円
■住所
山梨県韮崎市神山町鍋山1809-1
■問合せ先
0551-22-5050

スポンサードリンク

穴場スポットは?

にらさき花火大会は毎年4万人弱の人出で賑わいます。

ゆっくり楽しみたい方のために、穴場スポットを紹介します。

甘利山駐車場(山梨県韮崎市旭町上條北割 )

花火大会の会場からは車で35分程度のところにある、甘利山駐車場です。

甘利山は夜景スポットとしても人気な場所。

駐車場から歩いて5分のところ展望台があります。

標高が高いので花火を見下ろすことができ、近くで見るのとはまた違った楽しみ方ができますよ。

花火と夜景のコラボレーションもいいですね。

展望台に行く際には外灯がないので、懐中電灯やスマホのライト機能を使うのがオススメです。

2015年に甘利山駐車場から撮影した動画を見つけたので、こちらもご覧ください。

大村博士のノーベル賞受賞により全国的にも知名度が上がった韮崎市。

美術館や温泉と見どころもたくさんあり、豪華演出で工夫を凝らした花火も楽しめます。

夏の思い出作りに、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

同じ時期に静岡県で行われる「按針祭」ではディズニーキャラクターがやってきて海沿いをパレードしてくれます。

パレードの後には1万発の花火が打ち上がるので、ディズニー好きの方やお祭り好きの方は下の記事もチェックしてみてくださいね。
按針祭2017、ディズニーパレードのルートや時間をチェック!

以上、「韮崎花火大会2017の駐車場情報や穴場スポットは?」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 祭り 髪型 メンズ
  2. 亀崎潮干祭り 2017
  3. 亀崎潮干祭り 2017
  4. 江戸川区花火大会 2017 屋台 穴場
  5. 羽子板市 2016
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー