桜餅の葉っぱは食べる?食べない?葉の種類は何か調査!

この記事は3分で読めます

春になると食べたくなる桜餅。

少し暖かくなってきたかな?と思う頃に、スーパーや百貨店、コンビニエンスストアなどで見かけますよね。

少ししょっぱく、口の中に広がる桜の香りがたまらなく美味しいです。

そんな桜餅の葉っぱを食べる人もいれば、食べない人もいるようですが、実際の所どちらが正しいのでしょうか?

また、どんな葉っぱを使っているのかも気になりますよね。

ここでは桜餅の葉っぱを安心して食べれるかどうか、食べてもいいのかどうかなどなど、桜餅の葉っぱについてたっぷり紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

桜餅の葉っぱの種類は?

まず紹介するのは、桜餅の葉っぱの種類について。

食べるか食べないかは置いておいて、あのとってもいい香りがする葉っぱはどんな種類を使っているのでしょうか?

食べるのであれば、あの葉っぱの正体を知っておきたですよね!

あのいい香りの葉っぱはほとんどが「大島桜の若葉」を塩漬けして作られたもの。

大島桜は海辺にも多い桜の木で、潮風に強い桜なので塩漬けにもしやすいのではないでしょうか。

どうして桜餅に葉っぱがついているの?

桜餅 葉っぱ食べる

桜餅は味や見た目ももちろん重要視されていますが、何よりも重要とされているのが「香り」なんです。

桜餅独特の何とも言えないあの香りが桜餅のおいしさを引き立ててくれます。

そんな桜餅に重要な「香り」を左右するのは他でもない桜の葉っぱ。

葉っぱを巻くことによって桜餅の独特な香りを作ることができるんです。

あの香りがなければ桜餅ではありませんから、桜餅にとって葉っぱはとっても重要なんですね。

更に、桜餅の乾燥を防ぐ効果もあるんだとか。

カピカピの桜餅は確かにおいしくありません。

葉っぱを巻くことによって、乾いてしまうことを防ぎ、おいしい状態の桜餅を保ってくれているのです。

また、桜餅は関東と関西で形が違うということをご存じでしょうか?

それぞれの地域で暮らしていると、自分が親しんでいる形が桜餅のスタンダードだと思いがちですが、関東では餡子が見えているクレープ形、関西ではおはぎ型がスタンダードです。

いずれにせよ、葉っぱは巻かれているので食べる派、食べない派に分かれてしまいますが…。

食べる派の意見はこう!

桜餅 葉っぱ食べる

桜餅の葉っぱを食べるという人の意見はいくつかあります。

「葉っぱを剥がしてしまうとしょっぱさが足りない!」

「おいしく食べられるように塩漬けされているのだから、もちろん食べる。」

「剥がすと桜餅まで一緒にはがれてしまってもったいない!剥がしにくいので、そもそも食べる物なのでは?」

「葉っぱを食べるために桜餅を買っている!」

なんて声がありました。

実際、桜餅を食べている人のほとんどの人が葉っぱを一緒に食べているそうです。

確かに剥がしにくいですし食べる手も汚れてしまいますし、食べられるように作られているのですから食べてしまうという意見には納得です。

スポンサードリンク

食べない派の意見は?

では、食べない派の意見はどうなんでしょうか?食べない派の声を見てみましょう。

「しょっぱすぎておいしくない」

「しょっぱいから体に良くなさそう」

「スジが邪魔で食べにくい、スジが歯に詰まってしまう」

「葉っぱの風味が強すぎて桜餅を味わえない!」

なんて声が挙げられています。

食べる派の意見と同じく、納得できるものが多いですね。

ちなみにお店の意見としては「食べない派」の方が多いんだとか。

「食べてしまうと風味が強すぎる、巻いているだけでも十分に風味が付く」という理由からお店では剥がして食べることを進めているお店が多いそうです。

お店によって「剥がす」「剥がさない」のおススメの違いがあるようなので、桜餅を購入したお店の方針に従って食べるのもアリかもしれませんね。

そんな中、食べない派の意見に「桜の香り成分には毒があるから食べない!」なんて意見がありました。

毒があるなんて聞くと、食べにくくなってしまいますが、これは一体どういうことなんでしょうか?

桜の独特な香りに「クマリン」という成分が入っているそうで、この成分が僅かですが肝臓の働きを弱くしてしまう肝毒成分とされているのです。

ですが、このクマリンという成分を肝機能を弱めてしまうまで食べるには葉っぱを毎日30枚以上食べる必要があります。

こんなに食べることはまずないので、桜餅に巻かれている1枚や2枚なら、気にせず食べても問題はなさそうですよ。

食べ過ぎなければどちらでも。

あなたは食べる派、食べない派どちらですか?

マナーとして、決まりとしては食べるか食べないかは自由とされていますし、作っているお店の意見も異なります。

ということは、食べるか食べないかはあなた次第。

食べ過ぎなければどちらでもいいのではないでしょうか。

周りの意見に流されず「おいしく」桜餅をいただいてくださいね!

以上「桜餅の葉っぱは食べる?食べない?種類は何?」について紹介しました。
【関連情報】
⇒ひなまつりの食事は何を食べるの?行事食の由来のまとめ!
⇒柏餅の葉っぱは食べる?食べない?種類は何なの?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. こいのぼり 吹き流し 意味
  2. 父の日 健康食品 
  3. 菖蒲湯 頭に巻く
  4. 食べたさくらんぼ 種まき
  5. ホワイトデー 彼氏 お返しくれない
  6. つばめの巣 作らせない
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー