東村つつじ祭り2017、開花状況や見頃は?ライトアップも必見!

この記事は2分で読めます

東村つつじ祭りをご存知でしょうか?

東村つつじ祭りは沖縄県国頭郡東村で行われているお祭りで、「日本一早いつつじ祭り」と言われています。

メイン会場の「つつじ園」では約5万本のつつじと、やんばるの豊かな自然を楽しむことができるんですよ。

今回は、東村つつじ祭りの開花状況や見頃について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

東村つつじ祭り2017の日程と基本情報

東村つつじ祭り 開花状況

東村つつじ祭りは、毎年3月上旬~3月下旬にかけて行われます。

2017年は3月3日(金)~3月20日(月)に開催されることが決定しています。

東村でつつじ祭りが開催されるようになったきっかけは昭和51年のこと。

昔からつつじの名所である東村を蘇らせようと、約6年の年月をかけて村民の手でつつじが植えられました。

現在では祭り期間中は約5万本ものつつじが咲き誇り、色とりどりの花を見ることができますよ。

正之進と名付けられたピンク色のつつじや、大白冠と名付けられた白色のつつじや、大紫と名付けられた紫色のつつじなど、様々な種類のつつじを鑑賞する事ができます。

週末にはライトアップもされるので、昼だけではなく夜の幻想的な雰囲気も楽しみたいですね。

東村つつじ祭り

■住所:沖縄県国頭郡東村字平良804番地
■問合せ先:0980-43-2265
■入園料:高校生以上 300円
     中学生以下 無料

見頃や開花状況は?

■第34回東村つつじ祭り

どうせ行くなら満開の時期に行きたいですよね。

ただ花の開花状況はその年の天候や気温によって大きく異なる場合もあるので、事前に情報を集めてからお出掛け下さい。

東村つつじ祭りの開花状況は2016年度はfacebookで公開されていました。

ほとんど毎日更新されていて、現地の写真もアップされているので開花状況が一発で分かります。

2017年も更新されるでしょうから、こちらの情報を参考にしてみるといいですね。

ちなみに2016年は3月19日に満開になりました。

⇒東村つつじ祭り開花情報

スポンサードリンク

周辺の観光スポット

東村の観光スポットをいくつかご紹介したいと思います!

まずは、慶佐次川マングローブのカヌーツアーなどいかがでしょうか?

沖縄本島最大級のマングローブ林をカヌーで楽しむ体験になります。

開催は年中行っており、料金は対象年齢3歳以上で3,000~6,000円となっています。

⇒カヌーツアー詳細

また、やんばるの自然を満喫するなら、リバートレッキングもオススメです!

トレッキングというのは、ストックのようなものを使いながら、自然の中のコースを歩くことです。

山慣れしていない方でもガイドさんが楽しく解説しながら歩けるので、初心者でも安心してチャレンジできますよ。

また東村には生活博物館というものがあり、東村民の生活を紹介する博物館もあります。

まとめ

つつじは身近にあるような植物ですが、この沖縄で見られるつつじは最高に素敵。

写真を見ても分かるくらい美しいですし、つつじを見ていると何もかも忘れてスッキリ出来そうです。

ストレスが溜まっていらっしゃる方も、おそらくつつじ祭りに行った帰りには、「何にそんなに悩んでいたのか?」なんて思うはずです。

とにかく入場料も安いですし、東村に訪れた際には必ず訪れてみて下さいね。

開花は3月下旬ですから、花見に行く前に思い出作りに沖縄に行こうかという方にはまさにピッタリなお祭りだと思います。

今年は東村つつじ祭りで春を感じてみてはいかがでしょうか?

以上、「東村つつじ祭り2017、開花状況や見頃は?ライトアップも必見!」について紹介しました。
【関連情報】
⇒那覇ハーリー2017、花火の打上げ時間と見どころは?
⇒糸満ハーレー2017、日程や見どころ!アヒル取り競争も人気!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 三浦海岸駅 河津桜 2018
  2. みさと芝桜公園 2017 見頃
  3. 明治神宮 菖蒲
  4. 熊野の藤 2017 開花状況
  5. 三浦海岸駅 河津桜 2018
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー