肌寒い時期に欠かせないファッションアイテムの コート。

最近は季節外れの寒い日もあり、つい最近まで半袖だったのに今日はコートがないと過ごせない!なんて思ったことはありませんか?

他の人は気温が何度からコートを着ているのか気になりますよね。

今回はコートは何度から着るのがおすすめなのか、素材別にまとめてみました。

スポンサードリンク

コートを着る気温の目安は?

コートを何度から着たらいいのか悩んだら、 気温20度を目安にするのがおすすめです。

20度といっても、昼間の1番温かい気温が20度になっているのを目安にしてくださいね。

昼間が20度ということは、朝や夕方はもっと寒くなります

ニットを着たり、カーディガンを羽織っているだけでは少し肌寒く感じる気温になっているはず。

昼間の温かい気温の時にはコートを脱いでおけるように、着脱が簡単にできるコートを選ぶのがおすすめですよ。

スポンサードリンク

コートは何度から着る?~種類別~

トレンチコートは何度から

トレンチコートを何度から着るか悩んだら、気温20度を目安にするのがおすすめです。

トレンチコートは春や秋でも着られるコートですよね。

生地自体も薄手でできているものが多いので、少し肌寒さを感じ始める20度頃に着はじめましょう。

またトレンチコートは、中に着る洋服を薄手のシャツと合わせるとバランスが良く見えます。

薄手のシャツとトレンチコートを重ねることで、細かな温度調整ができるので暑さと寒さが交わる時期にはぴったりですよ。

チェスターコートは何度から

チェスターコートを何度から着るか悩んだら、気温15度を目安にするのがおすすめです。

カジュアルに着こなしがしやすいチェスターコートは男女ともに人気があるコートですよね。

カラー展開が豊富にある種類のコートなので、気温15度でもまだ季節的には早いかな?と思ったら明るめのチェスターコートを選んでみましょう

黒やグレー、ネイビーは着るだけで冬の装いになりがちです。

10月や11月でも気温15度になるような日には、淡いカラーやボルドー、グリーンなどの秋色を使うとバランスよく見えますよ。

ノーカラーコートは何度から

ノーカラーコートを何度から着るか悩んだら、気温15度を目安にするのがおすすめです。

ノーカラーコートは名前の通り、カラー(襟)がないコートのこと。

着るだけで女性らしさをアップさせるコートで、結婚式などドレスアップしたときにおすすめのコートです。

なので、気温15度を下回る肌寒い日に普段着として着るのもおすすめですが、ドレスアップした時にはノーカラーコートを選んでみましょう。

秋口に結婚式が開かれることはよくありますよね。

女性のドレスはほとんどが薄着なので、コートは必須アイテムになります。

ドレスの雰囲気を壊さず、寒さから体を守るにはノーカラーコートがぴったりですよ。

ダッフルコートは何度から

ダッフルコートを何度から着るか悩んだら、気温10度を目安にするのがおすすめです。

特徴的なボタンがあしらわれたダッフルコートは、冬の装いの代表スタイルですね。

コートなしでは外に出られない気温10度頃にはダッフルコートを着て出かけましょう。

ダッフルコートはコートの中では着丈が短いものが多いコートの1つです。

そのため、身長が低い人にはとっても似合うコートなんですよ。

身長が低くて着丈の長いコートを合わせるのが難しいと思っている方は、ぜひダッフルコートを選んでみてくださいね。

スポンサードリンク

ピーコートは何度から

ピーコートを何度から着るか悩んだら、気温10度を目安にするのがおすすめです。

ピーコートはメンズライクなコートで、カジュアルでスタイリッシュに決めたい時におすすめ。

生地も厚めでしっかり作られているものが多いので、冷たい冬の空気から体を温かく守ってくれますよ。

キルティングコートは何度から

キルティングコートを何度から着るか悩んだら、気温5度を目安にするのがおすすめです。

キルティングコートは中綿が入っているコートなので、1枚着るだけでとっても温かいですよね。

最近では、コートの中に着る用の薄手のキルティングコートも販売されています。

薄手でも中綿がしっかり入っているので、着ぶくれすることなく暖を取ることができますよ。

ファーコートは何度から

ファーコートを何度から着るか悩んだら、気温5度を目安にするのがおすすめです。

ファーコートは見た目だけでも温かさが伝わるコートです。

女性らしくていい反面、秋口や春先に着てしまうと暑苦しく見られてしまうこともあります。

薄手のファーコートでも冬の寒い時期以外は着ない方がいいかもしれませんね。

ダウンコートは何度から

ダウンコートを何度から着るか悩んだら、気温5度を目安にするのがおすすめです。

コートの種類の中で1番温かいといえるダウンコート。

冬の時期には手放せないという人も多いと思います。

ダウンコートは体の周りに温かい空気をまとわせることができるので、すぐに体をポカポカ温めてくれます。

そのため、放熱性はあまりなく気温が高くなってもダウンコートを着ていると汗ばむほど体が熱くなることもあります。

気温が15度~20度の時にはダウンコートが暑すぎることもあるので、避けた方が良さそうです。

スポンサードリンク

コートは何度から着る?~シーン別~

メンズスーツのコートはいつから

メンズスーツは気温10度以下になった頃に着るのがおすすめです。

女性よりも男性の方が熱を作り出す筋肉量が多いので、寒さに強いという人が多いです。

なので、気温10度くらいから着るのがいいでしょう。

また、営業周りをしている男性は、歩いていると汗をかくこともあるので着脱が簡単なコートを選ぶのがおすすめですよ。

メンズスーツに合わせるコートなら、チェスターコートやアルスターコートがおすすめですよ。

レディーススーツのコートはいつから

レディーススーツは気温15度以下になったら着るのがおすすめです。

女性は冷え性の人が多く、スーツだけでは肌寒いと感じることもあります。

秋口でも肌寒く感じることが多いので、気温が何度からというのにこだわらずコートを羽織るようにしましょう。

レディーススーツに合わせるならトレンチコートがおすすめですよ。

赤ちゃんのコートはいつから

赤ちゃんんコートを着せるなら 気温10度~15度を目安にするのがおすすめです。

ただ、赤ちゃんは大人のように体温調整がうまく機能しないので、少しの気温変化でも対応できるように薄手の洋服を重ね着しておくようにしましょう。

赤ちゃんには何度からコートを着させる!と強く考えすぎてしまうと、細かな気温の変化に対応できなくなってしまいます。

スポンサードリンク

気温別おすすめのコートをご紹介

気温20度におすすめ:フレアトレンチコート

可愛らしい服装が好きな人におすすめなのが、女性らしさが前面に出た フレアタイプのトレンチコートです。

ウエスト部分がキュッと細くなっているのでスタイルアップして見せてくれるコートです。

裾の部分はふんわりと広がり、まるでワンピースを着ているよう。

ビジネスシーンに合うカチッとしたシルエットになりがちなトレンチコートを女性らしく着こなすことができますよ。

気温20度におすすめ:スプリングトレンチコート

とろみのある素材のトレンチコートならさらりと軽く羽織ることができます。

秋冬物のコートを引っ張り出すほどでもないけど、少し肌寒いという時におすすめのアイテムです。

前の部分はボタンやファスナーで閉めるタイプではないので、ゆらゆらと揺れる様子が軽やかですよね。

ベージュなど明るめの色を選べば3月4月の春先まで、ネイビーなど暗めの色を選べば10月の秋口まで着られますよ。

気温15度におすすめ:チェスターコート

着丈の長さを84cm、94cm、108cmの3種類から選べる チェスターコートです。

色展開も豊富なので、お気に入りの形と色を選ぶことができますよ。

ニューカラーのサックス・ブルー・ダスティピンク・マスタード・チェックブラックは1ランクアップしたおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

ブルーやピンク、イエローはファッションに取り入れるのが難しい色ですが、このチェスターコートは少しくすみがかった色味なのがポイント。

紅葉が広がる秋の風景に溶け込むような配色で、カラーコートを取り入れても秋のファッションに浮くことはありません。

口コミ件数も2,000件以上あり、人気もあるコートです。

気温15度におすすめ:ノーカラーコート

ノーカラーコートをカジュアルに着こなしたい人におすすめの、 ノーカラーコートです。

薄手の素材と長めの着丈で、ノーカラーコートをカジュアルに着こなすことができます。

コートというよりかは、ロングカーディガンの感覚で着ることができますよ。

ホワイト・グレー・グリーン・ブラックの4色は、どんなファッションにも取り入れやすい定番色。

玄関から出て少し肌寒いかな?と感じた時にサッと手に取って羽織ることができますよ。

気温10度におすすめ:フェイクムートンファーコート

もこもことしたシルエットが女性らしい フェイクムートンファーコート。

総裏地がついているので、とても肌触りがよくあったかなコートです。

フェイクムートンファーコート1枚で温かいので、トップスは薄手のものを選ぶのがおすすめです。

ゴージャスさもあり、冬のマストアイテムになりますよ。

気温10度におすすめ:ズーティーのダウンコート

とにかく温かいダウンコートを探しているなら、 ズーティーのダウンコートがおすすめです。

ダウンを贅沢に80%も使用したダウンコートは、軽いのにとっても温かいと高評価。

生地表面には撥水加工も施されていて、急な雨にも濡れることはありませんよ。

ボリュームたっぷりのフードは、取り外しができるので色々なファッションに合わせて着回すこともできちゃいます。

コートは何度から着るかリサーチしよう

コートは何度から着るのがおすすめか紹介しましたが、いかがでしたか。

地域や出掛け先、天気によってコートを着るかどうか変わってきますが、だいたい何度から着ようと決めているとコーディネートが楽になりますよ。

寒い時期でもコートでおしゃれを楽しみましょう。

以上、「コートは何度から?いつから着るかの気温の目安を種類別に紹介!」について紹介しました。

スポンサードリンク