付けるだけでおしゃれにみせてくれるファッションアイテムのヘアバンド。

でも付け方を間違えてしまうと洗顔用のヘアバンドに見えてしまったり、子供っぽく見えてしまうことも、、、。

特に30代40代の大人な女性はハードルが高い、付けにくいと感じている人が多いようです。

今回は、30代40代の大人女性にも似合うヘアバンドの付け方について、元ヘアメイクアップアーティストの私が紹介していきます。

スポンサードリンク

難しいテクニックは不要の簡単アレンジばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

ヘアバンドの付け方の基本

ヘアアレンジを組み合わせる

ヘアバンドをおしゃれに見せる付け方の基本は、 ヘアアレンジと組み合わせることです。

巻き髪もしていない素のヘアスタイルにヘアバンドを付けてしまうと、80年代風に見えてしまい少し古さが出てしまいます。

髪の毛を巻いたり、お団子を作ってからヘアバンドを付けるだけで古さをなくすことができますよ。

ショートヘアで髪の毛のアレンジができない人も、毛先を巻いて少し動きをつけるだけでもおしゃれ感を出すことができます。

記事の後半でヘアバンドにおすすめの簡単ヘアアレンジを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヘアバンドの角度に注意

ヘアバンドは、 前髪の生え際とえりあし部分にかかるようにして付けるようにしましょう。

ヘアバンドを付ける角度1つで印象がガラリと変わります。

トップの位置が前髪の生え際よりも高くなる付け方だと可愛らしい印象になります。

子供が付ける場合にはこの位置が可愛くてよいのですが、30代40代の大人な女性がつけるにはあまり似合わないことが多いです。

また、スポーツブランドの細めのヘアバンドを使ってスポーティでかっこよく付けたい場合には、おでこの高さで地面と平行になるよう後頭部を通る付け方が似合います。

スポーツブランドのヘアバンドではなく、普通のヘアバンドの場合は前髪の生え際からえりあし部分にかかる付け方を意識してみてくださいね。

落ち着いた色味やデザインを選ぶ


ヘアバンドは、可愛くて女の子らしい印象を受けるファッションアイテムですよね。

なので、30代40代の大人な女性が付ける時には シックな色合いのヘアバンドを選んで可愛さと大人っぽさのバランスを取るようにしましょう。

リボンがついていないものリボンが小さいもの、ダークトーンやトーンを抑えた色合いのヘアバンドを選ぶといいですよ。

シルクなどの高級な素材でできたヘアバンドなら30代40代の大人女性でも抵抗なく付けることもできます。

スポンサードリンク

30代・40代におすすめのヘアバンドの付け方

ショートヘア+ヘアバンド

短くてヘアアレンジがしにくいショートヘアは、付けるだけで簡単におしゃれに見せてくれるヘアバンドが特におすすめです。

ショートヘアは、全体的に丸いフォルムのヘアスタイルなのでヘアバンドを付けることで、さらに綺麗なシルエットに見せることができます。

ただし、ドライヤーで乾かしたままのヘアスタイルにヘアバンドを付けてしまうと、手抜き感自宅感が強く出てしまいます。

毛先を巻いて動きを出したり、ウェットな質感のスタイリング剤を付けるなどひと手間加えることでおしゃれに見せることができますよ。

前髪を思い切ってサイドに流すだけでもこなれ感が出ておすすめです。

お団子ヘア

長い髪の毛をまとめたいときにおすすめなのが、 お団子ヘアとヘアバンドの組み合わせです。

おしゃれに見せるポイントは、写真のようにおくれ毛を出してゆるっとしたお団子ヘアにすることです。

バレリーナのようにおくれ毛1本ない完璧なお団子ヘアは、TPOによってはとても美しく見せることができますが、ヘアバンドをつけてカジュアルにしたいときにはゆるめのお団子にしてみましょう。

髪が短くてお団子がつくれない人は、短く一つくくりにするのも可愛いですよ。

ショートヘアでえりあしがゴムに収まらなくても、ヘアバンドで全体を収めることができるので崩れてしまう心配はありません。

返って、数センチだけちょこんと出た髪の毛が可愛く、自然とゴムからほどけてしまった髪の毛がおしゃれに見えますよ。

サイド三つ編み

おしとやかで優しい印象にしたい人におすすめなのが、 サイド三つ編みアレンジです。

髪の毛をサイドに集めることでしおらしい女性らしさや優しさを表現することができます。

三つ編みをおしゃれに見せるためには、ゆるめに三つ編みを作るのがポイントです。

レイヤーの入っていないワンレングスヘアの人は、ゆるい三つ編みが作りやすいので、ぜひ試してみてくださいね。

ヘアバンドの付け方は、三つ編みアレンジをしたあとに耳にかぶすようにして付けるのがおすすめです。

ヘアバンドを耳にかぶせる付け方にすることで、ゆるさをより強調させることができますよ。

スポンサードリンク

ギブソンタック

一見、難しそうに見える ギブソンタックですが、ヘアバンドを使えば簡単にアレンジすることができます。

まずは、髪の毛をダウンの状態のままヘアバンドを付けます。

この時に髪の毛の上にヘアバンドが重なるように付けるのが付け方のポイントです。

あとは、毛先を丸めてヘアバンドに入れ込むだけ。

たったこれだけでおしゃれなギブソンタックヘアバンドアレンジの完成です。

崩れないかと心配な方は、毛束を3~4本に分け、毛先をヘアゴムでまとめてからヘアバンドに入れると崩れにくくすることができます。

アレンジをする前に毛先を中心にヘアアイロンでカールをつけておくと、ほつれた髪の毛がおしゃれに見えますよ。

デコ出しハーフアップ

活発的に活動したいときにおすすめなのが、 デコ出しハーフアップスタイルです。

前髪を上げるヘアスタイルなので、顔周りがすっきりして動きやすくなります。

顔を全だしするのに抵抗がある人でも、ハーフアップにして髪の毛を半分ダウンにすることで安心感が得られます。

子育てに奮闘している30代40代のママさんには特におすすめのヘアスタイルですよ。

今まで紹介したヘアスタイルよりもカジュアルでスポーティな印象になるので、お団子や三つ編みなどのヘアアレンジはなくてもかっこよく決まります。

1本のゴムで無造作にクシャっとまとめて、ヘアバンドで前髪を上げるだけなので不器用な方でも簡単にできちゃう楽ちんスタイルです。

スポンサードリンク

30代・40代におすすめのヘアバンドはコレ

オーガニックコットンターバン

オーガニックコットンターバンは、付け方を変えて色々なスタイルを楽しむことができるのがポイントです。

定番の付け方、ヘアバンドの幅を広げて付ける付け方、前後逆にして絞った部分をねじって見せる付け方の3種類の付け方が楽しめます。

色々なおしゃれを楽しみたい10代、20代の女性にはもちろん、厳選した物しか持ちたくない30代、40代の洗練された女性には特におすすめです。

商品名のとおりオーガニック素材でできているヘアバンドなので、品質にこだわる30代40代の大人女性には嬉しいヘアバンドですよね。

zakzak スポーティヘアバンド

ランニングやヨガなどのスポーツをやっている方におすすめなのが、 zakzakのスポーティヘアバンドです。

スポーツ中に汗が顔を滴り落ちて集中できないなんてことはありませんか。

気が散ってしまうとスポーツの効果が十分に発揮できないこともあるので、ヘアバンドを使って汗対策をするのがおすすめです。

スポーティタイプのヘアバンドと言っても、zakzakのスポーティヘアバンドは、幅が約7センチあるので30代40代の大人女性が使っても子供っぽくなることはありません。

レッド・グレー・ブルー・パープルの4色から選ぶことができるので、使っているウェアやスニーカーの色に合わせてお好きな色を選んでみてくださいね。

レースカチューム

可愛いヘアバンドを探している人やフォーマルなシーンでもヘアバンドを使いたい人におすすめなのが、花柄刺しゅうのレースカチュームです。

ブラック、ブラウン、ブルーグレー、ナチュラルの4色は色のトーンを抑えた配色なので、30代40代の大人女性にはぴったりの色合いです。

花柄のレースは可愛すぎず、上品で大人な印象のデザインなので30代40代が使っても可愛くなりすぎてしまうなんてことはありません。

また、ヘアバンドのレース加工によって適度な透け感があるため、ヘアアレンジをしなくてもヘアバンドだけでもおしゃれに見せることができます。

ヘアアレンジが苦手な人はもちろん、急に人と会うことになった時の救済アイテムとして1つ持っているととても便利ですよ。

ざっくり編みニットリボンヘアバンド

人とは違うヘアバンドを付けたい人におすすめなのが、 ざっくり編みニットリボンヘアバンドです。

ニットならではの網目が特徴的で、特に2色の毛糸を使用したヘアバンドは独特な網目がとてもおしゃれです。

ニットといってもざっくり編みなので、暖かくなってくる春先にも使うことができますよ。

30代40代になってくると、服装に色味を加えるのが難しいと感じることはありませんか。

ざっくり編みニットリボンヘアバンドなら、ナチュラルに明るい色味を追加することができるので、色のコーディネートに悩んでいる人にもおすすめですよ。

スポンサードリンク

似合う付け方を覚えれば30代40代にもヘアバンドはおすすめ

30代40代の大人女性にもおすすめなヘアバンドや付け方について紹介しましたが、いかがでしたか。

子供っぽくなりがちなヘアバンドも付け方を工夫するだけで大人コーデにぴったりのアイテムになるんですよ。

子育て中のママには、子供とお揃いで付けるのもおすすめですよ。

以上、「ヘアバンドの付け方!30代や40代でもおしゃれなやり方やアレンジ方法も!」について紹介しました。

スポンサードリンク