入学式や結婚式などのイベントでの定番ヘアアレンジ 「ハーフアップ」

でも、自分に似合ったアレンジをしないと顔が大きく見えてしまったり、だらしなく見えて似合わないこともありますよね。

今回は元ヘアメイクアップアーティストの私が、ハーフアップが似合わない原因とその解決方法について紹介していきます。

簡単にできるハーフアップアレンジ方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

ハーフアップが似合わない原因とは?

ハーフアップが似合わない原因:面長

面長顔の人がハーフアップをすると似合わない傾向にあります。

ハーフアップはサイドはタイトに結び、襟足部分はおろしたままにするので、縦長なシルエットになりやすい髪型なんです。

なので、面長顔の人がハーフアップをすると縦長のシルエットが強調されて「似合わない」と感じます。

髪型のシルエットはひし形になるのが理想と言われているので、顔や頭の形にコンプレックスを持っている人は、ひし形スタイルを目指すとバランスよく見えます。

ハーフアップが似合わない原因:顔周りの髪の量

ハーフアップにする時には、顔周りの髪の毛を残してアレンジすることが多いですが、 この量を間違えてしまうと似合わない原因になってしまいます。

顔周りの毛が少なすぎると丸顔の人は顔の丸さが強調されて、大きく見えてしまい似合わないと感じてしまいます。

逆に顔周りの毛が多すぎると清楚感に欠け、だらしがない印象になってしまいます。

顔周りの毛の長さによって出す量を調整する必要もあります。

例えばワンレングスで顔周りがとても長い人が一束分顔周りを残していると、まるで虫の触覚のように見えてしまい似合わないヘアアレンジになってしまいます。

ハーフアップが似合わない原因:アレンジ不足

ゴム1本でまとめただけのシンプルすぎるハーフアップスタイルは、 物足りなくて似合わない人もいます。

家事をする時に少しまとめたり、仕事で髪を結ぶ時ならシンプルなハーフアップでも問題ありませんが、出掛ける時やイベント時には少しアレンジを加えるのがおすすめです。

この記事の後半で、簡単にできるハーフアップアレンジを紹介していますので、シンプルすぎて似合わないと悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

ハーフアップが似合わない原因:カジュアルな服装

ジャージやスウェットなどラフすぎる服装は、ハーフアップとの相性があまり良くないので似合わないこともあります。

首から上だけを見て人と話す場面って、あんまりないですよね。

髪型からメイク、服装までの全体のバランスや雰囲気を見られていることがほとんど。

全てのバーツのテーマが統一されていれば、きちんと感やおしゃれ感を出すことができますが、バラバラだとハーフアップが全体のバランスに似合わないことがあります。

スポンサードリンク

似合わないハーフアップの解決策をご紹介

面長が原因で似合わない場合:サイドにボリュームを持たせる

面長顔が原因で似合わない場合には、 サイドに編み込みアレンジなどを加えて横にボリュームを出すようにすると似合わない原因が解消されます。

これは、ハーフアップアレンジをする時だけでなく、他の髪型をしても似合わないなと感じた時には使える技です。

また、アレンジをした後におくれ毛を出したり、全体的にゆるく崩しますがその時にトップはボリュームを抑えてサイドを多めに崩すのもポイント。

面長顔の人は縦のボリュームを追加する必要がないので、トップは抑えてサイドを意識してみてくださいね。

美容院でセットしてもらった後に縦横バランスが悪くて似合わないなと感じたら、ヘアアクセサリーをサイドにつけるのもおすすめです。

自分の髪の毛だけでなく飾りを使って横のバランスを取ってみましょう。

顔周りが原因で似合わない場合:顔周りはすっきりと

顔周りの髪の毛をすっきりと結ぶことで全体のバランスを良くすることができます。

目安としては、あごの長さくらいの前髪やサイドの髪の毛を少しだけ残して、あとは結んでしまうのがいいです。

顔の丸さが際立ってしまうという人は、サイドの髪の毛をアイロンで巻いて曲線を作ると顔の形をカバーすることができますよ。

カジュアル感を高めたい場合には、前髪をオールバックで入れてしまってもOK。

10数本の細かいおくれ毛を2,3か所出せば、おしゃれ感がアップします。

スポンサードリンク

アレンジが原因で似合わない場合:無造作感を加える


似合わないハーフアップアレンジも おくれ毛を出したり、崩すことでおしゃれにすることができます。

ポイントは面や直線を作らないこと。

和服姿には面がきれいに整った日本髪が似合いますが、和服をきちんと着る場面でなければ、面のないアレンジがおしゃれです。

手グシを使って自然にたるませながらゴムで結び、さらに髪の毛を引っ張って崩してみましょう。

写真のようにお団子アレンジを加える場合もきれいにまるい円にする必要はなく、いびつな形がおしゃれに見えます。

もう1つのポイントは、直線を作らないということ。

具体的には、ブロッキングする時にきれいに髪を取り分けないということです。

顔周りに残す髪の毛、まとめる髪の毛、おろす髪の毛の境目がボコボコになっていた方が無造作感が出ておしゃれに見えます。

不器用でブラシが使えないという人は、無理に使おうとせず手グシで適当にまとめるのが◎

無造作感とだらしなさは紙一重に思われがちですが、ひし形スタイルを意識することでおしゃれな髪型になりますよ。

服装が原因で似合わない場合:ハーフアップには清楚系が◎

髪型にはそれぞれイメージがあります。

 

ストレートヘア・・・凛としている。大人っぽい。強い芯の持った女性。清潔感。

巻き髪・・・・・・・ゴージャス感。華やかさ。カジュアル。

ポニーテール・・・・活発。スポーティ。若々しい。

ハーフアップ・・・・清楚。おとなしい。上品。落ち着いた印象。

 

アレンジの仕方によってイメージが変わることもありますが、大体は上のような印象を持つことが多いです。

似合わない原因を説明した時にも触れましたが、全体のテーマを統一することで全体のバランスが良く見えます。

上品な髪型に派手なメイク、カジュアルな服装を合わせたら違和感のある印象になり、1つ1つがその人に似合っていても「似合わない」と判断されてしまいます。

似合わないと思われないためにも、全体のテーマを統一することがとても大切です。

そのため、ハーフアップには カジュアルな服装よりも清楚系の服装の方が似合います。

スポンサードリンク

ハーフアップの簡単なヘアアレンジ

ハーフアップ+くるりんぱ

ハーフアップに くるりんぱアレンジを加えるのは、ゴム1本でできるのでとても簡単です。

ただ、とても簡単なのにおしゃれなアレンジの人と似合わないアレンジの人で大きく分かれてしまうことも。

くるりんぱが上手く作れないという人は、次のことに注意してやってみてくださいね。

 

・くるりんぱをする時は、真ん中で分けるのではなく斜めに髪の毛を分けて通す。

・くるりんぱした後に、一度きつく締めてから全体を崩す。

・髪の毛を崩す時は、鏡から見えている部分だけでなく後頭部の見えないところも崩す。

・髪の毛を崩す時は、細かく毛束を取って何度も引き出す。

 

以上の4つを意識するだけで、くるりんぱは格段に可愛さを増しますよ。

ハーフアップ+お団子

清楚なイメージの強いハーフアップをカジュアルに仕上げたい人におすすめなのが、 お団子アレンジ。

カジュアル感を増すためには、お団子を大きく崩すのがポイントです。

お団子を崩す時に、大きく引っ張る毛束と少しだけ引っ張る毛束をランダムに入れることで、無造作感のあるお団子にすることができますよ。

髪の毛が短くて毛先が出てきてしまう場合には、アレンジの前にアイロンでカールをつけておくと出てしまった毛先もおしゃれに見せることができます。

ハーフアップ+ねじり編み

ハーフアップアレンジに慣れてきたら、 ねじりアレンジも加えてみましょう。

ねじりアレンジを加えることで髪の毛に曲線の動きが出て、横顔までおしゃれに見えます。

片手でねじりアレンジを加えるのが大変な人は、ダッカールを使ってねじった髪の毛を仮止めしておくと楽にアレンジすることができますよ。

三つ編みができる人は、三つ編みアレンジや編み込みアレンジを加えるのもおすすめ。

三つ編みや編み込みアレンジは女性らしさや可愛さをアップさせることができます。

ねじりアレンジは、三つ編みアレンジよりもラフな印象になります。

ハーフアップ+りぼん

変わり種のハーフアップアレンジに挑戦したい人におすすめなのが、 リボンアレンジです。

結び目にリボンを結ぶだけでも可愛いですが、個性を主張したいなら写真のように毛束を結ぶとおしゃれに見えます。

お祭りやコンサートなどのイベントには、特におすすめのハーフアップアレンジです。

友達とリボンの色を合わせたり、浴衣や洋服と同じ素材や柄のリボンを使うことで全体のバランスが良く見えますよ。

スポンサードリンク

ハーフアップアレンジの幅が広がるおすすめアイテム

パールヘアアクセ

結婚式やパーティなどドレスアップをする時におすすめなのが、 パールのヘアアクセサリーです。

パールが加わるだけでも上品さが出るので、ドレスとの相性がとてもよくなります。

特にマグノリアのヘアアクセサリーは、パールとラインストーンが付いているのでゴージャス感もアップできます。

1個持っていれば、髪の長さが違ったりヘアスタイルを変えても使いまわしできるので、とても重宝しますよ。

バレッタ

子供の入学式や卒業式などのイベント、レストランでの食事などにおすすめなのが リボンバレッタです。

パールやラインストーンの付いたゴージャスなバレッタでは、華やかすぎて浮いてしまうこともあるので、リボンデザインのバレッタを持っていると幅広い場面で応用することができます。

わざわざ美容院に行ってまでセットをするほどでもないけど、特別感は出しておきたいという時にとても便利です。

先ほど紹介した簡単なハーフアップアレンジにリボンバレッタをつけるだけで、セルフでも特別感のあるヘアアレンジをすることができますよ。

ゴールドピン

カジュアルなお団子ハーフアップアレンジをする時におすすめのアイテムが、 ゴールドピンです。

黒や茶色のピンでは見えてしまうとださい印象になってしまいますが、ゴールドピンはあえて見えるようにつけることでおしゃれに見せてくれます。

ゴールドに似合わない色はないので、黒髪・茶髪・金髪どんな髪色にも合わせることができます。

ピンを重ねて×や△を作るのもおしゃれですが、ランダムにつけてラフさを出すのもおすすめですよ。

ハーフアップが似合わない原因を探ってみよう

ハーフアップが似合わないと悩んでいる人は、似合わない原因を見つけることはできましたか。

人それぞれ髪質や形が違うので、憧れの人と同じ髪型にしても自分には似合わないことがあります。

でも、似合わない原因がわかればアレンジの仕方で対処することもできますよ。

以上、「ハーフアップが似合わない原因と解決策は?簡単なヘアアレンジで対処!」について紹介しました。

スポンサードリンク