突然ですが、みなさんの好きなフルーツは何ですか?

イチゴやりんご、マンゴーやさくらんぼなど人それぞれ好みがあると思いますが、メロンが好きな人も多いんじゃないでしょうか。

お見舞い品の定番となっているメロンですが、旬な時期には贈り物としていただくことも多いですよね。

それでは、そのメロンをみなさんの家庭ではメロンをどのような切り方で食べていますか?

8頭分にカットするのが一般的な切り方ですが、最近ではおしゃれなメロンの切り方が注目を集めています。

芸術的で惚れ惚れしてしまうものから、一般人でも簡単にできちゃうものまでたくさんあります。

メロンのおしゃれな切り方についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

メロンのおしゃれな切り方1:簡単な切り方でアレンジ

 

View this post on Instagram

 

@yucco508がシェアした投稿

おしゃれ度:★
手軽さ:★★★★★
美味しさ(味の均一度):★★★★★

意外と知らない人も多いので、メロンの定番の切り方もご紹介しますね。

急な来客でメロンのお土産を頂いた時に、切り方を知らないとせっかく頂いたメロンをみんなで食べることができません。

おしゃれな切り方で驚かせるのも良いですが、まずは定番をしっかりと把握しておきましょうね。

簡単にできる切り方なので、不器用さんにはおすすめ。

メロンを切り終わったら、上の画像のように右左右左…とズラすだけで、おしゃれにアレンジをすることができますよ。

参照元URL:https://youtu.be/Op2a_ZHc2js

メロンの定番の切り方

1.ヘタをカットする。
2.縦半分にカットし、1/8サイズまでカットする。
3.実と皮の部分に包丁を入れる。
4.実を一口大にカットする。

スポンサードリンク

メロンのおしゃれな切り方2:メロンボール

おしゃれ度:★★★★
手軽さ:★★★★★
美味しさ(味の均一度):★★★

メロンボールとても簡単なのにおしゃれに見える切り方だと、主婦の間で人気の切り方です。

メロンボーラーというメロンをすくう専用の調理アイテムを使えば誰でも簡単にメロンボールを作ることができちゃいます。

メロンを半分に切るところを大人がやれば、あとは小さなお子さんでもメロンボールを作ることができますよ。

専用アイテムがない場合は、アイスクリームをすくうときに使うアイスクリームスクリーパーや深めのスプーンやおたまを使うのもアリ。

大小バラバラのメロンの方が逆におしゃれ感が増します。

くりぬいたメロンをとして使うとおしゃれ度がアップして、インスタ映えするのでおすすめです。

参照元URL:https://youtu.be/F6-b7Qgf93Y

メロンボールの切り方

1.メロンを半分にカットする。
2.くり抜き器を使ってメロンを丸くくりぬく。
3.くりぬいたメロンを水100mlに対してグラニュー糖30グラムのシロップにからめる。
4.もう1玉のメロンを切り口がギザギザになるようにカットする。
5.4のメロンのタネを取り除く。
6.シロップに漬けた3のメロンを4のメロンに盛る。
*ババロアや生クリーム、プリンなどを一緒にトッピングしても◎。

動画ではメロンを2玉使用していますが、1玉しかない場合は、最初からギザギザになるようにカットして半分をくり抜き用、もう半分を器にすると良いですよ。

スポンサードリンク

メロンのおしゃれな切り方3:メロンのフラワーカット

おしゃれ度:★★★★★
手軽さ:★★
美味しさ(味の均一度):★

最近テレビや雑誌で見かけることの増えたメロンをアートのようにカットする切り方をご紹介します。

メロンをまるで本物の花のように見立てた切り方は、とてもおしゃれですよね。

こんなおしゃれにカットされたメロンが食後に出てきたら子供も大人も大喜びしますよ。

皮の柔らかいメロンであれば簡単に果物ナイフを入れることができるので、力の弱い女性でもできちゃいます。

手先の器用さに自信がある人はぜひチャレンジしてみてくださいね。

参照元URL:https://youtu.be/MdnJ6G0Kzkg

花の器になるメロンの切り方
1.メロンの側面を丸く切り抜く。
2.1の丸を中心に凹凸をつけて花びらをくり抜いていく。
*外側になるにつれて、メロンの皮の部分を少し残すと葉っぱのように見えるのでおしゃれに仕上げることができます。
スポンサードリンク

メロンのおしゃれな切り方4:メロンフルーツサンドウィッチ

おしゃれ度:★★★★★
手軽さ:★★★
美味しさ(味の均一度):★★★★★

メロンの中に生クリームやフルーツを入れ込んだメロンフルーツサンドウィッチは、インスタ映えすると人気のアレンジ方法です。

周りがメロンで囲まれているので、どこを食べてもメロンの風味を感じることができて、メロン好きにはたまらない食べ方ですよ。

市販のクリームやパンを使えば手軽に作ることができるので、おやつタイムにチャチャっと作ることができちゃいます。

メロンフルーツサンドウィッチの作り方

1.メロンのヘタの方を上から3センチくらいのところでカットする。
2.タネと中身を取り除く。
*実は3のトッピングとして使ってください。
3.生クリーム、フルーツ、耳をカットした食パンを交互にメロンの中に敷き詰める。
4.メロンを半分にカットする。

スポンサードリンク

メロンのおしゃれな切り方5:メロンカエル

おしゃれ度:★★★★
手軽さ:★★★★★
美味しさ(味の均一度):★★★

緑色のメロンを生かしたおしゃれなメロンカエルです。

リアルなカエルでは抵抗がありますが、メロンで作った愛嬌のある可愛いカエルなので、食べる時も楽しく食べられますよ。

目の形を変えてみたり、耳やしっぽを付け加えれば色々な動物やキャラクターに変身することができそうですね。

カエルの口の中に入れるフルーツ類はカラフルなものを選んでおしゃれに可愛くデコレーションしちゃいましょう。

さくらんぼやブルーベリーなど元々丸いフルーツを使うのも良いですが、キウイやマンゴーなどを丸くくり抜いて入れるのもおすすめです。

やり方はとっても簡単なので、たくさんのフルーツが家にある時には、ぜひやってみてくださいね。

参照元URL:https://youtu.be/ZAy4tbMeVM8

メロンカエルの切り方

1.メロンのお尻の方を斜めに切って底を作ります。
2.1で切った底面を固定し、口の位置を決めます。
*ヘタの部分が口の中に入るようにすると良いです。
3.タネを取り、中身をくり抜きます。
*メロンボーラーやスプーンを使うと丸く綺麗に切り抜くことができます。
4.1でカットした皮を半分にカットし、半月型の目を作ります。
5.白いスイカの皮やエリンギで丸い白目を作ります。目玉は、ブルーベリーを使います。
6.半月型のメロンの皮、白目のエリンギ、目玉のブルーベリーの順番につまようじに刺していきます。
7.6の目のパーツを顔の位置を確認しながら、メロンに刺していきます。
8.2でカットした皮を使って手を作ります。
9.丸くくり抜いたメロンと好きなフルーツを丸くカットして、口の中に詰め込んで完成。

メロンのおしゃれな切り方ができる便利な道具は?

メロンのおしゃれな切り方に便利な道具1: フルーツナイフ

おしゃれなメロンの切り方をするには、切れやすくて使いやすいフルーツナイフを用意しておくと良いですよ。

Misonoのフルーツナイフは、小さいのに切れ味が良いと評判のフルーツナイフです。

手頃なお値段も嬉しいポイントですよね。

普通の調理用包丁でフルーツをカットする人も多いですが、大きい包丁に比べるとフルーツナイフは刃渡りが小さいので、小さなフルーツの皮むきやカットに向いています。

フルーツナイフを1本もっていれば、りんごやグレープフルーツなどを剥く時にも使えるのでとても便利ですよ。

メロンのおしゃれな切り方に便利な道具2: ガラスコンポート

おしゃれなメロンカットができたら、DULTONのガラスコンポート マカロンSを使っておしゃれに盛り付けもしてみましょう。

せっかく綺麗にカットできても、焼き魚を乗せるお皿に盛ってしまうとおしゃれ度は半減してしまいます。

でも、おしゃれなお皿に盛りつければ、メロンが運ばれてきた時に喜びは倍増しますよ。

特にDULTONのガラスコンポート マカロンSは、ガラスでできているので、お皿が照明でキラキラ反射して高級感のあるメロンを演出してくれます。

メロン以外にもケーキやマフィンなどのスイーツを乗せるのもおすすめです。

バナナやりんごを置いておくフルーツバスケット代わりに使えば、部屋のインテリアにすることもできますよ。

メロンのおしゃれな切り方に便利な道具3:メロンボーラー

メロンのおしゃれカットに欠かせないのは、メロンボーラーです。

メロンボーラーは深さのある半円型のくり抜き器で、メロンに刺して1回転するようにメロンボーラーを回せば、簡単に丸くメロンをくり抜くことができちゃいます。

刃物がついていないので、小さなお子さんでも使うことができますよ。

メロンのおしゃれな切り方をマスター!

メロンのおしゃれな切り方をいくつかご紹介しましたが、参考になるものは見つかりましたか。

メロンは高級なフルーツということだけあって、特別な時に食べるイメージがありますよね。

せっかく特別な日に美味しいメロンを食べるなら、おしゃれな切り方で綺麗に飾ったメロンを食べてみませんか。

プロが作るアート作品のようなおしゃれ切りだけでなく、一般人でも簡単にできるおしゃれな切り方もたくさんあるので、色々試してみてくださいね。

以上、「メロンを切り方でオシャレに!フラワーカットやバスケットから簡単なアレンジまで!」について紹介しました。

スポンサードリンク