沖縄といえば?食べ物やお土産、人気の観光地から言葉や歌に天気まで総まとめ!

この記事は7分で読めます

沖縄といえば、美しい海に囲まれた亜熱帯の島々からなる県で、日本屈指の人気観光地でもありますよね。

とはいえ、沖縄といえば日本本土とは文化や食べ物、天気など、様々な違いがあるため、知っているようで知らない事も少なくありません。

今回は、 「沖縄といえば」をテーマに、食べ物やお土産から、天気の特徴、言葉や文化などまとめてご案内していきたいと思います。

スポンサードリンク

沖縄といえばどんな都道府県?

沖縄は160の島からなる日本で最南の県!

沖縄県といえばご存知の通り、日本の最も南に位置する都道府県で160の島から成り立っています

陸地の面積では香川、東京、大阪に次ぎ日本で4番目に小さい沖縄県ですが、 東西約1000㎞、南北約400㎞という広大な海域に島々が点在しています。

1000㎞といえば東京から九州最西端の長崎県までとほぼ同じ距離なので、いかに沖縄県の島々が広域に及んでいるかがわかりますよね。

沖縄は人口が増加している数少ない県!

余り知られていませんが、沖縄といえば全国でも数少ない 人口が増加している県のひとつで、増加率も全国でトップなんです。

また、沖縄県は1000人当たりの出生率が11.6と全国最高で、一人の女性が生涯に産む子供の数も1.95(2017年度統計)とこれまた全国一

特に沖縄といえば離島の出生率が際立って高く、地域のコミュニティー基盤がしっかりしていて子供を育てやすい環境なのが一因といわれています。

また、沖縄は離婚率も日本一のため、男女とも再婚後に再び子供を設ける事が全体の出生率アップにつながっているとみる向きもあるようですね。

スポンサードリンク

沖縄といえば天気や気温は?

沖縄といえば一年を通じ温暖な亜熱帯の気候!

沖縄といえば県内のほとんどが 亜熱帯性に属する温暖な気候で、寒暖の差が少なく高温多湿なのが天気の特徴です。

沖縄の気温は1月が最も低く、7~8月にかけてが最も高くなりますが、海洋性の気候のため夏場でも35度を超える猛暑日になる事はまれなんです。

また、温暖とはいえ冬場は残念ながら水浴は楽しめない沖縄ですが、10度以下になる日はほとんどなく、雪が降るほどの寒波が訪れる冬はまずありません。

梅雨入りが早く夏場に台風が多いのも特徴!

沖縄といえば他の日本の地域に先駆けて春から夏へと季節が移り替わる地域で、その分、 梅雨の時期が早いという特徴があります。

沖縄は通常5月上旬から中旬頃に梅雨入りし、6月中旬から下旬に一足早く梅雨明けし長い夏が始まります。

また沖縄といえば、 多くの台風が襲来する地域でもあり、6~10月にかけ年平均7,8個の台風が近づき、時には大きな被害をもたらします。

台風の時期には飛行機が欠航する事も珍しくなく、沖縄への旅行計画を立てる上では頭の痛い問題でもありますよね。

沖縄といえば言葉や文化の特徴は?

沖縄の言葉は言語か論じられるほど日本語と違う!

参照元URL:https://youtu.be/3PWGck_QwN4

沖縄といえば、 「うちなーぐち」や「しまくとぅば(島言葉)」と呼ばれる方言もとても有名ですよね。

沖縄の言葉は上の動画からもわかるように、発音や単語など日本語との相違点も非常に多く、方言ではなく一つの言語とみる向きもあるほどなんです。

琉球語と日本語は、イタリア語とフランス語の違いにも匹敵するほどの違いがあるのだそうで、上の動画でも質問の意味はほとんどわかりませんよね。

とはいえ、近年は純粋な琉球語を話す人は減少しているため、沖縄では方言への関心を深めて普及させる活動も行われているのだそうですよ。

沖縄は独特の琉球文化が息づいている地!

明治時代以前は日本の都道府県の一つではなく 琉球王国として独立を守ってきた沖縄は、エキゾチックな独自の文化が魅力のひとつですよね。

そんな沖縄県は、エイサーや琉球民謡といった伝統芸能や魔除けの意味を持つシーサーなど異国情緒が漂う文化が随所に残っています。

沖縄といえば、古くから日本本土だけでなく、中国、朝鮮、東南アジア諸国との貿易で発展してきた歴史があり、独自の琉球文化が花開いた地でもあります。

様々な周辺諸国との交流の中で育まれた沖縄の文化は他の日本の地域とは一味違っていてとても興味深いですね。

スポンサードリンク

沖縄といえば県民性の特徴とは?

沖縄は明るくおおらかな人が多い!

青い海と空に囲まれた沖縄といえば、温暖な気候と同様に 明るくおおらかな人が多いのが特徴です。

ゆったりとした島の時間の中で生活する沖縄の人は、小さいことにこだわらず、何事にも寛容で楽観的な県民性といわれています。

過ぎたことにいつまでもくよくよせず、明るく前向きに努力すれば道は開けるという「なんくるないさー」が沖縄の人のモットーなのかもしれませんね

また、男女ともに楽しいことが大好きなのが沖縄の人の特徴で、社交的でノリがよいのも沖縄県民のあるあるとのことですよ。

先祖、家族を大切にする県民性!

参照元URL:https://youtu.be/iI7QtxJLvC8

沖縄といえば、 家族や親せきとの結びつきが大変強いのも大きな特徴の一つで、今も様々な風習の中に息づいています。

例えば、本土の結婚式では親族席は新郎新婦から最も遠いのが普通ですが、沖縄では最前列に両親や兄弟が座る習慣があるんです

これは、先祖や家族を大切にする沖縄ならではの仕来りで、結婚式だけでなく冠婚葬祭全てにおいて本土とは違った風習があります。

因みに、沖縄の結婚式は招待客が200~300人という大規模なものも珍しくなく、余興にも並々ならぬ熱意を燃やすの沖縄の人の特徴です。

結婚式の余興は豪華な舞台で、「かじゃでぃ風」という琉球舞踊で厳かに始まり、上の動画のカチャーシーを皆で踊りシメとするのが定番なのだそうですよ。

スポンサードリンク

沖縄といえば代表的な歌や音楽は?

沖縄といえば伝統の琉球音楽!

参照元URL:https://youtu.be/mfSA_mZs_ek

沖縄といえば、独特の音階を持つどこか懐かしい響きの 琉球音楽も多くの人の心の琴線に触れる伝統文化ですよね。

神様に捧げる歌が起源とされる沖縄の音楽には、大きく分けて民衆のための沖縄民謡と貴人たちのための宮廷音楽があり、それぞれ今も伝統文化として残っています。

三線、琴、上、太鼓などで奏でられる宮廷音楽は雅な趣きある琉球音楽で、今日でも沖縄の神前結婚の際に演奏される事があるそうです。

また、三線に合わせて歌われる琉球民謡は、哀愁を帯びた独特の節回しが今も人々の中に根付く音楽のジャンルですね。

沖縄といえばポップ音楽も人気のジャンル!

参照元URL:https://youtu.be/hiK0oehes2c

伝統音楽だけでなく、沖縄といえば ポップミュージックでも多くの名曲があり、日本の音楽界を代表する人気ジャンルとして親しまれていますよね。

沖縄音楽には、BWGINの「島人ぬ宝」、The Boomの「島唄」、かりゆし58の「アンマー」、成底ゆう子さんの「ダイナミック琉球」など新旧の名曲がそろっています。

目を閉じて音楽に耳を傾けると美しい沖縄の海と空が思い浮かぶ琉球ソングは、老若男女を問わず人気の音楽のジャンルとなっています。

沖縄といえば食べ物やグルメは何?

沖縄といえば沖縄そば!

沖縄といえばバラエティ豊かなご当地グルメも要チェックですが、中でも 沖縄そばは沖縄のソウルフードともいえる食べ物です。

ブタ骨やカツオだしのスープに小麦粉の麺、ブタの三枚肉のトッピングなどが特徴の沖縄そばは王道のご当地グルメですよね。

県内に300軒ほどある沖縄そばのお店ですが、石垣島の八重山そば、宮古島の宮古そばなど地域色豊かなので旅行で食べ比べるのも楽しいですよ

ところで、沖縄そばは現地で楽しむ他、お取り寄せでも楽しむことができ人気があります。

上記の沖縄そば5食セットは、お好みの麺が5種類から選べる人気の沖縄グルメで、お家で本格的な沖縄グルメが楽しめおすすめです。

沖縄といえばアグー豚!

沖縄といえば、豚肉を使った料理が多い事でも知られていますが、 沖縄在来種のアグー豚は、抜群の味わいで大人気の食べ物です。

とろけるような柔らかな肉質とジューシーで甘みのある脂身が特徴のアグー豚は生産量が限られるためプレミアム豚として人気なんです。

沖縄を訪れた際はぜひ味わいたいアグー豚ですが、産直の通販商品でも良質のものがお求めになれおすすめです。

上記のあぐー豚プレミアムしゃぶしゃぶセットは霜降りが美しい薄切り肉で、舌にのせた瞬間ふわっととろける絶品の味わいですよ。

沖縄といえば島野菜!

沖縄といえば、本土ではお目にかからない 島野菜も人気のグルメ食材ですね。

沖縄料理でも多用される島野菜は、味が濃厚で美味しいだけでなく栄養も満点で、現地で積極的に楽しみたいご当地グルメです

ところで、本土ではまずお目にかかる事のない貴重な島野菜ですが、産直の詰め合わせセットで気軽にトライする事ができるんです。

上記の美ら島野菜果物お任せセットは、旬の沖縄の野菜や果物の詰め合わせが届く産直パックで珍しい野菜や果物が楽しめおすすめです。

沖縄といえば定番のお土産人気ランキングは?

沖縄のお土産人気ランキング第1位:ちんすこう

沖縄といえば、琉球王朝時代から作られている伝統菓子ちんすこうが何と言っても王道のお土産ですよね。

小麦粉、砂糖、ラードが主原料の素朴な焼き菓子ちんすこうは様々な味が展開されていますが、最近人気なのが 上記の「雪塩ちんすこう」です。

宮古島産の海塩パウダーがブレンドされた雪塩ちんすこうは、3万アイテム以上ある楽天のクッキー部門1位獲得の大人気のお菓子なんです。

ほんのり甘い優しい味わいが癖になる大人気のちんすこうは、2個入りの個別パックなのでばらまきの沖縄土産にも最適ですよ。

沖縄のお土産人気ランキング第2位:紅芋タルト

沖縄といえば、地元産の紅芋を使ったスイーツも人気で、中でも紅芋タルトはちんすこうと並ぶ定番のお土産です。

上記の御菓子御殿の紅芋タルトは読谷村の村おこしの一環として開発されたお菓子で、一躍、沖縄を代表するお土産になりました。

厳選した紅芋を使ったこだわりのタルトは、自然な優しい甘さが人気のスイーツで沖縄土産でも要チェックの逸品となっています。

沖縄のお土産人気ランキング第3位:海ぶどう

沖縄といえば新鮮な海の幸が人気グルメですが、中でも海のキャビアとも呼ばれる海ぶどうはお土産としてもおすすめです。

プチプチっとした食感とほのかな甘みが特徴の珍味、海ぶどうは沖縄ならではのお土産をお探しならピッタリの逸品となっています。

上記の海ぶどうは30gの小鉢サイズのパックで、おつまみや副菜としても喜ばれるおすすめの沖縄土産ですよ。

スポンサードリンク

沖縄といえば人気の観光地は?

雨の観光にも最適の美ら海水族館!

沖縄といえば、美しい海以外にも多くの観光名所がそろっていますが、中でも 美ら海水族館は県内屈指の人気スポットです。

豊かな沖縄の海を再現した美ら海水族館の見所といえば、何と言っても世界最大級の大水槽が圧巻の「黒潮の海」です。

巨大な水槽を悠々と泳ぐジンベエザメやマンタは、まさに壮観の一言に尽きるので、沖縄観光ではイチオシの名所となっています。

亜熱帯の森が広がるガンガラーの谷!

沖縄といえば美しい海がまず思い浮かびますが、手付かずの自然が残る豊かな森も魅力満載でおすすめなんです。

城南市にある ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が自然に崩れできた亜熱帯の森で人気の観光地として注目されています。

本土とは一味違う景観が楽しめるガンガラーの谷は、神秘的な亜熱帯の自然が広がる要チェックの観光地ですよ。

尚、ガンガラーの谷はガイドツアー参加でのみ来訪可能なので詳細は公式HPでチェックしてみて下さいね。

琉球王朝の栄華を今に伝える首里城!

沖縄といえば、琉球王朝の栄華を今に伝える 首里城公園も人気の高い観光地の一つです。

ユネスコの世界遺産にも登録されている首里城は、本土の伝統建築とは趣の異なる極彩色の宮殿で守礼門や正殿など見所たっぷりですよ。

また、首里城公園では一年を通じで様々なイベントも開催されているので、沖縄観光でも要チェックの名所となっています。

爽快なドライブにピッタリの海中道路!

沖縄といえば、島と島をつなぐ大きな橋も代表的な景観の一つで、爽快感抜群のドライブが楽しめおすすめなんです。

中でも、沖縄本島のうるま市の与勝半島と平安座島を結ぶ 海中道路は全長約4.7㎞の海の中をつっきる直線道路で観光客にも大変人気があります。

道の中間地点に設けられたロードパークには物産館やレストランもあり、レンタカーでの沖縄観光ならイチオシのスポットですよ。

沖縄といえば魅力たっぷりの美しい島!

沖縄の方言で可愛いのは?日常会話や告白のセリフと若者が使う言葉は?

沖縄の旧正月の期間は?料理や食べ物、祝い方や過ごし方は?

JALのどこかにマイルの行き先で沖縄や奄美大島を表示させる方法!結果は?

沖縄のユタってどんな人?占いとの違いは?本物に会ってきた!

タコライスの食べ方は混ぜるの混ぜないの?人気のソースやアレンジも

という事で、沖縄といえば、をテーマに、天気や食べ物、文化、県民性から観光地までまとめてご案内いたしました。

美しい海と美味しい食べ物、温かい人々が迎えてくれる沖縄の魅力を理解する手立てとして少しでもお役立ていただければ幸いです。

以上、「沖縄といえば?食べ物やお土産、人気の観光地から言葉や歌に天気まで総まとめ!」を紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. カラコン 売ってる場所
  2. おかん プレゼント

スポンサードリンク








プライバシーポリシー