シュノーケリングはコンタクトでできる?視力が悪い場合の対処法は?

この記事は5分で読めます

旅先などで気軽に楽しむことができる海中スポーツとして、シュノーケリングが人気を集めています。

ライセンスを取得する必要がなく、小さなお子様も気軽に楽しむことができるのが人気の理由のひとつです。

そんな人気が高い海中スポーツのシュノーケリングですが、普段 コンタクトを利用している人は、そのまま楽しむことができるのか、外したほうがいいのか気になっている方が多いようですね。

シュノーケリングをする時は、マスクを着用するので大丈夫な気もしますが、水が入ってきてしまう可能性も。

そこで今回は、コンタクトを利用している方へのシュノーケリング情報や、コンタクトをしている方向けのシュノーケリンググッズを紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

シュノーケリングはコンタクトでできる?

シュノーケリング コンタクト

普段コンタクトを使用している方は、シュノーケリングする時はコンタクトを外して参加したほうがいいのか?ということが気になりますよね。

実は、水の中にいると「水がレンズの役割」を果たしてくれ、物の大きさが普段の1.25倍になって見えるんです。

ですから、0.2ほどの視力の方でも、普段より視界が良くなるため、コンタクト無しでシュノーケルを楽しむことができるというわけです。

コンタクトをしないほうが快適にシュノーケリングを楽しめそうですよね。

ですが、いつもコンタクトしているから、どうしてもコンタクトをしないと落ち着かない…とか、0.2以下の視力だから不安…という方は、コンタクトをつけたままのほうがいいでしょう。

ただ、水中で楽しむスポーツですから、どうしてもコンタクトが外れやすくなります。

コンタクトをつけたままシュノーケリングに参加するという場合は、 水中メガネを使用することをおすすめします。

シュノーケリングをする時におすすめのコンタクトについては後ほど紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

裸眼で歩ける程度の視力があればコンタクトなしでもOK

シュノーケリング コンタクト

どうしても視力に不安がある方は、さきほど述べたようにコンタクトをつけても構いませんが、ハードレンズはとても高価だったり、ソフトレンズはバクテリアや汚れを吸着しやすかったりします。

普段、コンタクト無しでも裸眼で歩けるという方は、コンタクト無しでシュノーケリングに参加しても大丈夫

裸眼で水に入ってみると、思ったより視界が良いと思いますので、コンタクトが無くても大丈夫と感じるのではないでしょうか。

一度試しに 裸眼で入ってみてから、コンタクトをつけるかどうか考えてみるといいかもしれませんね。

シュノーケリングは使い捨てのソフトコンタクトで

シュノーケリング コンタクト

どうしてもコンタクトを装着しないと不安…という方は、使い捨てタイプのソフトコンタクトをおすすめします。

使い捨てタイプなら、水中メガネの隙間から水が入ってきて、もしコンタクトが流されてしまったとしても、すぐに付け替えれば OKです。

ソフトタイプは汚れやバクテリアがつきやすいのですが、使い捨てコンタクトなら気軽に取り替えることができますね。

スポンサードリンク

コンタクトでシュノーケリングする時の注意点

シュノーケリング コンタクト

コンタクト無しでは、シュノーケリングを存分に楽しむことができない!という方は多いと思います。

先程、コンタクトを付けたままシュノーケリングをするなら、ソフトタイプのコンタクトをおすすめしましたが、他にも注意点がいくつかありますので、まとめてみました。

正しくマスクを着用する

まず、コンタクトを着用したままシュノーケリングを楽しみたい場合は、正しくマスクを着用することがとても大事です。

コンタクトをしていない方でも大事な注意点なのですが、正しく着用できていないと、水が中に入ってきて危険な状態になってしまいます。

マリンスポーツに慣れていない方は、水が入ってくることによって パニックになり、そんなに深くない場所で溺れてしまうということになりかねません。

初心者の方は、マリンスポーツに慣れた人にレクチャーしてもらうなどして、正しくマスクを着用したうえで安全に楽しむのがベストです。

コンタクトがずれても慌てずに対処

シュノーケリングを楽しんでいると、気をつけていても水中メガネの中にが入ってきてしまうものです。

目に水が入ってコンタクトがずれてしまうこともあると思いますが、慌てずに対処することが大事です。

水の中で慌てると、溺れてしまう可能性があり、非常に危険です。

焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いてゆっくり陸に上がって、新しいコンタクトに取替えてくださいね。

シュノーケリングをする時は、「水が入ってきてコンタクトがずれてしまうこともある」と心構えしておくと冷静に対処できると思いますよ。

シュノーケリングをしたらコンタクトは新しいものにする

使い捨てのコンタクトレンズは、朝つければ寝る前までつけていてOKと思われるかもしれませんが、シュノーケリングの度に付け替えてくださいね。

水の中には目に見えない汚れやバクテリアがたくさん浮かんでいます。

知らない間にコンタクトにこれらが吸着していますので、シュノーケリングが終わるごとに取り替えて、 清潔な状態をキープすることをおすすめします。

スポンサードリンク

予備の使い捨てコンタクトを用意しておく

海の中には、目に見えない汚れやバクテリアがたくさん浮かんでいますので、旅先などで何度もシュノーケリングを楽しみたいという方は、予備のコンタクトを用意しておくと安心です。

汚れたコンタクトを付けたままにしておくと目に悪いですので、朝つけてそのままの状態というのは避けたほうがいいでしょう。

また、水で流されることもあるかもしれませんので、そんな時のためにもコンタクトをたくさん持参しておくと安心です。

ここからは、コンタクトレンズが無くてもシュノーケリングを楽しむことができる 便利グッズを中心に紹介していきますね。

趣味にするなら度付きのシュノーケリングマスクを

【2018年モデル入荷待ち】[度付きレンズ付セット!マスクケース付き!]PROB…

旅先の想い出作りや友人の誘いで1回限りのシュノーケリングを楽しむという方以外に、趣味にしたいというコンタンクト愛用者の方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、度付きのシュノーケリングマスクです。

シュノーケリングマスクのレンズに度が入っているので、コンタクトが無くても楽しむことができるんです。

このシュノーケリングマスクを着用すれば、コンタクトがずれる心配も流されたり汚れることも無く、 ストレスフリーで楽しむことができますよ。

趣味で頻繁にシュノーケリングをするという、コンタクト利用者の方にベストなアイテムです。

また、普段メガネしか使用しないのでコンタクトは怖い…という方にもおすすめです。

こちらのシュノーケリングマスクは、8カラーも揃っているので、お気に入りのカラーが見つかるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

取り付け簡単のシュノーケル用レンズ

【あす楽対応】 フレームとレンズ2個 REEF TOURER 【RA0509】水…

次に紹介する便利グッズは、自前のシュノーケリングマスクやレンタルしたマスクに簡単に取り付けることができる「シュノーケリング用のレンズ」です。

希望の度数のシュノーケリングレンズをマスクに取り付ければ、度付きのシュノーケリングマスクに早変わりするんです。

大人から子供まで使用可能というところも ポイントです。

普段メガネしか使わない方もこのレンズを取り付けるだけで、シュノーケリングに気軽に参加できます。

コンタクト無しで楽しみたいという方はチェックしてみてくださいね。

水中メガネの度付きもおすすめ

水中ゴーグル(度付きセット)SPALDING-FO-1,調整ベルトで【子供用(キ…

コンタクト無しでシュノーケリングを楽しむための便利アイテムとして、度付きの水中メガネというものもあります。

シュノーケリングをする時にはもちろん、スポーツジムで使うこともできますので、1つ持っておくとかなり使えるのでは?と思います。

また、大人から子供まで サイズフリーなので、お子様のプールの授業で使うという方法もありますね。

シュノーケリングならラッシュガードで日焼け対策

ラッシュガード レディース ≪365日品質保証≫【土日祝も出荷】★30日返品交換…

シュノーケリングを充分に楽しむためには、日除け対策を完璧にしておきたいですよね。

日差しを気にしながらだと、せっかくのシュノーケリングの楽しみも半減してしまうと思います。

シュノーケリングをする時に着るのにおすすめなのが、 ラッシュガードです。

ラッシュガードを着ておけば、強力な日差しをカットしてくれますし、肌をあまり露出したくない方も、シュノーケリングに集中することができると思います。

また、海などの自然の場所には虫が多いものですが、虫指されからも肌を守ってくれます。

シュノーケリングだけじゃなく、ウォーキングやガーデニングなど普段の生活にも活躍してくれますよ。

見た目にもおしゃれですし、1つで何役もこなしてくれるので、1つは持っておきたいアイテムとしておすすめです!

シュノーケリングでコンタクトはできる?のまとめ

シュノーケリング コンタクト

→ナイトプールがある札幌や北海道のスポット!あると便利な持ち物は?

→東京の安いナイトプールはどこ?値段ランキングベスト3!

→ナイトプールがある札幌や北海道のスポット!あると便利な持ち物は?

→千葉でナイトプールが楽しめるスポット!あると便利な持ち物は?

→横浜周辺でナイトプールが楽しめるスポット!

コンタクトをしたままでも注意点に気をつければシュノーケリングを楽しむことができますし、コンタクトを着用しなくても楽しむことができる便利グッズがたくさんあるんですね。

また、シュノーケリングを楽しみながらも日焼け対策がきちんとできていれば、後々後悔することもなく安心してエンジョイすることができるでしょう。

体はラッシュガードで日差しをカットして、顔には 日焼け止めを塗れば完璧だと思います。

準備を万全にして、気軽に海や魚達と触れ合えるシュノーケリングを存分に楽しみ、最高の想い出作りをしてくださいね!

以上、「シュノーケリングはコンタクトでできる?視力が悪い場合の対処法は?」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. パチンコ 何歳から
  2. 色紙 飾り方

財布を寝かせて金運アップを目指すならコレ!

スポンサードリンク








プライバシーポリシー