松本ぼんぼんの歌詞と意味が気になる!歌手は有名なあの人だった!

この記事は3分で読めます

長野県松本市で行われる「松本ぼんぼん」は松本の夏の一大イベントで、地元の人に愛されるお祭りでもあります。

「松本ぼんぼん」という歌に合わせながら、市内を地元企業や小学校のグループが威勢のいい掛け声とともに踊るこのお祭り。

ぼんぼんって一体何なのでしょうか?由来が気になりますね~。

今回は「松本ぼんぼんの歌詞と意味が気になる!歌手は有名なあの人だった!」についてまとめていきます。

スポンサードリンク

歌詞と踊りの全容

松本ぼんぼんは1番から4番まであり、全部で3分程度です。

それでは歌詞をチェックしていきましょう。

【1番】
夏が ぼん ぼん
安曇野に
りんごこなしの 花咲けば
霧がながれて 髪ぬらす
信濃の娘の 髪ぬらす
堤燈ともした
松本 ぼん ぼん
ぼん ぼん 松本 ぼん ぼん ぼん×4回

【2番】
松本 ぼん ぼん
城のまち
山にみどりの 風吹けば
杉っぱ 青っぱ 青山さまが
堀のむこうから 町のつじ
どっこい じんじょ
どっこい じんじょ
ぼん ぼん 松本 ぼん ぼん ぼん×4回
どっこい どっこい じんじょ×8回

【3番】
蛍 ぼん ぼん
せゝらぎに
逢うて別れて 女鳥羽川
お城くろけりゃ 闇なお暗い
わたしの明かりじゃ なお暗い
堤燈ともした
松本 ぼん ぼん
ぼん ぼん 松本 ぼん ぼん ぼん×4回

【4番】
月が ぼん ぼん
山の尾根
筑摩深志の 里照らす
まわり山なら 峠みち
遠い町まで かよいたい
提燈ともした
松本 ぼん ぼん
ぼん ぼん 松本 ぼん ぼん ぼん×4回
どっこい どっこい じんじょ×6回
わーい わーい わーい

松本城や安曇野、女鳥羽川などの地名が歌詞に入っていて、ご当地ソングの要素がとても強いですね。

実際のお祭りでは21分間が一区切りとなっていて、休憩をはさみながらそれを7回繰り返していきます。

松本ぼんぼんは踊りのコンクールでもあり、最近では300以上のグループが参加し総勢2万人もの人が踊りを披露します。

踊りは1~4番まで同じ振付で盆踊りとは違い、テンポは速め。

振付を変えることはルール違反なので、正しい踊り方を覚えましょう。

繰り返しが多いので誰でもすぐに覚えることができますよ。

踊り方の動画はこちらです。

ぼんぼんの意味は?

「松本ぼんぼん ぼんぼん松本ぼんぼんぼん」のフレーズが耳から離れませんよね。

「ぼんぼん」の意味が気になりませんか?

調べてみると、松本地方で昔から伝わる女の子の伝統行事「ぼんぼん」が由来なんだとか。

「ぼんぼん」は夏に行われる行事で、女の子が浴衣姿になり頭には紙で作った髪飾り、そして提灯をぶら下げます。

「ぼんぼんとても今日明日ばかり、あさっては山のしおれ草」と歌いながら町内を練り歩く姿はとても可愛らしいですね。

元々は先祖の霊を慰める行事だったとも言われています。

地元の伝統文化が形を変えて「松本ぼんぼん」になり、夏の一大イベントに成長しました。

スポンサードリンク

歌手は有名なあの人だった!

松本ぼんぼん 歌詞

松本ぼんぼんは4番まであり、1・3番は女性の声、2番は男性の声、4番は混声となっています。

女性の声は前川陽子さんが担当。

聞き馴染みのある声だと思うのですが、実は有名な声優さんでささきいさおさんや水木一郎さんと並びNHKのアニメソング四天王と呼ばれるほどのお方なんです。

「ひょっこりひょうたん島」「魔法使いサリー」「キューティーハニー」のテーマソングが代表曲!

誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

CMソングも担当していて、「かっぱえびせん」「炊飯電子ジャー 炊きたて」の声も前川さんなんです。

2番の男性の声はオペラ歌手の大野徹也さんが担当。

福岡県出身のテノール歌手として国内外問わず活躍されていた方です。

「松本ぼんぼん」は日本的な曲調ですが、大野さんのテノールボイスがあっていますね。

歌も踊りも自然と覚えちゃう!

踊り手は2万人以上で見物客は20万人もの人出で賑わう松本ぼんぼん。

3時間にわたり何度も繰り返されるので、全く知らない人でも帰るまでには覚えることができます。

普段はおとなしい松本の人ですが、この日ばかりは熱く揃った踊りを繰り広げてくれます。

是非一度訪れてみたいですね。

以上、「松本ぼんぼんの歌詞と意味が気になる!歌手は有名なあの人だった!」についてまとめました。

こちらの記事もどうぞ!
松本ぼんぼん2016の日程や交通規制について!視聴率は80%?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 節分 豆まき 時間帯
  2. 苅田山笠 2016
  3. だらだら祭り 2016
  4. 大山とうふまつり 2017
  5. 節分 豆まき 時間帯
  6. でちこんか 2016
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

2003年1月
    5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031