ロングスカートが似合わない!太って見える方や低身長の対処法、着こなしのコツは?

この記事は5分で読めます

皆さんのクローゼットには、ロングスカートはありますか?

下半身の体型をゆるっと包み込み、スタイル良く見せてくれる万能アイテムです

パンツよりも楽に着られるし、程よく女性らしさも出せるので、1枚持っておくと重宝しますよね。

そんなロングスカート、「太って見えるから似合わないの…」と苦手意識を持っている人も多いようです。

今回は、そんな苦手意識を無くしてもらうために、ロングスカートが似合わないときの対処法や、着こなしのコツについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ロングスカートが似合わない人の特徴は?

ロングスカートが似合わない特徴:ぽっちゃり体型

ロングスカートが似合わないと苦手意識を持っている人が多いのが、ぽっちゃり体型の人です。

「ロングスカートを穿くと、ずんぐり体型に見えてしまうから似合わない」

そんな悩みを抱えているぽっちゃり体型の方、多いのではないでしょうか?

たしかにぽっちゃりさんがロングスカートを穿くと、下半身にボリュームが出てしまい、更に太って見えてしまうから似合わないなんてことがあります。

ぽっちゃり体型の人は、下半身をほっそりと見せてくれるようなロングスカートを選ぶことが大切です。

ロングスカートが似合わない特徴:低身長


背が低い人の中でも、「ロングスカートはちんちくりんに見えるから似合わない」と感じている人は多いでしょう。

身長が低いと「自分には似合わない服が多い」と自分の体型をコンプレックスに感じ、コーディネートの選択肢を狭めてしまいがちです。

でもそれって、とても勿体ないことだと思うんです。

たしかに着こなしや合わせ方によっては、ちんちくりんに見えてしまうこともあるかもしれません。

でも、背が低い人には背が低い人にしかできない素敵な着こなしがたくさんあります!

似合わない最大の原因は 、自分の身長や体型に合った服を選べていないからなのかもしれませんよ。

ロングスカートも、低身長の方におすすめな形や素材を知っていれば、むしろスタイルアップさせることもできます。

私は、低身長の方にこそスタイルアップができるロングスカートを是非着て欲しいと思っています!

アパレルのショップ店員をしていた時も、背が低い方に似合うロングスカートをおすすめしていましたよ。

選び方のポイントは、のちほど紹介したいと思います!

ロングスカートが似合わない特徴:足が短い

足が短いという悩みを持っている人は、ロングスカートを穿くことで更に足が短く見えてしまうことがあります。

だからこそ、「ロングスカートなんて似合わない」と苦手意識を持ってしまっている人が多いかもしれませんね。

ロングスカートを穿くことで足が短く見える理由としては、腰の位置がはっきりと分かってしまうからです。

ロングスカートを穿いた位置が腰の位置と認識されるので、元々足が短いと悩んでいる人が正しい腰の位置で穿いてしまったとき「足の短さが目立ってしまう」なんてことになってしまうのです。

だとしたら、ハイウエストで穿けば良いのでは・・・?と思った方は勘が良いですね。

ハイウエストで穿くことで「足が短く見えるから似合わない」という悩みについては、なんだか解決できそうな気もしますね。

スポンサードリンク

ロングスカートが似合わない体型と対処法は?

ロングスカートが似合わない体型と対処法:低身長1

背が低い人がロングスカートを穿く際におすすめなのが 暗めのカラーを選ぶことです。

明るめのカラーのものや柄物などを着用すると、目線がロングスカートの方にいってしまうので、ロングスカートに着られている感が出てしまいます。

着られている感が出てしまうと、上半身と下半身のバランスが悪く見えて、ロングスカートが似合わない印象になってしまうのです。

それを防ぐためにも、ロングスカートを選ぶときは暗めのカラーを選び、下半身に視線が集中しないようにしましょう。

さらに、トップスに明るめカラーのものを取り入れることで自然と目線が上にいくので、スタイルアップ効果が期待できます。

他にも、袖にボリュームがあるデザインのものや、コンパクトなシルエットの物を選ぶと、目線がより上半身に集まり、スタイルが良く見えるようになります。

視線をを上の方に集めるという意味では、髪の毛をアップにしたり、帽子をかぶるという手もあります。

是非試してみてくださいね。

ロングスカートが似合わない体型と対処法:低身長2

背が低い人に、もう一つおすすめしたいのロングスカートがあります。

それは、プリーツの入ったロングスカートです。

プリーツのロングスカートは縦のラインが強調されるので縦の視覚効果で、背が低くてもすらっとスタイルが良く見えます。

また、てろんとした程よい落ち感のあるデザインで、細見え効果も抜群ですよ。

こちらのプリーツスカートは、丈が2種類から選べるというのもおすすめのポイントです。

プリーツの入ったロングスカートは、きれいめ・カジュアルのどちらでもシーンを選ばず幅広く使えるので1枚は持っておきたいアイテムです。

また、背が低い人はコーディネートに関わらず子供っぽく見られがちですが、歩くたびにひらっと広がるプリーツが、大人の女性らしさを演出してくれます。

楽天さんからこちらの商品を提供いただきました。

150㎝と小柄な体型の私が着るとちょっと大きめなサイズですが、さらっとした生地感のプリーツが縦長効果を演出してくれています。

丈が短めのトップスを着ることでコーデのバランスが取れますし、プリーツスカートは一枚着るだけで女性らしい着こなしになりますよ。

ロングスカートが似合わない体型と対処法:足が短い

足が短いという悩みがある場合は、ロングスカートを穿いたときでも、少しでも足が長くスタイルアップさせて見せたいですよね。

足を長く見せ、なおかつスタイルアップさせて見せるために覚えておいてもらいたいのが、ハイウエストで穿くということです。

通常の腰の高さよりも高い位置で着用することによって、胴は短く・足は長く見せる効果があります。

さらに、ベルトなどで腰をマークすることでも、腰の位置の高さを強調することもできますよ。

着こなしのポイントを知っておくだけで、「似合わない」という悩みをすぐに解消できます。

スポンサードリンク

ロングスカートで太って見える時の着こなしのコツは?

フレアタイプのロングスカートにする

「ロングスカートって太って見えて似合わないからイヤ」

そんなふうに思っている人も多いですよね。

そんな「太って見えて似合わない」という悩みを解決してくれるのが、ほどよく落ち感のあるフレアスカートです。

広がりすぎずすっきりとした女性らしいシルエットで、気になる部分をさりげなくカバーしてくれる万能選手です。

また、太って見えてイヤという人は、足首をさりげなく見せるのも細見えさせるポイント。

足首の細い部分がロングスカートの裾からちらりとのぞくと、ほっそりとした印象になります。

トップスインで着る

ロングスカートを穿くときは、トップスインするだけで、スタイル良く見せることができるんです!

トップスをインして着ることで、「足が短いから似合わない」という悩みを解決するときと同じように、腰の位置を高く見せ足を長く見せる効果が期待できます。

腰の位置が高くなることで、ほっそりとスタイルアップして見せることが叶います。

タイトなシルエットのものを選ぶ

タイトなシルエットのロングスカートを選ぶというのも、ほっそりとスタイル良く見せるという意味では効果的です。

このロングスカートは後ろにスリットが入っているので、ちらっとのぞく足が女性らしく、細く見せてくれます。

また、スリットがあることで「動きやすい」というメリットもあります。

ニット素材なのでしっかりと伸びますが、下半身のシルエットを拾いすぎることなく、女性らしいスタイルを実現してくれるスカートとも言えます。

タイトなシルエットの女性らしいロングスカートに挑戦することで、ロングスカートが似合わないなんて悩みからおさらばしちゃいましょう。

スポンサードリンク

季節別におすすめなロングスカートは?

春夏におすすめなロングスカート

オールシーズン着用可能なロングスカートですが、季節や気温に応じて 素材の違いで季節感を楽しみたいものですよね。

季節感を意識していないといくら着こなしのコツを知っていても「なんだか似合わないな…」なんてことにも。

まず、春夏におすすめしたいのが、綿麻混素材のロングスカートです。

足に絡みつくような感じが全く無く、気温が上がってきて汗ばみがちな春夏シーズンでもさらっと涼しく着用ができます

また、ナチュラルな印象でリゾートコーディネートにもぴったり。

カラーバリエーションも豊富で、選ぶのもわくわくしてしまいそうですね。

春夏シーズンに1枚は必ず持っておきたい、大活躍間違いなしのロングスカートです。

秋冬におすすめなロングスカート

秋冬におすすめなロングスカートは、着るだけで温かい裏起毛素材のもの。

まるで毛布を身にまとっているかのような温かさです!

毛布にくるまれているなんて想像するだけで幸せすぎますよね。

冷え性で悩んでいる人は足元から冷えてしまいがちですが、この裏起毛素材のワンピースは足元から温めてくれるのでおすすめです。

おうちの中で過ごす、リラックススタイルとしてもぴったりですね。

スポンサードリンク

ロングスカートが似合わないなら体型にあったものを

→スキニーは裾上げする・しない?おしゃれな着こなし方、丈の長さは?

→テーパードパンツが似合わない体型は?着こなしのコツやコーデの例!

→タートルネックが似合わない原因は?骨格や体型別に着こなしのコツも!

→タートルネックの折り方は?首元の折る回数やおしゃれな着こなしは?

→パンプスは素足で履くの?おすすめなストッキングや靴下と臭い対策は?

「ロングスカートが似合わない」と悩んでいる人も、体型にあったものを選べば、似合わないという悩みを解消できるだけでなく、スタイル良く見せてくれる万能アイテムとなります。

オールシーズンで穿くことができるロングスカートを、毎日のコーディネートに取り入れてもっとおしゃれを楽しみましょう!

以上、「ロングスカートが似合わない!太って見える方や低身長の対処法、着こなしのコツは?」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 組体操 曲

スポンサードリンク








プライバシーポリシー