薬局で見かけることのある ミョウバン。

日常的にミョウバンを使っている人でなければ、ミョウバンの使い道や用途を説明できる人は少ないと思います。

ミョウバンは、 家中の掃除から臭い対策まであらゆる使い道がある万能アイテムなんですよ。

今回は、ミョウバンのあらゆる使い道や用途についてまとめてみました。

ミョウバンの使い道の多さを知ったら、直ぐに欲しくなるはず。

家に残っているミョウバンがある人は、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

ミョウバンの使い道や用途~キッチン~

包丁・まな板の消臭

まず最初に紹介するキッチンでのミョウバンの使い道は、 包丁・まな板の消臭です。

魚やたまねぎ、にんにくなどを切った後の包丁やまな板に、いやーな臭いが残ることはありませんか。

しっかり洗えていないと、翌日になっても臭いが残ってしまうことも。

そんな時には、ミョウバンを100mlの水にミョウバンを5グラム溶かし、ペーパータオルなどに浸してから包丁やまな板を拭くと、臭いを取り除くことができるんです。

臭い取りのために塩素系漂白剤で除菌するのも手間がかかり、安全とは言い難いですよね。

ミョウバンなら安全で簡単に臭い取りができるので、普段の片づけにプラスするのがおすすめですよ。

生ごみの消臭

ミョウバンの消臭効果を応用して、 生ごみの消臭としての使い道もできます。

ミョウバンを水で薄めて、生ごみに直接吹きかけます。

ミョウバンの消臭効果によって、生ごみの嫌なにおいを防ぐことができるんですよ。

ミョウバンの使い道はキッチンの生ごみだけでなく、リビングのゴミの臭いが気になる時にも使えます。

ミョウバンをコップやジャムの空き瓶などに入れ、ガーゼで覆ってゴムで止めます。

このミョウバンをゴミ箱の中に入れておけば、即席消臭剤のできあがりです。

家中の嫌なにおいをミョウバン一つで解決することができますよ。

食器洗い

次は、 食器洗い用洗剤にミョウバンを混ぜる使い道について紹介します。

普段の食器洗いで食器に臭いが残ってしまうことはありませんか。

2度洗うのも手間になって、色々と面倒ですよね。

そんな時には 食器洗い洗剤に少量のミョウバンを混ぜて洗うことで、食器の臭い残りを防ぐことができるんです。

毎回ミョウバンを使って食器洗いをしなくても、魚料理や餃子など臭いが残りやすい料理をしたときだけ使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

やかんの洗浄

次に紹介するミョウバンの使い道は、 やかんの洗浄です。

やかんはお湯を沸かすだけに使うことがほとんどなので、毎回中までしっかり洗っている人は少ないんです。

やかんを使った後は水で軽く洗い流すだけだったり、そのまましまってしまうなんて人もいると思います。

でも、水垢汚れが溜まってやかんの中はとても汚くなっているかもしれませんよ。

そんな時は、やかんに水とミョウバンを入れ、沸騰させます。

そのまま一晩おいておけば翌日にはピカピカになっていますよ。

ただ、アルミ素材のやかんは変色してしまうことがあるので、使用は避けてくださいね。

コーヒーメーカー清掃

最後に紹介するキッチンでのミョウバンの使い道は、 コーヒーメーカー清掃です。

コーヒーメーカーって細かい部品が多くて洗うのに一苦労ですよね。

でも、ミョウバンを使えば細かい管の中までしっかり掃除することができるんですよ。

やり方は、コーヒーメーカーの普段お湯を入れているところへ水と少量のミョウバンを溶かしたものをセットするだけ。

あとは普段通りコーヒーメーカーを稼働させれば、ミョウバンがコーヒーメーカーの細い管を通って隅々まで掃除してくれるんです。

ミョウバンで綺麗にしたあとは、水で1~2回稼働させて残ったミョウバンを洗い流すようにしましょう。

万が一少量のミョウバンが残ってしまってもミョウバンなら安心ですよね。

スポンサードリンク

ミョウバンの使い道や用途~掃除・洗濯~

生乾き臭予防

柔軟剤の代わりにミョウバンを5グラム入れるだけで、 生乾きの臭いが出にくくなります。

また、夏の暑い時期には汗の臭いも気になりますが、ミョウバンを柔軟剤代わりに使うことで、汗の臭いも予防してくれるんです。

洗濯機の種類によっては、ミョウバンが溶けずにに凝ってしまうことがあるので、ミョウバン5グラムを水50ml~100mlに溶かしてから入れると良いですよ。

ミョウバン自体に香りはないので、香りが欲しいという人は、お気に入りの柔軟剤と併用して使うのがおすすめです。

好きな香りに包まれながら、嫌な香りだけ防ぐことができますよ。

洗濯槽掃除

次に、 洗濯槽掃除の使い道について紹介します。

洗濯槽の水を低水位まで入れ、ミョウバンを20グラム入れて撹拌します。

1時間ほど置いたらすすぎをして洗濯槽掃除の完了です。

洗濯槽掃除には、塩素系の漂白剤を使うことが多いですが、ミョウバンは安全なものでできているので、漂白剤を使うよりも安心ですよね。

洗濯槽のカビは見えない内側に繁殖します。

普通に見ただけでは何も変化がなくても、見えないところにカビが繁殖しているかもしれません。

月に1度、定期的に洗濯槽の掃除を行うようにしましょう。

風呂のカビ掃除

ミョウバンは風呂の カビ掃除としての使い道もあるんですよ。

ミョウバン50グラムに対して1リットルの水を入れ、ミョウバンを溶かします。

できたミョウバン水を気になるカビにつけて、歯ブラシでこすれば綺麗にカビを落とすことができます。

頑固なカビにはミョウバンを吹きかけて、蒸発防止のラップをかけて30分から1時間ほど放置します。

時間が経ったら歯ブラシでこするとカビが落ちやすくなっているはずです。

ミョウバンにはカビを予防する効果も期待できます。

普段の風呂掃除の後にミョウバンを薄めた水をシュッシュッと吹きかけておけば、カビ予防としての使い道もできますよ。

水垢掃除

次に紹介するミョウバンの使い道は、 水垢掃除です。

浴室や脱衣所、キッチンなどの水回りは吹き上げをしないとすぐに水垢汚れがついてしまいますよね。

そんな時にミョウバンの出番です。

カビ掃除と同じようにミョウバンを薄めた水を水垢が気になる部分に吹きかけて、歯ブラシやスポンジでこすると水垢を綺麗に取ることができます。

頑固な水垢汚れには、ミョウバンを吹きかけてしばらく置いておくと効果的ですよ。

また、日常生活でも水周りをこまめに拭くクセをつけることで、水垢を防ぐことができます。

水周りを使ったら、こまめにタオルで拭くようにしましょう。

雑巾の消臭

最後に紹介する掃除、洗濯でのミョウバンの使い道は、 雑巾の消臭です。

家中を掃除した後の雑巾は、あらゆる雑菌がついてとても不衛生。

他の洗濯ものと洗いたくないからとそのまま放置しておくと、嫌なにおいがしたという経験をしたことはありませんか。

すぐに雑巾を洗わない時には、雑巾が浸るほどの水の中に少量のミョウバンを溶かし、雑巾をつけ置きしておけばミョウバンが雑菌を抑えて嫌なにおいを消してくれるんです。

これだけなら掃除の最後に大きな手間もかからずできそうですよね。

何度も使っているタオルや布巾に嫌なにおいがついてしまったときも、ミョウバンでつけ置きすれば臭い取りをすることができますよ。

スポンサードリンク

ミョウバンの使い道や用途~その他~

テープ剥がし

ガラスやプラスチックについたテープやシール剥がしにもミョウバンは使えるんですよ。

ミョウバンを薄めた水をティッシュペーパーなどに含ませ、剥がしたいテープの上に乗せておきます。

しばらく置いた後に軽くこすると綺麗にテープを剥がすことができるんです。

掃除や洗濯以外の使い道もあるなんて、ミョウバンは本当に優秀ですよね。

畳の変色予防

水で薄めたミョウバンを雑巾で濡らし、堅く絞った後に畳を拭きます。

たったこれだけで、ある程度の 畳の変色を防ぐことができるんですよ。

畳は水に濡れてしまうのはあまりよくないので、2週間か3週間に一度ミョウバンを使った畳の掃除をするのがおすすめです。

消臭もできて、お部屋がすっきり気持ちよくなりますよ。

足や靴の消臭

足の臭いが気になる時には、ミョウバンを入れた足湯に入るのがおすすめです。

ミョウバンの消臭効果によって、足に付着した臭いを取り除くことができます。

また、ミョウバンを薄めた水を靴の中にスプレーすれば、靴の臭い取りにもなります。

ミョウバンには衣類の消臭だけでなく、身体の消臭としての使い道もあるんですよ。

ミョウバンの使い道に困ったらミョウバン水を

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水の作り方

【用意するもの】

ミョウバン        50グラム

1.5リットルのペットボトル 1本

水            1リットル

 

【作り方】

1.1.5リットルのペットボトルに50グラムのミョウバンを入れる。

2.1の中に水道水を1リットル入れ、振ってミョウバンを溶かす。

 

ミョウバンスプレーが便利

作ったミョウバン水は、スプレーボトルに入れておくことで普段の掃除で使いやすくなります。

気になる生ごみにシュッ、魚を切った包丁にシュッ、部屋干ししている洗濯ものにシュッ。

ミョウバンスプレーをすぐ手に取れるようにしておくことで、ミョウバンの使い道が広がりますよ。

スポンサードリンク

おすすめのミョウバンアイテムをご紹介

薬用ミョウバンスプレー

ミョウバンの有名な使い道といえば、ワキガや足の臭い取りです。

薬用ミョウバンスプレーは、強力な消臭効果で口コミ評価がとても高いミョウバンアイテムです。

ミョウバンスプレーをつけて21時間経過しても消臭効果が持続できるほどの効果の高さ。

お風呂上がりの綺麗な状態でミョウバンスプレーを吹きかけるのが、効果を最大限発揮させるポイントです。

夜につけても翌日の夕方くらいまでは消臭効果をキープできますよ。

気になる人は、5日分からぜひ使ってみてくださいね。

ミョウバン柿渋石鹸

消臭効果の高いミョウバンと柿渋を配合した石鹸は、全身の消臭が期待できるアイテムです。

全身の臭いが気になるという人におすすめ。

もっちりとした泡で洗い心地も抜群です。

ミョウバン柿渋石鹸を使って全身の臭いケアをしてみましょう。

デオナチュレ

朝塗って夜まで続いちゃうがキーワードの デオナチュレ。

持続効果が長いので、仕事や学校に行っている間も消臭効果がずっと続きます。

スティックタイプなので簡単に塗れて、忙しい朝にも楽ちんですよ。

仕事の後に出かける用事がある時には、上から塗り直せばさらに長時間消臭ケアができます。

コンパクトなサイズなのでバッグに入れても邪魔になりませんよ。

色々なミョウバンの使い道を試してみよう

ミョウバンの使い道や用途について説明しましたが、いかがでしたか。

使い道を知らないミョウバンの新たな使い道を発見できたのではないでしょうか。

1つあれば家中、全身の消臭ケアができるので、とても重宝するはずですよ。

以上、「ミョウバンの使い道や用途とは?消臭・風呂・洗濯・掃除での使い方!」について紹介しました。

スポンサードリンク