年末年始にはおせちや年越しそばを食べて過ごしますよね。

これらには由来があって昔から食べられてきたものなんです。

お雑煮を必ず食べる方も多いと思うのですが、由来や意味をご存知でしょうか?

またお雑煮の食べるタイミングが分からないという方もいらっしゃるようです。

そこで今回は、お雑煮はいつ食べるのかと由来と地域の違いについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お雑煮を食べる由来や意味

新年になると年神様と言われる神様が高い山から降りてくると考えられています。

年末にはお餅をついて農産物や海産物をお供えする習慣があり、年神様にお供えした餅を家族で煮て食べることによって豊作や家内安全そしてこの1年間幸せになれるとされていました。

神様のチカラが宿ったお餅入りのお雑煮を食べることで、神様のチカラも体内に取り入れると信じられていたので縁起を担いだ食べ物でもあるわけです。

室町時代には武士の宴会の1品目にお酒のつまみとして餅入りのお雑煮を提供されていなのですが、庶民にとって米は高価な食べ物だったため代わりに里芋を入れていたそうですよ。

スポンサードリンク

お雑煮はいつ食べる?

お正月は美味しいものがたくさんあるので、お雑煮をいつ食べたらいいのかタイミングが分からないという方もいらっしゃいますよね。

皆さんはいつ食べていますか?

お雑煮はいつ食べるのか:アンケート結果

ある企業がアンケートをとりこんな結果が出ていました。

お雑煮 いつ食べる

参照元URL:https://pigeon.info/mamaenq/enq.cgi?id=22917

食べるタイミングはもっとばらつきがあるかと思いきや、1月1日元日の朝という回答が76%とダントツに高いですね!

私は大晦日に夜遅くまで起きているので、元旦は遅めに起きて朝昼兼用でお雑煮を頂くことが多いです。

お雑煮はいつ食べるのか:口コミ

他にも様々な意見があったので、みなさんの口コミをまとめてみました。

・元日の朝に食べるけど、残ってたら昼も夜も食べる

・朝食におせちと一緒に食べる

・北海道ではおせちは大晦日に食べるけど、お雑煮は年明けしてから食べる

・元日の初詣のあとに家族みんなで食べる

地域や家庭によって違うのでしょうね~。

ちなみにお正月の三が日は、お雑煮の中に入っている餅の数を毎日1個ずづ増やしていく縁起がいいと言われているんですよ。

スポンサードリンク

お雑煮のカロリーは?

毎日お雑煮を食べ続けるとは、カロリーが気になりますよね。

一般的な関東風お雑煮で角餅2個(100g)のカロリーは約290kcalで、関西風の白みそ仕立てだと少し高くなり320cal程度なんだとか。

美味しくてついつい食べてしまいがちですが、お正月太りには気を付けたいですね。

お雑煮は地域によって全く違う

お雑煮は地域によって全く違うので出身地が違う人と話してビックリしたなんて経験があるのではないでしょうか?

その地域の特産物を入れることが多く様々な具材が入れられていて、一般的な関東風とは違いかなり豪華なお雑煮です。

珍しいお雑煮を紹介していきます。

【新潟】鮭・いくら入り雑煮

【広島】牡蠣入り雑煮

【香川】あんこ餅の雑煮

【宮城】まるごとハゼ入り雑煮

どの地域も特色があって美味しそう!

お雑煮特化した食の祭典ができそうなくらい豊富な種類がありますね。

スポンサードリンク

お雑煮の具材で縁起を担いだものは?

お正月に食べられるお雑煮はおせち料理と同じく、縁起を担いだ具材が入れられています。

具材の由来を知ってから食べると、ちょっと得した気分になりますよね。

【関東】
・青菜をもちあげて食べ「名を上げる」

・小松菜と鶏肉を入れることから「菜鶏」→「名取り」

【京都】

・「人の頭になれるように」という意味から頭芋(かしらいも)を入れる

【関西】

・みず菜は「名を残す」

・花かつおは「勝利に導く」

おせち料理の具材は縁起物とよく聞きますが、お雑煮も同じく縁起を担いだ食材が使われていたとは知りませんでした。

お正月に親戚や友人と話しながらお雑煮を食べてみてはいかがでしょうか?

以上、「お雑煮はいつ食べるの?由来と意味や地域の違いは?」について紹介しました。

関連記事

→お正月といえば?食べ物や伝統的な遊び、行事や風物詩、歌や色とは?

→関西・大阪で年末デート&年越しデートのおすすめ!年の瀬に行きたいスポット!

→冬デートで関西のおすすめスポットは?暖かくてカップルが楽しめる場所を紹介!

→初詣デートの服装!女性に人気のコーデや男ウケする服装は?

→初詣、東京で屋台の多いスポット3選!B級グルメを楽しもう!2

スポンサードリンク