ポリエステルは、夏は暑いし汗の臭いが気になるとよく言われますが、選び方のポイントを押さえれば、夏も快適に活用が可能です。

夏向きのメリットもたくさんあるポリエステルなので、上手に素材やデザインを選んで、季節にあった活用をしたいものですよね。

今回は、 ポリエステルの夏の活用術について、暑い・汗臭いなどの対策や素材・デザインの選び方のポイントも含めご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ポリエステルの夏のメリット・デメリットとは?

デメリットも存在しているポリエステルですが、 夏の活用にぴったりの以下のような特徴があります。

・すぐに乾く

・シワになりにくい

・耐久性に優れている

汗をかき着替える回数が増える夏は洗濯の量・頻度ともに多くなるので、ポリエステルの優れた速乾性と耐久性は大きなメリット

洗濯後もシワになりにくく、 アイロンがけ不要なのも暑い季節には嬉しいですよね。

ですが、前述の通り、ポリエステルは、暑い、汗臭くなるといった問題点が。

ポリエステルを夏のファッションや暮らしに活用する場合、 デメリットをどのように攻略するかがカギになりますね。

スポンサードリンク

夏にポリエステルが暑い・汗臭い原因とは?

夏にポリエステルの服や布団などが暑くて汗臭くなるのは、 吸湿性・通気性が低いのが原因です。

綿やウールなどの天然素材は、繊維の表面に元々、目に見えない小さな穴が開いているので吸湿性・通気性に優れています。

一方、ポリエステルなどの化学繊維は細かい隙間がないため、通気性が悪く熱がこもってしまう特徴が。

結果、汗をかくと 服の中が蒸れた状態になるため、暑さや汗臭さの原因になるという訳です。

スポンサードリンク

夏のポリエステルのデメリット攻略法はある?

夏のポリエステルは混紡・交織の生地を選ぶ!

夏の暑い時期のポリエステルの活用術では、 他素材と混ぜて織られた混紡生地を選ぶという攻略法があります。

ポリエステルは、他の素材と繊維を組み合わせる混紡や、混ぜて生地を織る交織に適している素材。

混紡生地は、それぞれの欠点を補えるため、ポリエステルの暑さや臭いの緩和対策にも大変有効です。

特に、夏にピッタリなのが 綿とポリエステルの組み合わせ。

臭いの原因となるポリエステルの吸湿性・吸水性の低さを綿が補ってくれるので、夏には特におすすめです。

夏のポリエステルは涼しい織り方の生地を選ぶ!

夏でも快適にポリエステルを活用するなら、 高性能ポリエステル素材を選ぶのもおすすめの攻略法です。

ポリエステルと一口に言っても、最近は織り方や加工を工夫して吸湿性を改良した夏でも快適な使い心地の高性能素材が出回っています。

ポリエステル素材の夏の服や寝具を選ぶ際は、素材の性能もよくチェックして、相応しいアイテムを選ぶといいですね。

夏のポリエステルは適切な洗濯法で汗臭さを攻略!

夏向きの高性能ポリエステルは、繊維の中に汗を吸い込むことができる小さな鍵穴のような部分を人工的に作り吸水性を高めています。

しかし、鍵穴の中に汗と共に吸い込まれた汚れや雑菌が原因になり、 臭いにおいがなかなか取れなくなってしまう場合も。

清潔に長く使うために高機能ポリエステルの衣類や布団は、適切な洗濯法で臭い対策をすることが大切です。

・汚れの再付着を防ぐため汚れた衣類と一緒に洗わない

・汚れのひどい部分は手でもみ洗いする

・臭いが残る場合は酸素系の漂白剤を使う

など、生地の特性を考慮した洗濯法で臭い対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク

ポリエステルの夏服選びのポイントは?

ポリエステル素材の夏の服は、暑い・汗臭いといった デメリットが緩和できる選び方をすることが大切です。

ポリエステル製の夏の服を購入する際は、

・肌に密着しないゆったりしたサイズを選ぶ

・ノースリーブなど素肌に接する面積が小さいデザインを選ぶ

といった工夫をすることで、暑い・汗臭いといった問題を軽減することができます

最近は生地自体に特殊加工を施した 消臭効果のあるポリエステル素材もあるので、夏服選びでは、表示に注意してみてみるのもおすすめです。

夏におすすめのポリエステル素材の服をご紹介!

夏におすすめのポリエステルの服1

夏の普段着は、ゆったりサイズで風通しのよい 綿・ポリエステル混りのTシャツが着心地抜群でおすすめです。

上記の半そでロングTシャツは、身幅60㎝のゆったりしたデザインで、夏ゆるスタイルのコーデにピッタリのトップス。

ポリエステル65%綿35%(杢グレー面90%レーヨン10%)のさらっとした着心地のTシャツは幅広いシーンで活用できる夏服となっています。

夏におすすめのポリエステルの服2

ポリエステルは、近年、益々進化していて、速乾性や耐久性などのメリットを残しつつ、 涼しくて臭くならない新素材も開発されており要チェックです。

上記の吸汗速乾Tシャツは、汗を素早く吸収し、さらっとした着心地が持続する高性能ポリエステル素材の優秀アイテム。

汗が乾いても臭くならない抗菌防臭と消臭機能が付いているので、夏の作業服やスポーツウェアにもぴったりの逸品ですよ

スポンサードリンク

ポリエステルの夏の着物・浴衣選びのポイントは?

ポリエステルの着物や浴衣は、ズナブルでデザインも豊富なので気軽に購入できるのが最大のメリットです。

家庭で洗濯できてお手入れが簡単なのも嬉しいポイントですが、以下のポイントに注意するとさらに◎。

・通気性・吸湿性・着心地などを改善した高機能素材を選ぶ

・安っぽく見えないおしゃれなデザインを選ぶ

布の面積が広い着物や浴衣は、 織り方や特殊加工で吸湿性や着心地を改善した高機能ポリエステルがおすすめです。

天然素材と比べ、ポリエステルはともすれば安っぽく見えがちなので、デザインにも注意するといいですね。

夏におすすめのポリエステル素材の着物・浴衣をご紹介!

夏におすすめのポリエステルの着物・浴衣1

暑い夏のおしゃれ着である浴衣は、天然素材が涼しくて一番といわれますが、最近は織り方を工夫した着心地のよいポリエステル製浴衣も人気なんです。

上記の12柄から選べる浴衣セットは、 テイジンの高性能ポリエステル「カルキュロ」生地を仕立てた吸水速乾性に優れた人気アイテム。

古典柄からモダン柄まで、大人のこなれ感が漂うおしゃれなデザインがそろった浴衣と半幅帯のセットは、コスパ抜群で大変おすすめですよ。

夏におすすめのポリエステルの着物・浴衣2

浴衣だけでなく、 夏の単衣の着物も家庭で丸洗いできるポリエステル製はとても手軽で人気があります。

上記の洗える単衣/夏きものは、格子織りの吸水速乾性に優れた高機能ポリエステル生地で仕立てられた着心地抜群の逸品です。

シックな萩と撫子の柄の他、同シリーズのオシャレで粋なデザインの洗える夏着物がそろっています。

爽やかな白地の夏にピッタリの着物は、ご家庭で手軽に洗えるので汗や汚れを気にせず幅広いシーンで着られるおすすめの逸品ですよ。

ポリエステルの夏の布団選びのポイントは?

暑い夏に使う布団やタオルケットなどの寝具は、優れた通気性と吸水性が必須なため、本来、ポリエステルは不向きとされてきました。

しかし、最近は 吸水・吸湿性を高め冷感加工が施された夏向きの布団やタオルケットが出回っているので夏に適した布団が見つかりますよ。

夏におすすめのポリエステル素材の布団をご紹介!

夏におすすめのポリエステルの布団1

寝具は快適に使えることが最重要ですが、収納ペースを取るだけに春夏から秋口まで対応できるとより便利ですよね。

上記のリバーシブル敷きパッドは、ひんやりさらっとした使い心地の高性能ポリエステル製シーツです。

春と秋口はさらっと素材のワッフル面、真夏はひんやり素材の接触冷感の面とリバーシブルで 3シーズン使えるおすすめの逸品ですよ。

夏におすすめのポリエステルの布団2

蒸し暑い夏の掛布団には、 夏仕様のひんやりした高性能ポリエステル製のブランケットだと寝苦しい夜も快適に過ごせおすすめです。

上記の夏用冷感ブランケットは、真夏の暑はナイロン・ポリエステル混りの接触冷感生地・春秋はパイルポリエステル・綿混りのコットンタオル地で使える便利な逸品。

季節に合わせて一枚で使いまわすことができ、重宝するおすすめ掛布団となっています。

ポリエステルの夏の活用術をマスターしよう!

という事で、ポリエステルの夏の活用術について素材のメリット・デメリットや夏に選ぶ際のポイントも併せご紹介しました。

暑い、汗臭いと評されるポリエステルですが、最近は高性能な夏仕様のアイテムも出回っているので、ぜひ用途に合わせて上手に活用してくださいね。

以上、「ポリエステルの夏の活用術!暑い・汗臭いとさよならする素材やデザインの選び方とは?」を紹介しました。

スポンサードリンク