スキニーが似合わない体型は?太ももや足が太い場合の着こなしのコツやコーデの例 !

この記事は5分で読めます

「誰もが1本は持っているのでは?」と思うほど、今や日々のワードローブの定番となったスキニーパンツ

そんな大人気のスキニーパンツですが、誰もがおしゃれに着こなせるというわけではく、「私は似合わないから穿かない」なんて人も多いようですね。

実は私もその中の一人で、スキニーパンツには昔から妙に苦手意識を持ってしまっています。

穿きたいとは思うものの、なんだかおしゃれに着こなせないんですよね。

今回はそんな悩みを解決するために、スキニーパンツが似合わない体型や、着こなしのコツ・おすすめコーデについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

スキニーが似合わない理由は?

スキニーが似合わない理由:太ももや足が太い

スキニーパンツが似合わないと思っている人の一番の理由は太ももや足が太いということです。

そして、私もこれがスキニーパンツが似合わないと感じる一番の理由です。

スキニーパンツはその名の通り、体にぴたっとフィットするデザインなので、太ももや足が太い人は、太さをそのままさらけ出してしまうとうことになってしまうのです。

また、スキニーパンツの素材によっては、足のお肉に食い込んでしまうなんてことも。

そういった姿が、どうしても太っているという印象を与えてしまい、似合わないということに繋がってしまうのです。

スキニーが似合わない理由:足が短い

足が短い人も、スキニーパンツが似合わないという悩みを抱えている人が多いようです。

そもそもなぜ、足の短い人はスキニーパンツが似合わないのでしょうか?

似合わない理由としては、足のラインがくっきり見えてしまい、足の短さが強調されてしまうからなんです。

そうはいっても、みんなと同じようにスキニーパンツを穿きこなしたいですよね。

足が短い人も、着こなしのコツさえ分かれば、むしろ足を長く見せてくれるようになれますよ。

似合わないを解決するための着こなしのコツについては、後ほど詳しく紹介していきますね。

スキニーが似合わない理由:お尻が大きい

お尻が大きい人もスキニーパンツが似合わない体型と言えます。

似合わない理由としては、お尻が大きい人がスキニーパンツを穿くと、お尻のラインがそのまま出てしまうので、お尻の大きさを強調してしまうからです。

そうでなくても、スキニーパンツはぴったりシルエットで体のラインがそのまま出てしまうものなので、お尻が大きい人がスキニーパンツを穿くときは注意が必要です。

また、ストレッチ素材などの柔らかい素材のものなどは伸び縮みして穿きやすいですが、写真のようにパンツがお尻に食い込んでしまうなんてことも。

これでは似合わないと言われても仕方ありません。

また、こんな後ろ姿を誰かに見られたらなんて思うと、ハラハラしちゃいますよね。

お尻の大きさをうまく隠しながらも、すっきりとスタイルアップさせて見せてくれるような着こなしをする必要があります。

スポンサードリンク

スキニーが似合わない体型と解決策は?

スキニーが似合わない体型と解決策:太ももや足が太い

太ももや足が太い人は、スキニーパンツを選ぶ際にカラーを意識して選ぶようにしましょう。

一般的に黒っぽい色は引き締め効果があり、逆に淡い色は膨張職といって太って見えることがあります。

スキニーパンツも同様で、黒など濃い色を選ぶことで、足をほっそりと引き締めて見せてくれる効果があります。

ホワイトなどの淡い色は、太ももや足をさらに太く見せてしまい似合わないという印象を与えてしまうので、選ぶ際は注意が必要です。

ブラックのスキニーを取り入れる際は、コーディネートをブラック×ホワイトにすることで統一感が生まれて、おしゃれ上級者に見られますよ。

また、トップスに明るめのカラーを取り入れ、体型の気になる下半身ではなく上半身に視線を集中させるという手もあります。

スキニーが似合わない体型と解決策:足が短い

「足が短いからスキニーが似合わない」と思っている人は、ハイウエストなスキニーパンツを是非試してみてほしいです。

ハイウエストで穿くことによって、腰の位置が高くなり、足が長く見えるという効果が期待できます。

最近ではハイウエストでトップスインする着こなしも流行っていますが、おしゃれなだけではなく足が長く見える効果も期待できるんですね。

また、ウエスト部分にボタンがあると、そこに視線が集まりやすく、腰の位置の高さが強調されるのでより脚長効果が期待できますよ。

スキニーが似合わない体型と解決策:お尻が大きい

お尻が大きいと悩んでいる人がスキニーパンツを穿くと、お尻がぷりっと出てしまい、その大きさが目立ったしまうなんてことになりがちです。

「じゃあ、どうしたら良いの?」とお尻が大きいと悩んでいる方たち心の叫びが聞こえてそうですが、心配しなくても大丈夫!

おしゃれしながら隠してしまえば良いのです。

丈が長めのシャツワンピなどを合わせることで、気になるお尻だけでなく、腰回りや太ももまでさりげなくカバーしてくれます。

隠している感がなく、さりげなく気になる部分を隠せているところが、おしゃれ上級者に見えます。

お尻のぷりっとが気になっている方は、おしゃれしながら隠すことで、似合わないという悩みを解決しましょう。

また、腰にギャザーが入っているデザインだったり、ベルトなどで腰をマークすることで、腰の位置が高くなあり、脚長効果も期待できますよ。

スポンサードリンク

スキニーの着こなしのコツは?

スキニーの着こなしのコツ:足首を見せる

ここからは、スキニーパンツを穿く際の着こなしのコツについて紹介していきたいと思います。

まず紹介したいのは、足首を見せるということです。

アンクル丈のスキニーパンツを選べば、自然と足首を見せる着こなしが実現します。

足首の細い部分が見えることで、全身がほっそりとスタイル良く見えるという効果が期待できます。

ジャスト丈のスキニーパンツでも1~2回ロールアップすることで足首を出す着こなしが簡単にできますよ。

すぐにできるので、スキニーが似合わないと悩んでいる人は、実際にやってみて見比べてみてくださいね。

ほんのひと手間ですが、足首が見える着こなしの方がすっきり細くスタイルアップして見えますよ。

スキニーの着こなしのコツ:ヒールのある靴と合わせる

背が低かったり足が短いという理由でスキニーが似合わないという悩みを持っている人は、スキニーを穿く際には、是非ヒールのある靴と合わせてみてください。

ヒールによって高さが生まれることで、足を長く見せてくれます。

またミドル丈のブーツなどを合わせても良いでしょう。

背が低い人や、足が短い人が、スキニーパンツにスニーカーやフラットシューズを合わせてしまうと、子供っぽい印象になり似合わないと思われてしまうことがあるので、合わせる靴にも気を配るようにしたいですね。

スポンサードリンク

男女別に人気のスキニーをご紹介

女性に人気なスキニー1

ストレッチが効いたスキニーパンツは、履き心地がラクで、毎日でも着たくなるアイテムです。

きっちりとした印象に見せてくれるコットンツイル素材を使用していますが、程よくストレッチが効いているので、自転車に乗ったり、走ったりするのも楽ちんです。

子育てで何かと忙しいママにもおすすめです。

女性に人気なスキニー2

女性に人気なスキニーパンツと言えば、足を長く見せてくれる、ハイウエストなスキニーパンツ。

更に後ろがゴムになっているのでさっと穿くことができ、穿いている最中も窮屈感がありません

「ラクにおしゃれが楽しみたい!」

そんな女性の願いを叶えてくれる、おすすめのスキニーパンツと言えますね。

男性に人気なスキニー3

男性に人気なのが、ダメージ加工が施されたスキニーパンツです。

パンツに存在感があるので、シンプルなカットソーと合わせたとしても、おしゃれに決まる心強い存在です。

1本持っておくと幅広いコーディネートで使いまわしが効くので便利ですね。

男性に人気なスキニー4

もうひとつ男性に人気なのが、ストレッチの効いたチノ素材のスキニーパンツです。

とことんシンプルにこだわった癖のないデザインなので、プライベートでもオフィスでも、どんな場面でも使いまわしができます。

ちょうど良いサイズ感で、できる男オーラを出すことができること間違いなしのアイテムです。

スポンサードリンク

スキニーが似合わないなら着こなしをマスター

→スキニーは裾上げする・しない?おしゃれな着こなし方、おすすめの丈の長さは?

→テーパードパンツが似合わない体型は?着こなしのコツやコーデの例!

→タートルネックが似合わない原因は?骨格や体型別に着こなしのコツも!

→タートルネックの折り方は?首元の折る回数やおしゃれな着こなしは?

→パンプスは素足で履くの?おすすめなストッキングや靴下と臭い対策は?

スキニーが似合わないと悩んでいる人も、似合わない原因と着こなしのコツを知ることで、おしゃれに着こなすことができますよ。

私自身もスキニーパンツに苦手意識がありましたが、これからはスキニーパンツを使ったコーディネートにも挑戦していきたいと思います。

みなさんも是非この記事を参考にしてみてくださいね。

以上、「スキニーが似合わない体型は?太ももや足が太い場合の着こなしのコツやコーデの例 !」について紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 組体操 曲

スポンサードリンク








プライバシーポリシー