土用の丑の日といえばうなぎですが、うなぎ以外でも、うのつく食べ物を食べる習慣が昔からあるのをご存知でしょうか。

年々、手が届きにくくなる高級品のうなぎなので、うなぎ以外のうのつく食べ物を土用の丑の日に食べるのも良いアイデアですよね。

今回は、 うのつく食べ物について、 土用の丑の日に食べる理由や、夏バテ予防におすすめのうのつく食材もまとめて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物1:うなぎ

うのつく食べ物で土用の丑の日に食べるごちそうといえば、なんといっても うなぎ

江戸時代を代表する学者・発明家の 平賀源内、うなぎは栄養価が高く夏バテ防止に効果があると、土用の丑の日に食することを提唱したのが由来です。

近年は値段の高騰が著しいうなぎですが、 上記の特大国産うなぎ三種セットなら、手頃なお値段でボリュームたっぷりのうなぎを堪能できますよ。

9年連続で楽天市場のグルメ大賞受賞のうなぎのかば焼きは、お家で手軽に本格的な味わいが楽しめると口コミでも大人気。

うなぎには以下のようなバラエティ豊かな栄養素が豊富に含まれていて 滋養強壮に効果満点です。

ビタミンA 免疫力向上・美肌・がん予防
ビタミンB群 疲労回復・美肌
ビタミンD 骨・歯の健康維持
ビタミンE 細胞の老化防止・生活習慣病予防
DHA 記憶力向上・生活習慣病予防
EPA 生活習慣病予防

今年の土用の丑の日に食べるうのつく食べ物としてもイチオシの食材となっています。

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物2:うどん

土用の丑の日に食べるうのつくたべものでは、 うどんも代表的な食材のひとつです。

消化の良いうどんは、夏バテで胃腸が弱っているときにもピッタリのうのつく食べ物。

今年の土用の丑の日のメニューには、 上記の亀城庵の本格讃岐うどんはいかがでしょうか。

麺の太さとつゆの有無が選べる讃岐うどんは、楽天グルメ大賞を連続受賞する口コミでも大好評の逸品です。

うどんの主な材料である小麦粉には疲労回復や免疫力向上の効果もあるので、夏の健康維持にも最適のうのつく食べ物ですよ。

スポンサードリンク

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物3:梅干し

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物では、 梅干しもポピュラーな食材です。

昔から健康食品として知られる梅干しは、夏バテ予防に土用の丑の日のメニューでも積極的に取りたいうのつく食べ物

上記の紀州南高梅800gは多少のきずとサイズ不ぞろいがある訳あり品のため、大変お買い得な逸品です。

楽天グルメ大賞3年連続受賞の本場紀州の梅干しは、以下のような成分が豊富に含まれていて、夏バテ予防にも最適の食材ですよ。

クエン酸 疲労回復・食欲増進・鉄分の吸収促進
ピルピン酸 肝機能の強化
ミネラル分 健康維持・心身の諸機能の調整

同じうのつく食べ物であるうなぎと梅干は「食べ合わせ」といわれすが、実は一緒に食べても問題ないことが近年の研究で分かっています

但し、梅干しで食欲が増進し、高価なうなぎの食べすぎにはご注意くださいね。

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物4:瓜

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物といえば、旬の「うり」類もよく食べられている食材です。

キュウリ・白瓜・ゴーヤなど、瓜類は種類豊富ですが、ヘルシーな食材として最近、見直されている 冬瓜を土用の丑の日の食卓に加えてみてはいかがでしょう

上記の国産の冬瓜は3㎏以上ある大玉で、皮は炒めもの、ワタは汁ものの具材と、捨てる部分がなく、土用の丑の日のメニューにも最適です。

低カロリーでたんぱくな味わいの冬瓜は、夏バテ予防に効果的な以下の栄養成分が豊富に含まれるおすすめのうの付く食べ物。

カリウム むくみ予防・高血圧予防
ビタミンC 美肌・アンチエイジング
サポニン 血行促進・コレステロール抑制

冬瓜は体を冷やす働きもあるので、暑さが厳しい土用の丑の日のメニューにはもってこいですね。

スポンサードリンク

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物5:牛

食材の呼び名ではありませんが、 牛肉も牛の「う」ということで、土用の丑の日に食べる人が近年増加傾向のうのつく食べ物です。

高級食材のうなぎと比べ、手頃な値段でスタミナ満点の牛肉のハラミは、幅広い世代におすすめの土用の丑の日のメニューですよ。

肉ジャンルで楽天ランキング1位連続獲得中 上記の牛ハラミ1㎏は秘伝タレ漬けの極旨の逸品。

たっぷり4~6人前で3000円を切るコスパ抜群の牛肉は、焼肉やBBQで楽しめ、土用の丑の日のディナーにもぴったりのうのつく食べ物です。

ともすれば不健康な食品のイメージを持たれがちな牛肉ですが、実は健康維持に不可欠な以下のような栄養素が豊富に含まれています。

必須アミノ酸 血液・臓器・皮膚などの生成・健康維持
鉄分(非ヘム鉄) 血液の生成・貧血予防
ビタミンB群 美肌効果

大人も子供も大好きな牛肉なので、今年の土用の丑の日の食卓の主役にいかがでしょうか。

スポンサードリンク

うのつく食べ物を土用の丑の日に食べる理由や由来は?

土用の丑の日に食べる主なうのつく食べ物を紹介してきましたが、そもそもどうして「うのつく食べ物」なのでしょうか。

うのつく食べ物を土用の丑の日に食べる習慣は、意外と単純明快で、 丑の日の「う」にちなんだのが由来なんです。

うのつく食べ物を土用の丑の日に食べる習慣は、滋養のある物を食べて暑い夏を乗り切ろうという昔の人の生活の知恵から生まれました。

うなぎが最も一般的ですが、厳密な決まりはないので、栄養のあるうのつく食べ物を独自で見つけ丑の日の食卓に加えてもいいですね。

スポンサードリンク

夏バテ予防できる土用の丑の日におすすめのうのつく食べ物は?

夏バテ予防におすすめのうのつく食べ物1:海ぶどう

土用の丑の日にうのつく食べ物で夏バテ予防をするなら、プチプチした食感がくせになる 海ぶどうがおすすめです。

上記の沖縄県産の生海ぶどう100g×3パックセットは、楽天市場のレビューでも★4.72という非常に高い評価を得ている絶品の海の幸。

グリーンキャビアとも称される海ぶどうは、以下のような豊富な栄養素を含んでいて夏バテ防止に土用の丑の日に食べるにも最適です。

カウレルパラセモサエキス 新陳代謝促進・美肌効果
食物繊維 整腸作用
カルシウム 骨・歯の強化・イライラ防止
鉄分 貧血予防・改善
ヨウ素 三大栄養素の代謝促進

海ぶどうは、栄養豊富ですが低カロリーなので、ダイエットをしつつ夏バテ対策をしたい方にも大変おすすめですよ。

夏バテ予防におすすめのうのつく食べ物2:馬

土用の丑の日に食べるうのつく食べ物では、馬の「う」ということで、滋養強壮に優れた効果がある 馬肉もおすすめです。

上記の熊本県産の馬刺し三種食べ比べセットは、赤身・霜降り(中とろ)・たてがみの三種類の馬刺しが一度に楽しめるお得な逸品。

馬肉には以下の豊富な栄養素が含まれていて、夏バテ防止にも大変おすすめです。

アミノ酸 体力改善・免疫力アップ
鉄分 貧血の予防・改善
亜鉛 味覚異常の予防と改善・精力増強
グリコーゲン 疲労回復・集中力アップ

馬肉には、牛肉の約3倍のグリコーゲンが含まれているので、夏バテ予防に食べる理想的なスタミナ食。

楽天の馬肉ランキングで堂々1位獲得の人気セットは、一味違った土用の丑の日のごちそうにぴったりの食材ですよ。

土用の丑の日はうのつく食べ物で夏バテを予防!

という事で、土用の丑の日にうのつく食べ物について、由来からおすすめの具体的な食べ物をまとめてご紹介しました。

うのつく食べ物を土用の丑の日に食べる習慣は、暑い夏を元気で乗り切る昔の人の知恵なので、ぜひお気に入りの食材で英気を養ってくださいね。

以上、「うのつく食べ物をご紹介!土用の丑の日に食べる理由、夏バテを予防するおすすめ食材も」を紹介しました。

スポンサードリンク