第65回橋本七夕まつり2016の時間と日程は?屋台の出店場所をチェック!

この記事は2分で読めます

七夕は通常7月に行われる季節の行事ですが、「橋本七夕まつり」は旧暦の8月に行われています。

美しい竹飾りやパレードが開催されていて人気のお祭り。

最近では街コンやハワイアンビアガーデン、浴衣ショーなどの企画で盛りだくさんです。

何でもありなお祭りですが、ワクワクしてきますよね。

今回は第65回橋本七夕まつり2016の時間・日程や屋台の出店場所をチェックしたいと思います。

スポンサードリンク

第65回橋本七夕まつりとは?

橋本七夕まつりは商店街を盛り上げるために始まり、今年で65回目を迎えます。

「かながわまつり50選」にも選ばれ、昨年は39万人もの人出に!

このお祭り目当てに市外からも観光客が訪れます。

2016の日程と開催時間は?

橋本七夕まつり 2016
橋本七夕まつりは例年8月上旬の週末に開催されます。

ご家族やお友達と日程を決めて楽しみたいですね。

一番暑い時期の午後からなので、熱中症対策は十分に行いましょう。

■開催日時
8月5日(金)14:00~21:00
8月6日(土)14:00~21:00
8月7日(日)14:00~20:30

■開催場所
橋本七夕通り

■問合せ
橋本七夕まつり実行委員会 
電話:042-750-0423

■開催場所
橋本七夕通り周辺
JR横浜線・相模線、京王線「橋本駅」~徒歩1分

駐車場は数に限りがありますし、交通規制も行われます。

お祭り会場は駅から歩いてすぐなので、なるべく公共交通機関を利用した方がよさそうです。

スポンサードリンク

橋本七夕まつりは花より団子!

屋台の出店場所

七夕飾りも美しいですが、やっぱり目に飛び込んでくるのは美味しそうな食べ物ですよね。

橋本七夕まつりでは約100店もの露店や屋台が出店します。

「橋本神明大神宮境内」「橋本北口商店街」の2か所のエリアに分かれていて、それぞれ異なった雰囲気を楽しむことができます。

屋台の種類が豊富!

橋本神明大神宮境内エリアでは、普通のお祭りでよく見る屋台が出店。

境内の両端にずらーっと並んだ屋台はお祭り気分を盛り上げてくれますよね。

子供が大好きな射的やダーツなどの露店も出ているので、お子様連れにはオススメです。

2015年にはお化け屋敷もあったそうですよ。

手作り感が逆に怖い気もしますね。

暑い夏にひやりとした体験で涼んでみてはどうでしょうか?

もう一つのエリアである橋本北口商店街では、商店街の飲食店が店先で出店しています。

居酒屋さんや専門店がこの祭りのために、準備しているのでちょっと変わり種も楽しめます。

過去には揚げじゃが・肉巻おにぎり・ピリ辛サルサ・照り焼きチキン・餃子などが食べられみたいです。

商店街の飲食店が出店しているので味は間違いないですね。

お祭りの定番のビール以外にも、ハイボールやスパークリングワインなども揃っていたので大人はこちらのエリアの方が楽しめるかもしれません。

見て・食べて・七夕を楽しむ!

街の商店街が一丸となって盛り上げてきた橋本七夕まつり。

市民参加型のイベントもあり、見ているだけでも楽しめますよね。

そして屋台の種類も豊富なので、大人も子供も笑顔になるお祭りです。

2027年に開業予定のリニア中央新幹線の停車駅にもなっているので、今後はますます盛り上がりそうですね。

以上、第65回橋本七夕まつり2016の日程と時間、屋台の出店場所についてまとめました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 恵方巻き 願い事
  2. 文京朝顔ほおずき市 2016
  3. 松島かき祭り 2017
  4. 節分 豆まき 時間帯
  5. 恵方巻き 願い事
  6. 秩父花火大会 2016
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「にも」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

2002年1月
    5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031