初詣の回数は?2回以上参拝してもいいの?期間はいつまで?

この記事は2分で読めます

新年初めての行事と言えば初詣ですよね。

毎年決まった場所に家族で行ったり、友達とちょっと遠出して有名なスポットへ参拝する方もいらっしゃると思います。

初詣はなんとなく1回だけで何度も行くとご利益がなくなってしまうイメージがあるのではないでしょうか?

今回は初詣の回数や期間について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

初詣の期間はいつまで?

初詣に行きたいけど3が日は人が多いので日にちをずらして参拝する方もいらっしゃいますよね。

初詣の期間は決まっているのでしょうか?

期間や期限は特に決まっていませんが、現在では「松の内」までに行くのが目安となっています。

松の内とはお正月にお迎えした歳神様が滞在している期間とされていて、その間はお正月飾りであるしめ縄や門松を飾っておきます。

ただ関東地方では1月7日まで関西地方では1月15日までと松の内は地域によって異なっているので注意が必要です。

初詣は松の内に行くのがいいとされていますが、年が明けて初めて参拝するものなので遅くなっても神社に訪れてお参りするといいと思いますよ。

初詣の回数は?2回参拝してもいいの?

初詣 回数

次に初詣の回数についてです。

毎年家族は決まった場所に行っているけど友達にも誘われてしまい、今年は初詣に2回行く方もいらっしゃると思います。

何度も初詣に行くとご利益が頂けないような気がするのですが、初詣は何回行ってもいいとされています。

神社やお寺には祀られている神様がそれぞれ違っているので、初詣に何度も行く方はそこがどんな由来なのか?どんなご利益があるのか?について知ってから行くといいですね。

例えば神奈川県の鶴岡八幡宮であれば、仕事運・健康運・家庭円満のパワースポットですし、同じく神奈川県の川崎大師は災厄除けと願望成就で有名となっています。

その場所にあったお願い事をすると、より多くのご利益が頂けるのかもしれません。

スポンサードリンク

参拝の仕方は?

初詣に行っても参拝する前におみくじを引いたり、混雑していたからといって屋台グルメだけ食べて帰ってきたなんてことはないでしょうか?

毎年習慣になっている行事だけに、何が正しいのか分からない方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで正しい参拝の仕方とNG行動について紹介したいと思います。

参拝する前におみくじを引く

お正月はどこも混雑していて参拝するのに1時間待ちという場合もあるほど。

参拝する前に行った途端おみくじを引くのはかなりもったいないNG行動です。

まずは参拝をしてどんなお願い事があるのかをきちんと伝えます。

おみくじは「神様からの会話」の手段なので、自分が願ったことについての答えがおみくじに書いてあると言われています。

大吉かどうかだけでなく、良縁祈願をしたのなら待ち人や縁談の欄を読んで理解するといいですね。

お寺ではあえて願わない

手を合わせたらすぐに願い事を心の中で言っていませんか?

お賽銭を入れて手を合わせたら「この土地をお守りいただきありがとうございます。(住所)から来ました(名前)です。今日は〇〇のお願いで来ました。」というように、感謝⇒住所と名前⇒願い事の順番に心の中で唱えましょう。

またお寺の僧侶は煩悩を払うために毎日修行をしているので、それにならってお寺ではあえて願い事をしない方がいいとされています。

意外に思われるかもしれませんが、神社であっても多くのお願いをするのではなく一つに絞って参拝しましょう。

初詣に行くと今年一年頑張ろうと前向き気持ちになりますよね。

お正月の三が日でなくてもいいので、時間を作って新しい年が素敵な一年になるように心を込めて参拝するといいと思います。

以上、「初詣の回数は?2回以上参拝してもいいの?期間はいつまで?」について紹介しました。

【関連情報】
⇒おみくじの凶の意味は?凶の確率が高い神社仏閣ランキング!

⇒春財布の購入時期は?2017年金運アップする色とラッキーカラーは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 野崎参り 2017
  2. 野崎参り 2017
  3. 花びら餅 由来
  4. 野崎参り 2017
  5. 野崎参り 2017
  6. 北海道神宮 どんど焼き
  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

開運ネットへようこそ!
管理人の「こん」です。

学生時代から旅行が大好きで、各地のパワースポットを巡ってきました。

元ヨガインストラクターで転勤族の管理人が、とにかく縁起のいいネタをお伝えしていきます。

プライバシーポリシー