アメリカといえば?食べ物やお土産、世界遺産の観光地とスポーツ、国旗や国歌とは?

この記事は7分で読めます

アメリカといえば、政治、経済、文化など多方面で日本と密接な関係がある超大国ですが、皆さん、どんなイメージをお持ちでしょうか。

日本人にとって最もメジャーな外国といっても過言ではないアメリカですが、意外と知っているようで知らない部分があるのも事実です。

という事で今回は、 アメリカといえばをテーマに、基本情報から文化や歴史、食べ物、スポーツ、観光地まで総まとめでご案内していきたいと思います。

スポンサードリンク

アメリカといえばどんな国?

世界第4位(または第3位)の国土を持つ大国!

アメリカといえば、 日本の約25倍という広大な国土を持つ国で、その面積はアジア最大の中国とほぼ同じなんです。

ランキングでは世界第4位とされる事が多いアメリカですが、本土とハワイ以外のグアムやヴァージン諸島、プエルトリコなどを加えると中国を抜き世界第3位となります。

世界第3位の人口を抱える多民族国家!

アメリカといえば、中国、インドに次ぐ 世界第3位の人口を抱える国で多種多様な人種、民族が暮らす多民族国家です。

2018年現在のアメリカの人口は3億2000万人超で、緩やかな増加傾向をたどっており、近い将来3億3000万人の大台に乗る見込みです。

因みに、2010年以降のアメリカの出生率は、現状維持の目安となる2.0を下回っていますが、移民の流入と相殺され、人口は増加に転じています。

世界第1位のGDPを誇る経済大国!

アメリカといえば、世界経済をけん引する超大国で、 GDPも2位の中国を大きく引き離し堂々の世界第1位です。

尚、アメリカは一人当たりのGDPもトップ10に入る豊かな国ですが、貧富の差が非常に激しい側面も持ち合わせています。

日本でも格差問題は、近年深刻度を増していますが、アメリカでは日本以上に大きな社会問題となっている厳しい現実があるのも事実ですね。

スポンサードリンク

アメリカといえば国旗や国歌、国鳥、国花は?

アメリカといえば国旗は「星条旗(the Stars and Stripes)」!

アメリカといえば、ご存知のように 国旗は星条旗で、英語では「the Stars and Stripes」と呼ばれています。

星条旗の意味については、左上の青地に描かれた星はアメリカの50の州、紅白13本のストライプがアメリカが独立した当時の13州を表しています。

星条旗は、独立翌年の1777年に制定された200年以上の歴史を持つ国旗で、アメリカといえばまず多くの人がイメージするシンボルでもありますよね。

アメリカの国歌も「星条旗(The Star-Spangled Banner)」!

参照元URL:https://youtu.be/p3uwLmStZOg

アメリカといえば、オリンピックを始め様々な公的シーンで耳にすることが多い 国歌も国のアイコン的なイメージがありますよね。

アメリカ国歌は、邦題だと国旗と同じ 「星条旗」ですが、英語では「The Star-Spangled Banner(星が輝く国旗)」になります。

星条旗は、英米戦争での米軍の奮闘を称えるフランシス・スコット・キーの詩を18世紀イギリスの流行歌「天国のアナクレオン」のメロディにのせ歌ったもので、1931年に国歌に制定されました。

アメリカの国鳥はハクトウワシ!

アメリカといえば、 国鳥はハクトウワシで、国章を始め多くの連邦政府や行政機関のシンボルマークにも用いられています。

ハクトウワシは翼を広げると2m以上にもなる大型のワシで、優雅さと勇ましさを併せ持つアメリカの象徴として広く認識されている存在ですね。

アメリカといえば歴史や文化は?

アメリカは移民が築いた自由と民主主義の国!

アメリカといえば、世界史の授業で習った通り1492年にコロンブスによって発見されたのち、ヨーロッパ各国の植民地として発展した歴史があります。

イギリス、フランス、オランダなどのヨーロッパ各国からの移民により築かれた植民地は、 1776年独立戦争の勝利でアメリカ合衆国となりました。

多種多様なルーツをもつ国民で構成されるアメリカは、君主ではなく民衆が国を動かす世界初の民主主義的な憲法を採用した自由の国でもありますね。

ハリウッドやディズニーなど娯楽文化の中心!

アメリカといえば、ハリウッド映画や、ブロードウェイミュージカルなど、 世界のエンターテイメントの中心地でもあります。

また、ラスベガスのカジノやフロリダのディズニーワールドなど、アメリカといえば誰もが知るレジャーの拠点もそろっていますよね。

日本の歌手や俳優、アーティストも全米での成功がステータスになることからもわかる通り、アメリカといえば世界最大エンターテイメントの発信地でもあります。

スポンサードリンク

アメリカといえば人の特徴は?

アメリカ人は身長、体重共にビッグサイズ!

アメリカといえば、全てがラージサイズの印象が強く、アメリカ人=体格が良いというステレオタイプのイメージがありますよね。

ところで、実際に、アメリカ人男女の平均身長と体重を日本人と比較してみると以下のようになります。

身長 体重
アメリカ人男性 178㎝ 87㎏
日本人男性 172㎝ 64㎏
アメリカ人女性 163㎝ 74㎏
日本人女性 158㎝ 53㎏

身長もさることながら、男女ともに 平均体重はアメリカ人が大幅に上回っていて、数字にしてみるとかなり衝撃的ですよね。

アメリカ人は明るく社交的でストレート!

アメリカといえば、人種のるつぼといわれるだけに、自己主張が強く思ったことをはっきり言うタイプの人が多いのが特徴です。

また、負けず嫌いで競争心が強い面がある一方で、 明るく社交的なで、初対面でもすぐ打ち解けるフレンドリーな人が多いですね。

残念ながら、人種差別的な考えを持つ人も一定数存在していますが、アメリカ人の多くは好奇心旺盛で素直な性格をしています。

アメリカといえば天気や気候は?

アメリカは熱帯から亜寒帯まで気候もバラエティ豊か!

アメリカといえば、広大な国土を持つ国なので、気候も 熱帯に属するフロリダから五大湖周辺の亜寒帯まで変化に富んでいます。

また、アメリカといえば、南北と共に東西の気候の違いも顕著で、同緯度でも西海岸は比較的温暖、東海岸は寒暖差が大きい傾向があります。

その他、海岸沿いか内陸部かによっても天気や気候は大きく変わり、多様な気候分布を持っています。

砂漠からハリケーン、竜巻など気象状況も千差万別!

アメリカといえば、西部の内陸に砂漠もあれば、南東部のフロリダにはハリケーンの来襲で洪水などの大きな被害が出る事も珍しくありません。

また、雄大な自然が広がるロッキー山脈の東部は竜巻が春から初夏にかけて頻発する地域で、 地域ごとに特徴的な気象状況が存在しています。

アメリカといえば、海外旅行の人気渡航先も多い国なので、現地の天気や気候の特徴を事前に確認したうえで、旅行の時期や地域を選ぶといいですね。

スポンサードリンク

アメリカといえば食べ物は何?

アメリカの食べ物といえばファストフード!

アメリカといえば、全てがビックサイズというイメージを思い浮かべる方も多いでしょうが、食べ物もまたしかりです。

特に、ファストフードの量はまさに圧巻で、 Mサイズでも日本のXLサイズかそれ以上のボリュームがあるのが普通。

ホットドックやピザ、フライドポテト等々、カロリー表示を見るとめまいを起こしそうな禁断のジャンクフードグルメがアメリカにはそろっていますよ。

アメリカといえば肉料理も王道の家庭の味!

アメリカといえば、感謝祭に家族で食べる 七面鳥やクリスマスの定番の ローストビーフやチキンなどの肉料理も王道の家庭の味です。

また、気候のよいシーズンに屋外で楽しむバーベキューもアメリカのホームパーティーの定番メニューですね。

尚、アメリカといえばやはり家庭料理もボリューム満点で、メインの肉料理に加え、ポテトや野菜といった副菜もたっぷりつけ合わされるのが普通です。

アメリカといえば人気スポーツは何?

アメリカではアメリカンフットボールが一番人気!

アメリカといえば、オリンピックでもメダルを量産するスポーツ大国でもありますよね。

そんなアメリカで一番人気のプロスポーツといえば、なんといっても アメリカンフットボールです。

アメリカの国民的スポーツであるアメフトは、毎年2月のプレーオフに行われる優勝決定戦のスーパーボールが特に有名ですよね。

野球、バスケット、アイスホッケーもメジャー!

アメリカといえば、日本人選手も多く活躍する プロ野球のメジャーリーグもアメフトに次いで人気のスポーツです。

その他、プロリーグがあるバスケットとアイスホッケーを合わせ、アメリカの4大スポーツとなっています。

尚、近年では世界中で人気のサッカーも競技人口が増えていて、今後、アメリカでも要注目のスポーツの一つですね。

アメリカといえばお土産は何?

定番はチョコウェハースやマカデミアナッツチョコ!

アメリカといえば、自由の女神がプリントされた チョコウェハースは多くの人が一度は貰ったことのある定番のお土産ですよね。

サクサクっとしたウェハースをチョコでコーティングした人気のお土産は、個別包装で食べやすく職場のお土産などにもぴったりです。

その他、アメリカといえばマカデミアナッツのチョコやチョコクランチなど、チョコレート系お菓子のお土産が定番ですよ。

アメリカ地域限定の雑貨もおすすめ!

アメリカといえば、 アメリカ発の人気チェーン店やブランドなどの地域限定グッズもプレミア感があっておすすめのお土産です。

定番なのは、スタバの地域限定のマグカップやタンブラーなどで、おしゃれなデザインがそろっているので喜ばれるお土産になりますよ。

その他、ハイブランド以外にも、アメリカ発のブランドは結構あるので事前にチェックして現地で手ごろなお土産を調達するのもいいですね

アメリカといえば人気の観光地はどこ?

アメリカといえばやはりハワイが王道!

アメリカといえば、50番目の州である ハワイが日本人にとっては最も馴染みのある人気の観光地ですよね。

常夏の島ハワイは、美しいサンゴ礁の海で楽しむマリンスポーツやショッピングなどアクティビティも盛りだくさんの観光地です。

尚、ハワイには2つの世界遺産があり、パパハナウモクアケアは一般人の立ち入り禁止ですが、火山国立公園のキラウエア火山はハワイでも屈指の観光スポットとして人気ですね。

アメリカといえば本土での王道はニューヨーク!

アメリカといえば、本土では ニューヨークがやはり外せない観光地で、アメリカで行ってみたい都市ランキングでも1位と人気があります。

自由の女神やタイムズスクエア、エンパイアステートビルディングなど、お馴染みの観光名所がそろうニューヨークは、世界経済の中心でもありますよね。

尚、アメリカといえば誰もがイメージする自由の女神像は、世界文化遺産にも登録されていて、独立100周年を記念しフランスから贈られた経緯は良く知られていますね。

西海岸のロスやサンフランシスコも人気!

アメリカといえば、ニューヨークと並び、 西海岸のカリフォルニア州にあるロスアンジェルスやサンフランシスコも人気の観光地です。

一年を通じて快適な気候の西海岸は、ハリウッドやサンタモニカビーチ、ゴールデンゲートブリッジなどお馴染みの名所が数多く存在していますよね。

尚、カリフォルニアには、ヨセミテ国立公園とレッドウッド国立・州立公園という2つの世界遺産があり、雄大な自然も楽しむ事ができますよ。

スポンサードリンク

アメリカといえば有名な世界遺産は何?

アメリカといえばグランドキャニオンが人気の世界遺産!

アメリカといえば、悠久の時をかけ浸食された広大な渓谷が続く グランドキャニオンもアイコン的な存在ですよね。

アリゾナ州にある世界遺産のグランドキャニオンは、アメリカを代表する観光地で、特に朝焼けと夕焼けが絶景なので時間を計算して訪れるといいですよ。

尚、グランドキャニオンはラスベガスからだと効率よく訪れられるので、ラスベガス観光と併せて楽しむのもおすすめです。

世界最古の国立公園イエローストーンもおすすめ!

アイダホ、モンタナ、ワイオミングの3州にまたがる イエローストーン国立公園は、世界初の国立公園としても知られています。

地球上の源泉の約半分と間欠泉の3分の2があるイエローストーンは、地球の息吹が肌で感じられるアメリカでも屈指の観光スポットなんです。

神秘的な色の温泉をたたえる温水泉、間欠泉が点在するイエローナイフは、滝や川、渓谷、湖など変化にとんだ景観が広がりアメリカの自然美が堪能できますよ。

アメリカといえば経済、文化の中心のエキサイティングな国!

クリスマスの休暇はアメリカやヨーロッパではいつからいつまでの期間?

母の日はアメリカが起源?カーネーションを贈る習慣はある?

ハワイで漢字で書くと?由来や国名や海外の都市を漢字表記する理由は?

日本といえば?文化や伝統・国鳥や国花、人気の名所と食べ物のまとめ

和食といえば?定番の料理やおかず、外国人に人気な日本食ランキング15選

という事で、アメリカといえば、をテーマに、面積や人口、国歌、国旗などの基本情報から食べ物、スポーツ、観光地までまとめてご案内いたしました。

アメリカは、日本人にとってはお馴染みの外国でもありますので、ぜひこの機会にアメリカに関する理解を深めてみて下さいね。

以上、「アメリカといえば?食べ物やお土産、世界遺産の観光地とスポーツ、国旗や国歌とは?」を紹介しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 布団干し 湿度
  2. 黒目の傷 治る期間

スポンサードリンク








プライバシーポリシー