温かい缶コーヒーは寒い季節にほっと一息つくにはもってこいの飲み物ですが、簡単で手軽な温め方はあるのでしょうか。

「自動販売機で温かい缶コーヒーを買ってもすぐ冷えてしまう」「箱買いした缶を家庭で手軽に温めたいなど」色々な理由で缶コーヒーを温めたい場合がありますよね。

今回は、 缶コーヒーの温め方について、湯煎や電子レンジで簡単にできる方法や注意点からおすすめの温める機械までまとめてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

缶コーヒーの温め方のポイントと注意点は?

缶コーヒーの適温は55度前後!

「55度って低すぎるのでは?」と思う方も多いでしょうが、自動販売機のホットの飲み物の温度設定 大体55度前後です。

常温の缶コーヒーを温める場合も、温めた直後に美味しく飲むなら55度前後という温度を目安にするのがおすすめ。

加熱しすぎると缶が熱すぎて触れないすぐ飲めないほど中身が熱くなっているといったデメリットが発生します。

缶コーヒーの温め方では、 程よく温めるというのが最初のポイントですよ。

高温・直火での加熱は絶対にNG!

缶コーヒーの注意書きをみると 「温めるときは缶をストーブや直火にかけないでください」の一文を確認できるはずです。

理由は、缶を温めすぎると中身が膨張して缶の破損や爆発の恐れがあるからなので要注意。

電子レンジにそのまま入れる温め方も、爆発する恐れがあるので絶対にやめましょう。

缶コーヒーの温め方は、基本的に湯煎か専用の温める機械を使う方法が安全でおすすめです。

湯煎の場合も、沸騰したお湯に長時間つけておくと缶が破裂する恐れがあるため、 加熱しすぎないよう注意しましょう。

スポンサードリンク

缶コーヒーの温め方1:鍋で湯煎

お家での缶コーヒーの温め方で最も一般的なのは、 鍋で湯煎する方法です。

湯煎で缶コーヒーを温める手順は以下のようになります。

①鍋に缶コーヒーを横にして浸る位の水を入れコンロにかけ沸騰させる

②沸騰したら火を止めて缶コーヒーを鍋の中に横向きに寝かせて入れる

③蓋をして5分ほど待てば、温かい缶コーヒーの出来上がり!

お湯を沸かす手間はかかりますが、どこのご家庭でも手軽にできる最もスタンダードな缶コーヒーの温め方ですよ。
💡ここがポイント!
缶コーヒーを鍋で湯煎する場合、お湯が沸騰した状態で火にかけておくと 缶が破裂する危険があるので、必ず火を止めてから缶を入れるようにしましょう。
スポンサードリンク

缶コーヒーの温め方2:熱湯が入った容器で湯煎

参照元URL:https://youtu.be/Y9vYDStuZFw

缶コーヒーの温め方では、上の動画のように 熱湯を入れた大き目の容器を使うのもおすすめで、以下の手順で温めることができます。

①大きな容器に缶を寝かせて浸るくらいまで熱湯を注ぐ 

 ※保温性のある容器がよりおすすめ

②お湯の中に缶コーヒーを入れくるくると指で回転させる

③適度に温まったところで缶を取り出せばホットの缶コーヒーの出来上がり!

基本的には鍋での湯煎と同じですが、電気ポットやケトルのお湯を使うと時短になり、より手軽ですよ。

💡ここがポイント!
くるくると缶コーヒーを回転させることで、温める時間を短縮できるので、やけどしないよう気をつけながらやってみて下さい。

缶コーヒーの温め方3:熱湯が入ったマグカップで湯煎

缶コーヒーの手軽な温め方では、 マグカップを使ったやり方も非常に簡単でおすすめです。

温め方は、とても簡単で以下の手順になります。

①缶コーヒーがすっぽりと入る大き目のマグカップを用意する

②マグカップに缶コーヒーを入れて沸騰したお湯を満杯まで注ぐ

③5分間ほど放置すればホットの缶コーヒーの出来上がり!

マグカップに注いだ直後のお湯は80度を超える熱湯ですが、5分ほどで約60度まで下がり、缶コーヒーもお湯とほぼ同じ温度になります。

缶コーヒーが最も温まっているのは熱湯を注いで約3分後ですが、熱すぎるので5分ほど放置してからが飲み頃の温度です。

スポンサードリンク

缶コーヒーの温め方4:電気ケトルで湯煎

缶コーヒーを簡単に温める方法では、 ケトルを使うのもおすすめのアイデアで、面倒くさがりの方にピッタリの温め方です。

非常に手軽なケトルでの缶コーヒーの湯煎の仕方は以下の通り。

①電気ケトルに水を適量入れて沸かす

②沸騰したらスイッチを切り、缶コーヒーを中に入れる

③2~3分、缶コーヒーをケトルの中に放置すれば完了!

先に缶をきれいに洗っておけば、沸かしたお湯も再利用することができますよ。

ケトルを使ったNGな温め方

参照元URL:https://youtu.be/3Bw_uq2CFtA

ケトルで缶コーヒーを温める方法では、必ず先にお湯を沸かして スイッチを切った後に缶をケトルの中に入れることが大切です。

上の動画のようにケトルの中に水と缶コーヒーを入れて沸騰させる温め方はやけどする危険もあり避けるのがベスト

沸騰すれば自動的にケトルのスイッチは切れますが、そもそもケトルは構造上水以外の物を加熱するために作られていません。

缶を中に入れ沸騰させると ケトル自体の温度が上がりすぎて故障する可能性があると「Tiger」のHPにも書かれているのでやめておきましょう。

スポンサードリンク

缶コーヒーの温め方5:電子レンジで湯煎「HOTす~る!」

参照元URL:https://youtu.be/pHffrpfCoRY

缶コーヒーをそのまま電子レンジで温めようとすると爆発する危険があるので絶対にNG。

しかし、上記の 「HOTす~る!」は安全に電子レンジで缶コーヒーを温めることができる画期的なアイデア商品なんです。

非常に簡単な以下の手順で、手間いらずな温め方ができるので要チェックですよ。

①HOTす~る!の容器の線まで水を入れる

②缶コーヒーを中にいれて蓋をし、電子レンジで温める

③ロング缶2分、ショート間1分で温かい缶コーヒーの完成!

価格も1個500円とコスパも抜群のアイデアグッズなので、気軽にトライすることが可能。

西山コーポレーションオンラインショップのリンクから詳細の確認と商品の購入ができるのでチェックしてみて下さいね。

缶コーヒーの温め方6:電気ポットで湯煎

缶コーヒーの温め方では、 電気ポットの中に缶を入れて湯煎し温めるのも手軽な方法です。

温度調節が可能な電気ポットがあれば、以下の手順で簡単に缶コーヒーをホットにできますよ。

①電気ポットの温度を60度くらいに設定して保温状態にする

②中に缶コーヒーを入れて、5分程放置すれば出来上がり

ただし、沸点近くでしか保温できないタイプの電気ポットは缶が膨張して破損する危険があるので、使用は控えましょう。

缶コーヒーの温め方7:ドリンクウォーマー

缶コーヒーをオフィスや出先で温めたい場合は、 上記のドリンクウォーマーもおすすめアイテムです。

USBにつなぐだけで、缶コーヒーだけでなくペットボトルや哺乳瓶なども温められるドリンクウォーマーは凡庸性が高く重宝すること間違いなし。

常温から缶コーヒーを温める場合、1~2時間かかるため、時短の温め方ではありませんが、ドライブやアウトドアなどでも便利なアイテムです。

飲み物を保温したいときにも使うことができて、不使用時はコンパクトに折りたためるので荷物にもなりません。

缶コーヒーを温めたり保温したりするなら、 約60度まで加熱が可能な12V15Wのブラックがおすすめですよ。

缶コーヒーの温め方8:保温庫

毎朝、出かける前に缶コーヒーを飲むなど、日常生活の中で温かい缶コーヒーを飲む習慣がある場合、保温庫をお求めになるのもおすすめの方法です。

上記のツインバードのコンパクト保冷保温ボックスなら、保温機能を使ってホットの缶コーヒーを常備しておくことが可能。

AC/DCの2タイプの電源対応なので、ご家庭だけでなくアウトドアの際は車に積み込んでDC電源で使うこともでき大変便利ですよ。

500mlペットボトル4本、350ml缶6本収納可能なコンパクトサイズの保冷保温庫は、幅広いシーンで使えるおすすめの家電となっています。

缶コーヒーの温め方9:保温保冷ドリンクホルダー

ドライブのときに缶コーヒーを温めたり、温かい状態で保温したりするなら、保温機能付きのドリンクホルダーがあると大変便利でおすすめです。

上記の保温保冷車載ドリンクホルダーは、シガープラグに接続してドリンクホルダーに差し込むだけで手軽に使えるアイテム。

常温から温める場合、時間がかかりますが、寒い時期はコーヒーの保温、暑い時期は飲み物の保冷と一年中重宝しますよ。

缶コーヒーの簡単な温め方を攻略しよう!

という事で、缶コーヒーの温め方について、手軽な方法や専用の温める機械などまとめてご紹介しましたがいかがでしたか。

基本は湯煎ですが、出先でも使えるアイデア商品や専用の機械など色々な温め方が可能なので、ぜひニーズに合った方法にトライしてみて下さいね。

以上、「缶コーヒーの温め方!湯煎や電子レンジを使った簡単な方法や温める機械も紹介!」の記事を紹介しました。

スポンサードリンク