熱中症予防や脱水症状の改善に有効な 経口補水液ですが、美味しいと感じると危険とのウワサがあるのをご存知でしょうか。

味がまずいといわれることも多い経口補水液を美味しいと感じたら、体調になんらかの異変が起こりつつあるサインなのか心配ですよね。

今回は、 経口補水液をお美味しいと感じる理由について、通常は味がまずいと言われる原因や飲みやすい種類もまとめご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

経口補水液を美味しいと感じるのは危険って本当?

経口補水液を美味しいと危険との声は、ネットでもよくみかけますが、巷では実際どんな風にいわれているのでしょうか

実際、 拡散されているツイートを探すと以下のような内容がありました。

 

本来まずいはずの経口補水液が美味しいと感じるのは 体が欲しているからという理屈です。

 

体調によって味の感じ方が変わるという経験は誰でもあるので、あながち根も葉もないうわさでもなさそうですね。

 

最近は 本当に美味しい味の経口補水液もあるとのことなので、必ずしも危険な場合ばかりでもなさそうです。

巷の意見を総合すると、経口補水液が美味しいと感じる場合、以下の二つの可能性があります。

・本当に美味しい経口補水液

・体調のせいで美味しいと感じる

本当に美味しい経口補水液だった場合は、問題なしですが、体調不良のサインなら見過ごせないためきちんと見極めることが大切ですね。

スポンサードリンク

経口補水液の味がまずいと感じる原因は?

最近は味が改良され飲みやすい経口補水液もありますが、そもそもなぜ味がまずいと感じるのか

経口補水液と代表的なスポーツドリンクの成分を比較して原因を探ってみることにしました。

100mlあたり 炭水化物 ナトリウム
OS-1 2.5g 115㎎
ポカリスエット 6.2g 49㎎
アクエリアス 4.7g 40㎎

※炭水化物は糖分、ナトリウムは塩分の含有量

上の表からわかる通り、経口補水液の 糖分は一般的なスポーツドリンクの約半分、塩分は倍以上も含まれています。

スポーツドリンクに比べ、経口補水液は甘味が少なく塩味が濃い味というわけですね。

甘味より塩味が勝るため、多くの人が経口補水液はしょっぱくてまずいと感じる原因だと推測できます。

経口補水液を飲んだことがない人は、スポーツドリンクの甘味を薄くして、しょっぱさをきつくした味を想像してみて下さい。

余り美味しそうなイメージではないことが感覚として理解して頂けるのでは?

美味しくなっているといわれる経口補水液ですが、体調不良のサインの場合もあるため見逃さないようにしましょう

スポンサードリンク

経口補水液が美味しいときに考えられる身体の状態とは?

本来はしょっぱくてまずいと感じるはずの経口補水液が美味しいとき、私達の身体はどういった状態なのでしょうか。

経口補水液を飲んで「甘い」または「無味」と感じる場合、 体液の塩分濃度が高くなっている可能性が。

体液中の塩分が濃くなっていると、塩分に対して味覚が鈍感になり、経口補水液のしょっぱさを感じにくくまります。

しょっぱいはずの経口補水液が、甘かったり無味に感じる場合、 水分不足のサインの疑いありということです。

体液の塩分濃度が高くなるのは、以下のような原因が考えられます。

・スポーツなどで大量に汗をかく

・下痢や嘔吐の症状がある

・二日酔いの症状がある

・水分の摂取が不足している

原因に心当たりがある場合は自覚できますが、普通通りの生活をしていても知らないうちに水分の摂取が不足している場合もあるため注意が必要。

本当に美味しいだけの可能性もありますが、 念のため脱水症状の他のサインがないか、注意しましょう。

スポンサードリンク

経口補水液が美味しいとき本当に危険なサインとは?

経口補水液が美味しいときは、経口補水液が本当に美味しいのかもしれませんが、水分不足のサインの可能性もあります。

水分不足で脱水症状を起こしているのあれば、経口補水液の味以外にもサインがあるはずなので見逃さないようにしましょう。

初期の脱水症状が疑われるのは、経口補水液が美味しいと感じることに加え、 以下のような症状がある場合。

・だるい

・吐き気がする

・トイレの回数が減る

・激しいのどの渇きがある

・食欲がない

・息苦しい

当てはまる症状がある場合、経口補水液が美味しいのではなく身体が水分不足を訴えているのかもしれません。

経口補水液を美味しいと感じたときの対処法は?

経口補水液が飲みやすいわけではなく、身体の不調から美味しいと感じている場合は、症状が悪化しないよう対処が必要です。

熱中症で脱水症をおこしかけているときの対処は以下の通り。

・涼しい所に移動する

・衣服をゆるめる

・濡れタオルなどで身体を冷やす

症状が悪化すると大変なので、経口補水液で水分補給しながら休息をとり、安静を心がけるようにしましょう。

美味しい経口補水液を独自ランキングで比較紹介!

経口補水液がまずいのに美味しく感じる状況を見てきましたが、近頃は飲みやすく本当に美味しい経口補水液もたくさんあります。

味わいや飲みやすさなどを比較しつつ、美味しい経口補水液を独自のランキングでご紹介してまいりましょう。

美味しい経口補水液ランキング1位:味の素 アクアソリタ

アクアソリタの成分(100mlあたり)

エネルギー:7kcal

炭水化物:1.7g

ナトリウム:80㎎

味:青リンゴ味

味の素のアクアソリタは、経口補水液の中でも特に美味しいと評判の商品です。

ナトリウムの量が100mlあたり80㎎と通常の経口補水液の3分の2程度に抑えられているため飲みやすいのが最大の特徴。

まずいと感じる原因のしょっぱさがほとんどなく、さわやかな青リンゴ風味に仕上げられています。

炭水化物も他の経口補水液より少なめでカロリーも低いので、糖分が気になる人でも気軽に飲める経口補水液です。

味のイメージは さっぱりしたリンゴジュースといった感じなので、経口補水液の味が苦手な方にもおすすめ。

小さな子供やお年寄りにも飲みやすい味なので、熱中症予防にもぴったりですよ。

美味しい経口補水液ランキング2位:明治 アクアサポート

アクアサポートの成分(100mlあたり)

エネルギー:9kcal

炭水化物:2.3g

ナトリウム:115㎎

味:リンゴ味

明治のアクアサポートも、特有のまずさがなくジュース感覚で美味しく飲むことができると好評の経口補水液です。

100mlあたりのナトリウムの含有量が115㎎と標準なのでしょっぱさは感じるものの、まずくて飲みにくいレベルでは全くありません。

薄めのリンゴ風味のさっぱりした味わいのあと、ほのかに塩味を感じる程度なので、美味しく飲める経口補水液ですよ。

成分的に見ても、代表的な経口補水液と効果もほとんど同じで、ジュースの代替品として 無理なく水分補給が可能な商品となっています。

スポンサードリンク

美味しい経口補水液ランキング3位:コカ・コーラ アクエリアス経口補水液

アクエリアス経口補水液の成分(100mlあたり)

カロリー:11kcal

炭水化物:2.7g

ナトリウム:98㎎

味:すっきり柑橘フレーバー

コカ・コーラからでている アクエリアス経口補水液は、柑橘系の味わいですっきり美味しく飲める経口補水液です。

アクアソリタと一般的な経口補水液の丁度、中間くらいの塩分量なので、塩味が余り気にならないように仕上げられています。

炭水化物が他の経口補水液よりほんの少し多めですが、飲みやすさという点ではかなりおすすめ。

抵抗なくジュース感覚で楽しめる経口補水液ですよ。

美味しい経口補水液ランキング4位:大塚製薬 OS-1(オーエスワン)

OS-1の成分(100mlあたり)

エネルギー:10kcal

炭水化物:2.5g

ナトリウム:115㎎

味:柑橘系

経口補水液の代名詞ともいえる 大塚製薬のOS-1は、パッケージと味がリニューアルされ以前よりも美味しくなった逸品です。

成分は変わりませんが、ポカリスエットのような柑橘系の風味が強くなり、格段に飲みやすさが改善されています。

以前飲んでみてまずいと思った方でも、再度トライしてみる価値がありますよ。

美味しい経口補水液ランキング5位:日本薬剤 エブリサポート

エブリサポートの成分(100ml当たり)

エネルギー:10kcal

炭水化物:2.4g

ナトリウム:80g

日本薬剤のエブリサポートは、ナトリウムがアクアソリタと同量で、塩味が抑えられていて飲みやすくなっています。

味の系統としては、スタンダードな経口補水液の味わいですが、日本薬剤の以前の経口補水液と比べ味が改良されていておすすめです。

エブリサポートは、他の経口補水液より割安なので、より手軽に買えるのもメリットですよ。

経口補水液が美味しいときは適切な対処を心がけよう!

という事で、経口補水液が美味しいと感じるのは危険なのかを中心に、美味しい経口補水液のランキングも併せご紹介いたしました。

本当に美味しければ問題ありませんが、熱中症などのサインで美味しいと感じる場合もある経口補水液なので、あれっと思ったときは適切な対処を心がけて下さいね。

以上、「経口補水液を美味しいと感じるのは危険?味がまずい原因や飲みやすい種類の比較も!」を紹介しました。

スポンサードリンク