防寒対策だけでなく着るだけでオシャレ見えるニットは、みんなが大好きなファッションアイテムの1つですよね。

いつからでもニットを早く着たいと思っている人も多いはず。

今回は、 ニットはいつから着られるのか?ニット素材のファッションアイテムごとにいつから着るのがベストか紹介していきます。

後半には、 悩みやすい秋のニットコーデについても紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ニットカーデガンはいつから着れる?

ニットカーデガンをいつから着るのがおすすめかというと、 9月に入って気温が25度を下回る日が増えてきたころになります。

ただ、春カラーのニットカーデガンやざっくり編みのニットカーデガンならもう少し気温の高い時期に着ても違和感はありませんよ。

「ニットカーデガンはいつから」と厳密に決めるよりも、色やデザインによって通年着回すこともできます。

夏なら冷房の強すぎるオフィスなどでニットカーデガンを羽織っている人も多いと思います。

ニットカーデガンはファッションアイテムだけではなく、冷房対策として使えば1年中着ることができますよ。

ニットワンピースはいつから着れる?

ニットワンピースをいつから着るかは、ニットワンピースの素材やデザインによって大きく異なります。

タートルネックの厚手素材のニットワンピースなら気温10度以下を目安に。

薄手素材のニットワンピースなら気温15度くらいでも着ることができますよ。

ただ、ニットワンピースはニットカーデガンに比べて、ニット素材の面積が大きいので9月上旬で夏の終わりごろにはまだ早いかもしれません。

見ているだけで暑苦しくみえてしまうので、周りから「まだニットワンピースは早いんじゃない?」と思われてしまうこともあるので、注意しましょう。

スポンサードリンク

薄手のニットはいつから着れる?

薄手のニットなら気温20度くらいでも着ることができます。

肌が透けるほどの薄手のニットなら、25度くらの気候の日に着ることもできますよ。

春夏の25度前後の日に薄手のニットを着るなら、ノースリーブのトップスの上から薄手ニットを羽織るのがおすすめです。

薄手ニットが風に揺れてノースリーブから見える方が涼しさを感じさせるので、薄手ニットの重ね着をしても暑苦しく見えることはありません。

ニットのタートルネックはいつから着れる?

タートルネックのニットがいつから着れるかというと、10度以下になる12月、1月ごろが良いでしょう。

タートルネックのニットは首元までしっかり覆えるので防寒対策にはぴったりのファッションアイテムです。

ただ、身体の熱もこもりやすいので日中気温が上がる時期ではタートルネックはまだ早いかもしれません。

10月や11月でも夜は寒いからニットが着たいという人は、タートルネック以外のニットトップスに脱ぎ着しやすいアウターを合わせて調節するのがおすすめですよ。

ニットセーターはいつから着れる?

薄手のニットセーターで25度を下回る9月下旬頃から、厚手のニットセーターは15度を下回る11月頃から着るのがおすすめです。

ただ、9月中は残暑もきつく、急に暑くなる日もあるのでサマーニットのような薄手の素材のニットセーターを選ぶようにしましょう。

厚手のニットセーターは冬物衣類として衣替えする人が多いと思うので、気温や季節がいつから着るというよりも、衣替えのタイミングに合わせて着始めるという人が多いですね。

スポンサードリンク

ニットコートはいつから着れる?

ニットコートをいつから着るのがおすすめかというと、 10月の20℃を下回る頃がおすすめです。

ニットコートは裏地がないものが多く、コートの中でも羽織りやすいアイテムですよね。

ダウンコートやファーコートを出すほどではないけど、アウターがないと寒いという時に重宝するのがニットコートです。

ただ、裏地がない分風を通しやすいので風が強く吹く寒い日にはニットコートは向いていません。

海風が強く吹く港町の地域ではニットコートを好まれないことも多いので、いつから着るというよりも地域性によって着る時期が変わってくるかもしれませんね。

ニット帽はいつから?

ニット帽は、1年中使えるニットアイテムです。

なので、 ニット帽はいつから使えるという明確な基準はあまりないといえます。

ただ、ウインタースポーツで使うような耳当てがついている厚手のニット帽は、気温が10度を下回る1月頃からかぶるのがおすすめです。

サマーニット帽なら春夏の暑い時期にかぶっていてもおかしくはありませんよ。

ただ、汗をダラダラ書くようなシーンにニット帽は合わないので、TPOを選んでかぶるようにしましょう。

スポンサードリンク

季節にあったニットの選び方のポイントは?

ニットの素材

春夏の温かい時期にニットを着るなら、コットンやリネンで作られたサマーニットがおすすめです。

肌触りがよく、素肌の上に着てもチクチクしにくいので薄着になるシーズンでもニットファッションを楽しむことができます。

秋冬の寒い時期にニットを着るなら、ウール素材で編まれたボリューミーなニットがおすすめです。

ウールは保温効果があるので、身体から放出される熱をニットの中に留めておくことができ、寒い冬を温かく快適に過ごすことができます。

ただ、ニットは風を通しやすいので寒い時期にニット1枚だけで過ごすのは難しいです。

コートを羽織ったり、保温効果のあるインナーを合わせることで防寒対策をすることができます。

ニットの編み方

春夏の温かい時期は、ざっくり粗目に編んだニットがおすすめです。

粗目のニットはインナーが透けて見えるので、明るめのカラーを重ねてニットの網目から見えるインナーカラーを楽しむこともできますよ。

秋冬の寒い時期は、太めに網目が入ったボリューム感のある編み方やオーバーサイズのニットがおすすめです。

少しオーバーサイズに編まれたニットは、冬の可愛い女の子の定番ファッションですよね。

ネイルデザインで冬にはニット柄が流行るなど、冬にはニット柄のファッションが流行します。

冬はニットらしい大き目の網目が入ったニットを選ぶのがおすすめですよ。

ニットの柄

春夏の温かい時期には、花柄やボーダー柄の春夏をイメージさせる柄のニットがおすすめです。

カラーは、パステルカラーや原色など明るめの色を選ぶことで、温かい時期でも違和感なくニットを着こなすことができますよ。

最近ではボタニカル柄のニットも流行っているので、春夏にはボタニカル柄のニットを取り入れるのもおしゃれですね。

秋冬の寒い時期には、柄の少ないニットや無地のニットがおすすめです。

冬らしい雪の結晶のデザインが入ったニットは子供っぽく見えてしまうこともあるので、あまりおすすめできません。

カラーは、ブラックやネイビー、ブラウンなどの暗めの色かホワイトを選ぶのがおすすめです。

スポンサードリンク

気温別おすすめニットを紹介

UVカットサマーニットパーカー

25度以上の暑い時期でも着られるのが UVカットサマーニットパーカーです。

レーヨン混のサマーニットなのに、93.2%のUVカット効果のあるニットパーカーなんです。

柔らかい素材なのでいつから着ても暑苦しく見えることはありませんよ。

ドルマン型サマーニット

気温20度から25度頃におすすめの ドルマン型サマーニットです。

ゆったりとしたシルエットなので、体系をカバーしながらニットを着ることができます。

コットンとリネンで編まれたニットは肌触りも最高です。

ニットワンピース

【送料無料】ニット ワンピース ニットワンピース カシュクール プリーツ プリーツワンピース 長袖 厚手 ひざ下丈 ロング丈 ミモレ丈 秋 冬 お呼ばれ オフィス きれいめ 体型カバー 通勤 ゆったり レディースワンピース 送料無料 レディースワンピース

通勤やフォーマルなシーンでも着回せる ニットワンピースです。

厚手のニットワンピースでは、カジュアル感が出てしまいますが女性らしい薄手のニット素材のワンピースならフォーマルな食事のシーンでも着回すことができますよ。

ウェスト部分をリボンベルトでマークできるので、スタイル良く見せることもできます。

3月4月の入学、卒業シーズンにもおすすめです。

ケーブル編みニットワンピース

気温15度を下回る11月頃におすすめなのが、ケーブル編みのニットワンピースです。

大きい網目が可愛らしいデザインになっていますよね。

首元はボリューム感のあるタートルネックになっているので、防寒対策にもばっちりですよ。

ニットプルオーバー

気温10度を下回る12月頃におすすめのアイテムがニットプルオーバーです。

肩の部分がドロップショルダーのようになっているので、身体を華奢に見せてくれるデザインになっています。

隙間がないようにきっちり編まれたこのニットは12月の寒い時期でも体をしっかり守ってくれますよ。

秋におすすめニットコーデは?

秋ニットコーデ①

黒と白をベースにシンプルにまとめた秋ニットコーデです。

鎖骨は見せないけどタートルネックほど首を覆わない絶妙な長さのニットが秋コーデにはぴったりです。

袖をまくって手首を露出することで、暑苦しくなりすぎないコーディネートになっています。

秋ニットコーデ②

明るめカラーで背中を露出したニットならまだ暑さも残る秋口でも違和感なく着こなすことができますよ。

写真のニットカラーなら春先のニットコーデとしても使えそうですね。

粗目に編んだニットなので、暑さと寒さが混同する秋にはぴったりのニットです。

秋ニットコーデ③

ブラック、ブラウン系でまとめたおしゃれなコーディネートですね。

この色味なら11月頃まで着ても違和感はないと思います。

コートはブーツを合わせれば冬のコーディネートとしても使えそうです。

ゆるめのニットにタイトなスカートを合わせてバランスを取るのがスタイル良く見せるポイントです。

ニットの素材次第でいつからでも着られる

ニットは冬の寒い時期に着るイメージだと思われがちですが、ニットの素材や編み方次第でいつでも着ることができるんですよ。

ニットは女の子を可愛く見せる魔法のファッションアイテムなので、着方をマスターして冬以外でもニットファッションを楽しみましょう。

以上、「ニットはいつから?ニットカーデガンやワンピースなど種類別の目安を紹介」について紹介しました。

スポンサードリンク