巷で人気のマトンカレーを知っていますか?

スパイスを効かせた本格派のインドカレーなのですが、独特な香りと味わいがクセになるとハマる人が続出している料理なんです。

今回は、マトンカレーとはどんなカレーなのか、マトンとは何なのか、他のカレーとの違いなどを紹介していきます。

自宅で作れるレシピも紹介しているので、気になる方はぜひ作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

マトンカレーとはどんな料理?

マトンカレーとは

マトンカレーとは、 羊肉を使ったキーマカレー風のカレーのこと。

日本では、北海道の名物で羊肉を使ったジンギスカンが有名ですよね。

最近では北海道以外でもジンギスカン鍋のお店が増えてきて、日本各地で羊肉のマトンを使ったジンギスカン料理が食べられるようになりました。

マトンカレーは、このジンギスカンブームと一緒に日本中のブームになりつつあるカレーなんですよ。

マトンとラムの違い

●マトンとは、生後2年以上から7年くらいの成長した羊肉。

牧草くさい特有のにおいがある。

●ラムとは、生後1年未満の仔羊肉。

臭みが少ない。

マトンとラムは同じ羊肉を意味しますが、細かくは上記のように分類されます。

生後どのくらい経過している羊なのかが、呼び名の変わる目安となっていますね。

羊が成長するほどに独特な臭いが強くなる特徴があります。

また、ラムよりマトンの方が脂身が多く含まれているのも特徴の違いですね。

マトンカレーとは、成長した羊肉のマトンを使った、独特な香りと風味のカレーです。

マトンカレーが食べられている地域

マトンカレーは、 北インド地方でよく食べられています。

北インドのカレーは、牛乳や生クリームを使い濃厚に作られるのが特徴。

スパイスは、クミンやターメリック、ガラムマサラなどが使用されています。

一方で南インドのカレーは、ココナッツミルクを使ったシャバシャバ系のカレー。

マスタードシード、レッドペッパー、カレーリーフなど使用するスパイスも異なり、辛味が効いているのが特徴となります。

同じインドでも北と南でカレーの文化は全く違うのは、面白いですよね。

マトンは脂分の多い肉なので、濃厚系の北インドのカレーにぴったりなんですよ。

スポンサードリンク

マトンカレーのカロリーや味は?

マトンカレーのカロリー

マトンカレー・・・388キロカロリー
ポークカレー・・・388キロカロリー
チキンカレー・・・315キロカロリー
グリーンカレー・・411キロカロリー

マトンカレーと、日本で一般的に食べられているカレーのカロリー(ルーだけ)を比較すると、上記のようになっています。

マトンは脂身が多いとお伝えしていたので、カロリーが気になった人もいるかもしれませんが、 マトンカレーのカロリーはポークカレーと同じカロリーなんですよ。

また、スパイスが効いてヘルシーなイメージのあるグリーンカレーは4種類のカレーの中では1番高カロリーになっています。

マトンカレーはカロリーが多いイメージがあって食べるのに抵抗があった人は、これで安心して食べられますね。

マトンカレーの味

マトンカレーとは、独特な香りのあるカレーです。

ジンギスカンを食べたことがある人はわかるかと思いますが、羊肉は豚肉や牛肉に比べると独特な香りと味がしますよね。

ジンギスカンが苦手な人は、マトンカレーも苦手という人が多いです。

ただ、ジンギスカンとは違い、マトンカレーは数種類のスパイスと一緒に煮込んでいるので、ジンギスカンよりも臭いは抑えられています。

日本料理にはない独特な香りなので、気になる人はぜひ一度マトンカレーを食べてみるといいですよ。

スポンサードリンク

マトンカレーが流行っている理由

マトンは独特な香りがしますが、 この独特な香りがマトンカレーが流行る理由の1つになっています。

パクチーも大流行しましたが、パクチーは嫌いな人にとっては「草を食べているみたい」ですよね。

でも、パクチー好きな人は山盛りでトッピングをしたり、パクチーだけでもモリモリ食べるほど。

このように独特な香りや味のする食材は、嫌いな人は嫌いだけどハマる人にはドハマりする傾向があります。

そのため、独特な香りのするマトンカレーは、マトンの香りを好む人に大流行しているんです。

スポンサードリンク

美味しいマトンカレーのレシピを紹介

ミートマサラで本格マトンカレー

ミートマサラで本格マトンカレーの作り方

【材料】4人分

油(炒め用)      大さじ2
にんにく(みじん切り) 1玉
生姜(すりおろし)   大さじ1
玉ねぎ(みじん切り)  1玉
ミートマサラ     大さじ2
マトン(角切り)   500グラム
トマト缶(カット)  1/2
ヨーグルト(無糖)   大さじ3
塩          少々
【作り方】
1.鍋に油を入れて、にんにく、生姜を匂いが出るまで炒める。
2.玉ねぎを加えて、完全に火が通るまで炒める。
3.ミートマサラを加えて、3分ほど炒める。
4.マトンとトマトを加えて、5分ほど炒める。
5.ヨーグルトを加える。
6.材料が浸るまで水を加えて、マトンが好みの柔らかさになるまで煮込む(圧力鍋でも可)
7.塩で味を調えたら完成。

本場のマトンカレーは数種類のスパイスを加えますが、日本では手に入れにくいスパイスも。

そんな時には、 ミートマサラを入れるだけで一気に本格派のマトンカレーが作れます。

辛さをプラスしたい時にはカイエンペッパーを入れて調整してみてくださいね。

ピーマンを入れると彩もよくなります。

スープカレー風マトンカレー

スープカレー風マトンカレー

【材料】5人分

マトン       800g
ニンニク      3かけ
しょうが      5スライス
玉ねぎ       3/4
コリアンダー    適量
シナモンスティック 少々
グローブ      少々
カルダモン     少々
トマトのホール缶  大さじ4
ターメリック    少々
クミンシード    少々
クミンパウダー   少々
カレースパイス   少々
チリ        少々
生の唐辛子     少々
塩         適量

【作り方】
1.マトンの皮を取って食べやすい大きさに切る
2.フライパンに油、クミンシードを入れて熱する
3.フライパンにマトン、ターメリックを入れて焦げ目がつくくらい炒める
4.よく焼き目がついたら玉ねぎ、生唐辛子、にんにく千切り、生姜千切り、トマトを炒める
5.野菜がしんなりしたら、スパイスを入れる
6.全部の材料を圧力鍋に入れてひたひたより少し多いくらいに水を入れる
7.塩で味付けをしてちょっとうすいくらいで圧力鍋にかける
8.出来上がったら、ギーとコリアンダーを入れて味を調整する。

マトンカレーとは、濃厚なカレーだと紹介しましたが、上のレシピはスープカレーのような シャバシャバ系のカレーです。

スパイスを多く入れているので、深みのある味わいになりますよ。

バターを加えるとマイルドなマトンカレーになります。

スポンサードリンク

マトンカレーを手軽に食べるなら市販もアリ

骨なしマトンカレー

マトンがトロトロに溶け込んだ骨なしマトンカレー

楽天市場の口コミレビューも高く、美味しいと評判のカレーなんですよ。

スパイスが効いた本格派のマトンカレーが、自宅で湯せん、レンチンするだけで食べられちゃいます。

マトンカレー&サフランライス

マトンカレーとサフランライスが同時に味わえるお得なセットです。

サフランライスとは、白米とサフランから作られた料理でインドでは主食として親しまれています。

マトンカレーとサフランライスの相性はとても良く、より本場の味わいを堪能することができますよ。

冷凍マトン

冷凍マトンはネット通販で購入することができるのをご存知ですか?

専門店や大型スーパーならマトンが販売されていますが、近所でマトンが買えないという人はネット通販が便利です。

マトンカレーとはスパイスが効いた本格派カレー

マトンカレーの魅力に惹かれ、マトンカレーが食べたくなったのではないでしょうか。

マトンカレーとはスパイスが効いた本格派のカレーで、香りや味は癖がありますがパクチーのようにハマる人はドハマりする中毒性もあります。

気になる人は、インド料理店やネット通販でマトンカレーを食べてみてくださいね。

以上、「マトンカレーとは?カロリーや味、美味しいレシピとラムとの違いも!」について紹介しました。

スポンサードリンク