履き心地抜群なカジュアルサンダルとして人気が高いクロックス

ちょっとそこまでのお買い物や、洗濯物干しの時に庭やベランダで使ったりと、持っていると何かと便利なサンダルですよね。

そんなクロックス、置いておく場所やお手入れ方法を間違えてしまうとサイズが縮むことも…!

今回は、クロックスが縮む原因と縮んだ時の戻し方普段のお手入れの方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

クロックスが縮む原因は?

実際にどんな時にクロックスは縮むことがあるのでしょうか?

まずは、クロックスが縮む原因を抑えておきましょう。

クロックスには「クロスライト」という合成樹脂が使用されています。

このクロスライトとは、クロックス社が独自開発した素材で、抗菌性・防臭性に優れた素材なのです。

しかし、メリットがある反面デメリットも。

クロスライトは熱に弱い性質のため、高温な環境下では縮む可能性があるのです。

特に弱いのが直射日光で、夏の日差しの中で長期間放置してしまうと、ワンサイズ以上縮むなんてことも!

あなたのクロックスも、履きやすいからという理由で、直射日光の当たるベランダなどに置きっ放しになっていませんか?

ハッとした方は、縮む前にすぐに移動させてくださいね。

また、高温状態になりやすい夏場の車内での放置や、乾燥機の使用などでも縮む可能性があります。

クロックスが縮むのを防ぐには、直射日光下や高温な状態で置いたままにしないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

縮んでしまったクロックスを元に戻す方法は?

ドライヤーで温める

ここからは、クロックスが縮むなどした場合に元のサイズに戻す方法を紹介していきます。

まず最初に紹介するのが、ドライヤーで温めて元に戻す方法です。

縮む原因でもある熱に弱いとう性質を、敢えて逆手にとるのです。

詳しい方法については、以下で紹介していきます。

ドライヤーで温めて元に戻す方法

1.サイズを大きくしたい部分をドライヤーで1分~1分30秒ほど温める。

2.伸ばしたい部分を手で広げるか、履いた状態にしてキープさせる。

※温めたクロックスを素手や素足で触ると火傷してしまう恐れがあるので、手袋・靴下などを着用してください。

3.ある程度広がって形が整ったら、ドライヤーを送風モードに切り替え、冷たい風で冷やす。

この方法を使えば、縮むなどしてしまったクロックスを元に戻せるだけでなく、買った後に「少し小さいな」と感じたクロックスのサイズを、少しであれば大きくすることもできます。

是非試してみてください。

お湯につける

クロックスが縮んだ場合の元に戻す方法として、お湯につけるという方法もご紹介します。

ちなみにこちらの方法は、クロックス社が勧めている縮むのを防ぐ対策でもあります。

お湯につけて元に戻す方法

1.60℃程度のお湯にクロックスをつけ、30秒ほどつけたら取り出す。

3.クロックスの中に詰め物をするか、実際に履いた状態にして、広げたいサイズまで広げる。

※お湯からクロックスを取り出す際には、火傷しないようにトングや箸などを使ってください。

スポンサードリンク

縮んだクロックスを買い換えるならおすすめをご紹介

クロックスのおすすめ1

CROCS クロックス レディース メンズ サンダル クラシック CLASSIC 10001 大きいサイズ オフィス 医療 社内 くろっくす ケイマン 黒 白 ピンク オレンジ 赤 パープル 22cm 23cm 24cm 25cm 26cm 27cm 28cm 29cm 30cm 31cm

クロックスが縮むなどして元通りにできない場合は、買い換えるというのも一つの選択です。

買い替える新しいクロックスとしておすすめなモデルを、いくつか紹介していきたいと思います。

まず最初におすすめしたいのが、クロックスの定番モデル、「クラシック」です。

クラシックはクロックスを代表する初代モデルであり、販売当時から人気なモデルの一つ。

デザインの特徴としては、サイドにも穴が空いており、通気性が抜群であるということ。

更に、内側のソールのつま先部分に小さな突起が付いているので、なんとも気持ちの良い履き心地です。

長時間履いていても疲れず履き心地も良いということで、職場で履く用としてもおすすめですよ。

クロックスのおすすめ2

続いておすすめしたいのが、「クロックバンド」というモデル。

デザインは先ほど紹介したクラシックと似ているのですが、クラシックよりもファッショナブルな見た目が人気で、クロックスの新たな定番モデルとなっています。

デザインの特徴しては、インパクトのあるラインがソールの側面を走っていること。

また、かかと部分にはブランドのロゴマークも入っており、後ろから見てもおしゃれなデザインです。

サンダルではありながらスニーカーのような見た目で、普段履きとして使えるのも人気のポイントと言えます。

カラーバリエーションも豊富なので、用途に応じて自分にぴったりの一足を探してみてくださいね。

クロックスのおすすめ3

最後におすすめしたいのが、「スウィフトウォーター」というモデル。

名前に「ウォーター」が入っていることからも分かるように、海や川などの水辺で使うのに適したモデルです。

全体に水抜け用の穴がついているので、速乾性も良く、蒸れを防ぐこともできます。

ストラップの長さが調整ができるので、フィット感も抜群!

「アウトドアのイベントで履けるような、履き心地の良いサンダルが欲しい」

そんな方に、一番におすすめしたい一足です。

スポンサードリンク

クロックスを洗い方で注意点は?

クロックスは素足で履くことが多いので、クロックス自体に汗が蓄積されて臭いの原因になってしまいます。

定期的に洗うことで、清潔な状態で長持ちさせることができますが、洗い方を間違えると素材を痛めたり縮むことも。

クロックスを洗う際にやってはいけないことを以下にまとめました。

●クロックスを洗う際にやってはいけないこと

1.熱湯で洗うこと

クロックスは熱に弱い素材なので、変形や縮む原因となります。

2.タワシで洗うこと

固いタワシでこすると、表面に傷がついてしまいます。

汚れが気になる場合は、柔らかい素材のブラシなどを使いましょう。

3.洗濯機で洗うこと

クロックスは傷がつきやすい素材なので、洗濯機で洗うと傷がついてしまう可能性があります。

また洗濯機の故障の原因になることもあるので、絶対にやめましょう。

クロックスの洗い方をご紹介

クロックスの洗い方:水洗い

クロックスのお手入れ方法として、一番簡単なのが水洗いです。

汚れの程度が軽い場合は、水でさっと洗い流すだけでも汚れを落とすことができます。

それでも落ちない場合は、柔らかいブラシやスポンジなどを使って優しくこすり洗いをして下さい。

しつこい汚れを落としたい場合は、水を溜めたバケツなどに石鹸や靴用の洗剤を溶かし、しばらくの間漬け置きをすると、汚れが落ちやすくなります。

石鹸や洗剤が残らないようしっかりとすすい後、風通しの良い日陰で干します。

直射日光が当たると縮む可能性があるので、必ず日陰で干してくださいね。

クロックスの洗い方:重曹

クロックスを水洗いしただけでは、臭いが残ってしまうことがあります。

そんな時は、重曹を使うと臭いを消すことができるんです。

クロックスを水洗いして汚れを落とした後、重曹水にクロックスを漬け置きするだけです。

重曹水の作り方

水1リットルに対して、重曹を大さじ2杯入れます。

しっかりと混ぜ合わせたら、重曹水の完成です。

但し、重曹水に漬け置きしすぎると素材自体が痛んでしまう恐れがあるので、漬け置き時間は30分程がベスト

漬け置き後はしっかりと流水で流します。

流し残しがあると黄ばみの原因になるので、注意が必要

その後は、縮む恐れがあるので直射日光を避けて、風通しの良い日陰でしっかりと乾かします。

気になる臭いを改善して、快適な状態を保ちましょう!

スポンサードリンク

クロックスの臭い対策は?

クロックスの臭い対策1:インソールを使う

クロックスの臭い対策として、インソールを使う方法があります。

クロックスの主な臭いの原因は「汗」です。

クロックスで使われているクロスライトという成分は水分を吸収しにくい性質の為、汗をかくと蒸れて雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます

これが気になる臭いの原因。

その為、臭いを改善するには汗を吸収し、蒸れにくい状態を作ってあげることが大切なのです。

今回紹介するインソールはい草でできており、デザインもオシャレ。

吸湿、消臭効果があるい草は、クロックスの気になる臭いを防いでくれるだけでなく、まるで畳を踏んでいるかのような履き心地がとても快適です。

また、水洗いができるのでお手入れもとっても簡単。

クロックスにインソールを使うことで、蒸れを防いで快適な履き心地を実現しませんか?

クロックスの臭い対策2:靴下を履く

続いて紹介する臭い対策は、靴下を履くという方法。

実際、普段から靴下を履いてクロックスを履いている人は、臭いに悩まされている人が少ないようです。

先ほども紹介した通り、クロックスは汗を吸収しにくい素材であるため、靴下を履くことで汗をかいても吸収してくれる環境を作るのです。

今回おすすめするこちらの靴下は、汗を吸収しやすい綿混素材で、汗をかいても蒸れにくいのが特徴。

また、5本指になっていることで、通常の靴下よりも蒸れ防止効果が期待できます。

クロックスが蒸れる時の対策は?

クロックスの蒸れ対策1:何足かをローテーションさせて履く

あなたは同じクロックスを何日も連続で履いていませんか?

クロックスが蒸れてしまう原因の一つとして、汗などの水分が乾き切っていない状態で履き続けてしまうということが挙げられます。

履き心地が良いからと毎日履いていると、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

蒸れを防ぐ一番簡単な方法としては、毎日同じクロックスを履かず、何足かをローテーションさせながら履くということ。

これだけでも蒸れにくくなり、快適に履くことができますよ。

クロックスの蒸れ対策2:少し大きめのサイズを履く

蒸れを防ぐには風通しを良くすることが必要。

そのため、少し大きめサイズのクロックスを履いて風通しの良い状態を作るというのも、蒸れを防ぐ方法の一つです。

クロックスは履き続けることで自分の足に馴染んでくるので、自然と馴染んで履き心地も良くなっていきます。

クロックスの蒸れ対策3:蒸れ防止用クリームを塗る

クロックスの蒸れ対策として、蒸れの原因となる汗の分泌を抑えるという方法があります。

こちらのクリームは汗吸収用のパウダーが含まれており、サラサラで快適な状態を保ってくれます。

クリームタイプなので、蒸れの気になる足指の間や、足裏の全体にも簡単に塗ることができますよ。

クリームを塗るだけで簡単なので、是非試してみてくださいね。

クロックスは直射日光で縮むのでご注意を!

クロックスは熱に弱いため、直射日光などで縮む可能性があり注意が必要です。

その他にも、汗を吸いにくいなどの性質もありますが、適切なお手入れと対策をすれば、夏場でも快適に過ごすことができますよ

正しいお手入れ方法を知っておくことで、快適な状態を保ちましょう。

以上、「クロックスは縮む原因や戻す方法は?洗い方や臭い・蒸れる時の対策も!」について紹介しました!

スポンサードリンク