お人形さんのようにぱっちりとした目は、女性なら誰しもが憧れますよね。

でも、好きなモデルさんや女優さんに憧れて、 二重メイクをしてもなんだか自分には似合わないと感じることはありませんか?

二重になりたいけど自分は二重が似合わないと悩んでいる人のために、元メイクアップアーティストの私が、二重が似合わない人の対処法について紹介していきます。

二重が似合わない男性の対処法も併せて紹介していますよ。

スポンサードリンク

二重が似合わない顔の特徴

二重が似合わない顔:和風な顔

顔の輪郭がふっくらしていて、目・鼻・口などのパーツが小さいひな人形のような和風顔の人は、二重が似合わないことが多いです。

一重はアジア系の人に多く見られる顔の特徴で、外国人は日本人=一重まぶたと認識している人もいます。

そのため、和風な顔は二重が似合わないというよりも一重の印象が強い、似合うといった表現が合っているかもしれませんね。

京都の舞妓さんはぱっちり二重のメイクをしていませんよね?

でも、やまとなでしこで奥ゆかしく、日本の女性らしい美しさが感じられると思います。

和風顔には、二重よりも一重の方が似合うんですよ。

二重が似合わない顔:クール系の顔

黒木メイサさんや芦名星さんのようにクール系の顔の人は、二重が似合わない顔といえます。

二重の目は、アーモンドアイと呼ばれて一重に比べると縦幅があり、丸みを帯びています。

それに比べて一重の目は、高さはあまりなく切れ長な目と呼ばれることが多いですね。

クールな顔というのは、頬骨やあごのラインなどがシュッとしていて、骨格的で直線的な顔をしています。

そのため丸みを帯びた二重よりも、直線的な一重の方が似合うんです。

日本には「カワイイ」という文化があるので、丸みを帯びた子供のような顔が好まれることも多いですよね。

でも、自分の顔が骨格的でシャープなクール顔なら、似合わない二重をするよりも一重の方が美しく見せることができますよ。

スポンサードリンク

二重が似合わない顔:まぶたが腫れている

赤ちゃんのようにまぶたが腫れている人は、二重が似合わないことがあります。

二重は、目の上に皮膚と皮膚のくぼみができている状態なので、そこが腫れているとくぼみができにくくなります。

アイプチを使って人工的に二重を作ろうとすると、深く溝を作らなければいけなくなるので、不自然な仕上がりとなり似合わない印象になってしまいます。

まぶたが腫れているのは、子供のころによくみられることで、大人になるとすっきりとしたまぶたになることもあります。

すっきりとすることで、自然と一重から二重になることもあるんですよ。

実際に、私の母親は10代の頃は綺麗な一重まぶたでしたが、20代になると元々二重だったんじゃないかというくらいくっきりとした二重になりました。

学生で一重に悩んでいる人は、大人になって骨格が変わるとまぶたの形も変わってくるかもしれませんね。

男性でも二重が似合わないこともある

最近は、男性でもメイクをする人が増え、 アイプチを使って二重にしている男性もよく見かけます。

でも、女性と同じように男性にも二重が似合わない顔があるんですよ。

男性の場合、 もともとの目の大きさが小さい人は二重が似合わないことがあります。

メイクをする男性が増えているといっても、ファンデーションやアイブロウをする程度です。

パーツの大きさを変えるメイクというよりも、肌を綺麗に見せたり濃い眉毛で凛々しく見せる人が多いです。

小さな目は、アイシャドウやアイライン、マスカラを使って大きさを変えることができますが、男性でここまですることは滅多にないですよね。

目が小さな女性が二重にして似合わなくてもメイクでカバーできますが、男性の場合にはそうもいきません。

目が小さくて二重が似合わないと悩んでいる男性は、二重が似合う方法を考えるよりも二重以外で解決できる方法を考えた方が最善策かもしれませんよ。

スポンサードリンク

似合わない二重の対処法

二重幅を調整する

一言で二重と言っても、 二重の幅によって印象は大きく変わります

二重幅が狭いと一般的には奥二重と呼び、一重まぶたに近い印象になります。

二重の幅が広いほど目が大きく見えますが、不自然にも見えてしまいます。

アイプチを使って毎日のメイクをする時に、数ミリずつ二重幅をずらして自分の似合うベスト幅を見つけてみてください。

アイプチに慣れてしまうといつもと同じ位置で二重を作ってしまいがちですが、1ミリずらすだけでも印象が変わるので、メイクの幅も広げることができますよ。

二重の深さを調整する

似合う二重を見つけ出すには、二重幅だけでなく 二重の深さも調整するのが重要です。

二重の溝が深いまぶたは、外国人によくみられるタイプの二重まぶたで、この二重に憧れる人が多いです。

目鼻立ちがしっかりとしていて、骨格的な顔の人は溝が深い二重が似合いますが、そうでない人は不自然な仕上がりになってしまいます。

また、二重の溝が深いと若い時にはぱっちりとした目できれいに見えますが、年齢を重ねるとくぼみやすく、疲れてた印象になることも。

二重といっても数ミリの違いで印象が大きく変わるので、「二重になりたい」と思ったら、具体的にどのような二重になりたいかイメージすることで似合わない二重を回避できますよ。

一重メイクを極める

二重が似合わないと思ったら、 思い切って二重を諦めて一重メイクを極めるのもおすすめ。

先ほど伝えたように「カワイイ」という文化が生まれたことで、二重の需要が高まっていますが、似合わない顔立ちで無理に二重にする必要はありません。

一重には美しさやしおらしさ、知的な印象など二重にはない魅力がたくさんあります。

仕事で一重のモデルさんを担当することもよくありましたが、皆自分の目に自信を持っていて似合うメイクや髪型を研究していましたよ。

吉高由里子さんや多部未華子さん、りょうさんなど女優さんにも一重でも可愛く綺麗な人はたくさんいるので、お手本にするのもいいかもしれませんね。

男性の対処法

男性の場合、 髪型を変えることで似合わない二重をカバーすることができます。

人は髪型の印象が7割、顔の印象が3割と言われます。

特に男性はメイクで顔の印象を変えることが難しいので、髪型に変化をつけて印象を変えてみましょう。

綾野剛さんや瑛太さん、高橋一生さんなど一重でも女性に大人気の芸能人はたくさんいるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

俳優さんは、役によって髪型を変えるので、「このドラマに出ている時の○○になりたい」と具体的に目標を立てるといいですよ。

スポンサードリンク

似合う二重の作り方

二重の種類

二重には、 「末広型」と「平行型」があります。

末広型は、目頭を起点として二重が始まり、目じりに向かって二重幅が大きくなる二重です。

平行型は、写真のように二重の始まりと目頭が離れていて、目頭から目じりまでの二重幅が平行になっている二重のことです。

日本人には末広型の二重が多く、外国人には平行型の二重が多いですね。

最近はハーフモデルの活躍もあり、ハーフ顔になれる平行型が人気です。

でもハーフ顔のように目鼻立ちがしっかりした人ではないと、不自然に見えて似合わないこともあります。

メイクの仕方やヘアスタイルを変えて、似合わない二重の形を似合わせることもできるので、メイクやヘアアレンジのトータルコーディネートが大切ですよ。

二重の幅

二重の幅を調整すると似合わない二重を似合わせることもできますよ。

まぶたの皮膚は薄いので、少し二重の跡をつけるだけで簡単に二重幅を変えることができちゃいます。

ただ、まばたきをしたり時間が経つと元通りになってしまうので、自分の似合う二重幅がわかったら、アイプチやアイテープを使ってしっかりと跡付けすることが重要。

二重幅は1ミリ~3ミリほどの範囲内の調整になるので、1ミリ変えただけでも目の印象は大きく変わります。

末広型の二重でも、目尻側だけ二重幅を調整するのと全体の二重幅を調整するのとでは、これも仕上がりが全く違います。

最初は似合う二重を見つけるのに苦労しますが、自分に似合う二重がわかれば毎日のメイクが楽しくなりますよ。

研究を重ねて似合わない二重から卒業しましょう!

アイプチの上手なやり方

二重にするアイテムには色々ありますが、一般的なのが アイプチ。

低価格で購入できることから、学生でも使っている人は多いですよね。

でもアイプチを使いこなせているのはごくわずか。

アイプチの上手なやり方をお伝えするので、意識してアイプチをしてみてくださいね。

 

1.アイプチ前に二重幅の位置を仮決めしておく。

2.アイプチ塗布後は、半透明になるまで待つ。

3.アイラインはアイプチの後に引く。

 

まずは、アイプチを塗る前に 自分に似合う二重の位置を仮決めしておきます。

アイプチの付属スティックを使って、アイプチが付いていない状態のまぶたに二重の線を付けましょう。

まばたきをするとすぐに戻ってしまいますが、二重の自分をイメージできるので似合わない仕上がりになることを防げます。

似合う二重をイメージできたらアイプチを塗布して、 半透明になるまでしっかりと待ちます。

この時に焦って進めてしまうと十分な粘着力が発揮できず、メイク崩れの原因に。

時間がない時はドライヤーを使って乾かすと、時間短縮できますよ。

アイプチを綺麗に仕上げるうえでもっとも重要となるのが、アイプチの順番です。

アイプチは、 アイメイクが完了したタイミングで使うのがベスト。

ただし、二重にすることでまつ毛の生え際の見え方が変わってくるので、 アイラインはアイプチの後から付けるのがおすすめです。

一重はまつ毛の生え際が埋まりやすいので、アイライン太く書く必要がありますが、二重はまつ毛の生え際が見えやすくなるので、太いアイラインだとかなり不自然で似合わない原因に。

アイラインは二重を作った後に書いてみてくださいね。

アイプチの刷毛はアイシャドウやファンデーションがついてしまうので、ボトルに戻す前にティッシュオフして清潔な状態を心がけることも大切ですよ。

スポンサードリンク

自然な二重に見せるおすすめアイテム

ルドゥーブル

初心者でも自然な二重まぶたが作れると人気の ルドゥーブル。

接着剤でまぶたをくっつけて二重にするアイプチとは違い、ギュッと織り込むように二重まぶたが作れるので自然な仕上がりになります。

のりではないので、皮膚の薄いまぶたへの負担も少なくてすみます。

接着剤じゃないと耐久性に不安が残るという人も安心してください。

ウォータープルーフ処方だから海やプールも安心。

朝から夜まできれいな二重が持続しますよ。

今までのアイプチでは不自然な仕上がりになって似合わないと悩んでいる人は、新感覚のアイプチ「ルドゥーブル」を試してみてください。

メジカライナー

アイプチを使って二重を作るときに、スティックをまぶたに押し付けるのが怖いという人が意外と多いんです。

そんな方におすすめなのが、 メジカライナー。

アイラインを引くように、メジカライナーを自分の作りたい二重位置にさっと塗るだけ。

専用のプッシャーを使わなくても自然な二重を作ることができちゃいます。

ペンシル1本だけなので、持ち運びにも便利ですよ。

エタニティライン

二重をクセ付けさせるためには、寝ている間にもクセ付けすることが重要になります。

夜用のアイプチには、 エタニティラインがおすすめ。

1日の約1/3は寝ていますよね。

その時間も二重のクセ付けをすることで、早く理想の二重幅を自分のまぶたに定着させることができます。

エタニティラインは保湿成分がたっぷり含まれているので、寝ている間もまぶたのケアができます。

引っ張る感覚があまり感じられないとの口コミもあるので、寝ている間も気になりにくいですよ。

二重が似合わない原因がわかれば、対処法もわかる

似合わない二重の原因や対処法について紹介しましたが、いかがでしたか。

似合わないと嘆いているだけでは、解決できません。

似合わない原因を探って、可愛い二重を手に入れましょう。

以上、「二重が似合わない顔って?男女別の原因や対処法、アイプチの上手なやり方も!」について紹介しました。

スポンサードリンク